30代で仕事を辞めたい

2f1947cc2e7637b2037a0ad2b4f82380_s

30代になると、20代の頃以上に責任ある仕事や立場を任されている場合が多いと思います。

20代の頃から必死になって働いて、結局自分がやりたいことは?やりがいは?誰かの為になっているのか、もっとキャリアアップしたいなど、30代だからこそ出てくる悩みもありますよね。

私もあなたと同じように、これから先の自分を考えたり、職場関係に悩んで仕事を辞めたいと感じることがあります。ですが、本当に仕事を辞めて後悔しないでしょうか。

加えて、実際に転職と考えるとデメリットばかりが頭をよぎって、なかなか行動に移すのも難しいと思います。

もしかしたら参考になるかもしれないので、実際に私が仕事を辞めたいと感じた時に行動したことをお伝えします。
自分に取り入れられそうなことがあれば、是非試してみてください。

①今までの自分の実績をまとめてみる

20代から働いてきて、あなたはどんな実績を積んできましたか?

もし仕事を辞めて転職を選んだ場合、再就職で求められるのが、今までの「職務経歴書」です。

転職活動の際に、自分の今までの職歴や経験、実績をまとめて企業へ提出するものですが、それとは別に自分を見つめる意味で作成してみると新たな発見&自信に繋がります。

この場合は、誰かに見せるわけではないので、自分が分かるように箇条書きにして書いてみましょう。年表順に書くと分かりやすいので、今までの自分の仕事を振り返りながら是非書いてみてください。

○○のプロジェクトを成功させた、○○の商品開発に携わった、仕事を通して得た資格やアピールポイントを書き出していきましょう。

もし、結果的に仕事を辞めて転職をするとしたら、今後の活動にも必要なことですし、自分の方向性もはっきりしてくるのでオススメです。

②現在の仕事や環境を、見つめ直してみる

仕事をしていると毎日色々なことがあって、辞めたいと感じることがたくさんありますよね。私の場合は、辞めたいと感じた時は、人間関係だったり、取引先との関係に疲れている時でした。

あなたはどうですか?私と同じように、職場関係に疲れているのではないでしょうか。

もし、今の仕事や職場に不満があって辞めたいと思っているなら、その原因を一つずつ見つめ直してみましょう。30代の頃は、上司も部下もいる状況が多いと思います。

そんな中、あなたはどんな風に職場の人達とコミュニケーションをとっていますか?

仕事は報連相が大切なので、これが出来ていないと職場環境がギクシャクしてしまいます。そして、仕事で関わる人達が自分に心を開いてくれているかという点もとても大切になってきます。

自分ひとりの力では、正直どうしようも出来ないこともあるかもしれませんが、やらないで諦めるより、まずは行動に移すことを考えましょう。

毎日の挨拶や、仕事での細かい相談や確認作業が、周りとの信頼関係を築き上げていくと思います。

③実績を積んでいく

あなたは、働いている自分に自信を持っていますか?

仕事を通して、人脈を広げたり、資格を得たりしながら実績を積み上げていくことはとても大切なことです。どんな形でも、実績を重ねることは、自分の可能性が広がるからです。

たとえば、今の仕事内容に不満があって辞めたいと感じている場合でも、自分がキャリアアップして、よりレベルの高い仕事をこなせるようになったらやりがいを感じられると思います。

それに加えて、実績を積むと、周りからも信頼されて頼りにされます。

一度しかない人生なので、転職を選ぶもの良いと思いますが、もし今の職場で経験できること、成長出来ることがあるのに辞めたいと感じているなら、とても勿体ないと思います。

今の自分にとって、やってみたい仕事や経験したいことを改めて考えてみて、必要な資格や実績を積んでいきましょう。
それが達成できたら、新たなやりがいを持って仕事に取り組めると思います。

実績と書きましたが、仕事を通してあなたは今まで何人の人達と関わってきましたか?

今の仕事のおかげで培われた人脈も、あなたの人柄が掴んだ実績です。人脈を広げることも、新たな気付きやチャンスを与えてくれると思うので、大切にしてくださいね。

最後に

以上が私がお伝えするアドバイスです。

参考になるかどうかは分かりませんが、もしネガティブな理由で辞めたいと感じているならとても勿体ないと思います。

あくまでもキャリアアップで仕事を辞めるなら、応援したいと思いますが、もし、まだ今の職場で出来ることがあるなら、諦めずにトライしてみてください!

そのためにも、ご紹介したアドバイスを是非実践してみて、改めて自分を見つめてみてください。毎日働いていると、意外と自分が毎日どんなことを感じて仕事をしているか分からなくなるものです。

箇条書きでも良いので、紙に書き出してみるのがおすすめです。

あなたが、自分にとって後悔の無い選択ができて、やりがいを持って働けるよう、影ながら応援しています!頑張ってください。

ページの先頭へ