入社3年目で仕事を辞めたいあなたへ

5ff48d9b0f54ca982d402ee8b24e526c_s

新卒3年目で「仕事を辞めたい」と思っているあなたへ、今のあなたとちょうど同じ時期に、やはり退職を考えた経験を持っている私から、少しだけお話しさせてもらいますね。

当時、私もかなり真剣に悩みましたから、あなたの今のお気持ちはよくわかるつもりです。お伝えしたい話のポイントは3つあります。

まずはあなたの転職力を診断してみませんか?

とにかく、仕事を辞めたいなら、辞めて転職できるかを知ることからスタートです。

tenshoku-type

@typeに無料会員登録後に、非常に簡単に診断できますので一度テストしてみてください。

(無料会員登録後にテスト診断できます)

※@typeに無料登録後は、こちらから診断テストへとお進みください(⇒診断テストに進む

①問題点を整理してみる

最初におすすめしたいのは、「問題点の整理をすること」です。

今、あなたは何らかの問題を抱えていたり、課題を発見したために「今の仕事を辞めたい」と考えているわけですよね。

その問題や課題を、一度きちんと整理してみましょう。その際には、頭の中で考えるだけではなく、文字にして書き出してみると、冷静に客観的に把握できますから、整理しやすいと思いますよ。

たとえば、仕事上の悩みが問題になっているとしましょう。その場合は、その悩みをできるだけ深く掘り下げて見つめなおしてみるのです。

「仕事が自分の性格には合わない」と感じているなら、どこがどう合わないのか。自分の努力で合わせることは不可能なのか。会社を変えることでしか、その問題は解決できないのかなどを、考えてみましょう。

場合によっては社内の配置換えで解決することもありえますよね。

人間関係の悩みや、待遇面での悩みも同様に、掘り下げてみてください。

また、「キャリアアップしたい」とか「もっと大きなステージで挑戦してみたい」という理由で、退職を希望するということもありますよね。

その場合も、具体的にどんなキャリアアップを夢見ているのか、今の会社内でのキャリアアップでは、自己実現は不可能なのかを考えてみてください。

なぜ、そんな考察をすることをおすすめするのかというと、辞めて転職してから、「失敗した。これなら、前に会社にいたほうが良かった」と後悔するケースがけっこう多いからなんですよね。

そんなことにならないためには、現在あなたが抱えている問題点を整理して、今の会社内で問題解決する方法を、模索してみる必要があると思うんですよ。

そして、もし、話しやすい人がいるなら、社内の人に相談してみてもいいでしょう。

「自分は今、こういう悩みや問題、課題を抱えている」という話をして、アドバイスを仰ぐのです。その際、上記のように文字に起こして整理してあると、話がしやすいというメリットもあるわけなんですよね。

②仕事の経験を含めた自己分析をする

次に、転職を視野に入れた対処法をお話しします。

あくまでも一つの選択肢として、転職も考えてみましょう。その際、ぜひやってほしいのが「自己分析」です。

「自己分析は学生時代の就活の時に、すでにやっている」と思われるかもしれませんね。

しかし、それは2年前の社会人経験のない段階でも自己分析にすぎません。2年以上の社会経験を経た今のあなたには、当時よりも正確で深みのある分析ができると思いますよ。

それに、人間は経験を積み、年齢を重ねることで変わっていくものです。なので、2年前のあなたと今のあなたはイコールではないでしょう。

なので、もう一度、改めて自分を見つめなおしてみてほしいんですよ。

たとえば、今あなたの抱えている悩みが「仕事が自分には合わない」というものだったとしましょう。

新卒で就活しているときは、そうは思っていなかったはずです。自分に合っている業種や職種、あるいはできそうな仕事だと思ったからこそ、今の会社に応募したわけですよね。

けれど、実際に仕事をしてみたら、合わないということが分かったわけです。

そういうミスマッチを繰り返さないためにも、ぜひ、社会経験を経た今の目で、自分を見つめ、正確に把握して下さい。

もう1つ、これまでのやってきた仕事をすべて、書き出してみましょう。転職では、「職務経歴書」の提出を求められることがよくあります。

今の段階では、きちんとした経歴書の形を取る必要はありません。自己流のスタイルでかまいませんから、これまでの職歴をすべて書いてみてください。その際、時系列で、「5W1H」を意識して書くと、整理しやすいと思いますよ。

この職歴が、2年前の学生時代にはなかったあなたのキャリアなわけですよね。そのキャリアによって身に着いたスキルもあるでしょう。

それは、転職する際の「強み」になりますし、今の会社にとどまって働く場合も、今後に生かせる経験なわけです。

③ライフプランを考える

もう1つの私のお伝えしたいことは、「ライフプランを考えてみる」ということです。

私もそうでしたが、新卒で就活していた当時は、「ライフプラン」なんてほとんど考えていなかったんじゃないでしょうか。

何となく、ぼんやりした将来像はあったかもしれませんが、ライフプランなんて考えてみようともしなかったですよね。

就職のことで頭がいっぱいな学生にとって、それは当然のことでしょう。

あれから2年余り経ちました。今の仕事を続けるにしろ、新しい道を模索するにせよ、ちょうどいい機会ですから、これからの人生を一度考えてみてはどうでしょうか。

今の気持ちも大切ですけど、将来の人生ももちろん大切ですよね。ここで、立ち止まって、静かに将来を見つめてみてください。

そして、自分いとってより良い人生を実現するには、どういう選択がベストなのかを考えてみるのです。

長いスパンで人生を俯瞰ことによって、「今」もくっきりと見せてくるものですよ。

まとめ

以上、私の経験を踏まえた上で、3つのことをお話ししました。

今は第二新卒を重用する企業も増えてきていますし、転職というのも、選択肢の一つであることは間違いありません。

ただ、何といっても人生の大きな選択ですから、焦らず、時間をかけて熟考してみてくださいね。健闘をお祈りしています。

まずはあなたの転職力を診断してみませんか?

とにかく、仕事を辞めたいなら、辞めて転職できるかを知ることからスタートです。

tenshoku-type

@typeに無料会員登録後に、非常に簡単に診断できますので一度テストしてみてください。

(無料会員登録後にテスト診断できます)

※@typeに無料登録後は、こちらから診断テストへとお進みください(⇒診断テストに進む

【広告代理店営業 3年目】給料も増えずプライベートの時間もままならないので辞めたいです

辞めたい理由

仕事内容としては固定の企業の広告企画や、スーパーのチラシ制作をしていました。 毎月の数字が足りない時には新規で営業に回ったりして勤務時間は1日15時間、週1回の休日で休みの日も出ないといけない場合もあったりと、労働環境は・・・

ページの先頭へ