製造業を辞めたいあなたへ

製造業は、一見簡単なようにみえる部分があります。しかし、実際はミスのないように非常に気をつかう職業ですよね。

現在は作業者の名前などがたどっていけるようにしっかり管理されていることが多く、なにか製品にミスがあれば指摘され、追及されてしまうこともあります。

そういった意味で製造業は本当に大変な職場だと思います。そのような環境で日々お仕事されているということは、すごいことなのです。一方でその大変さから製造業をやめたいという気持ちになることもあるでしょう。

そのような気持ちにはどのように向き合っていけばいいのか、一緒に考えていきましょう。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、MIIDASを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

転職=市場価値です。辞めて転職できるかを決めるのはあくまでも市場ですから、自分の市場価値を知ることは極めて重要ですよ。

診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べて今後の参考にしましょう。

(診断時間は約5分です)

①今の仕事のいいところを探す

私たちの暮らしは、便利なもの必要なものにあふれています。そのほとんどのものが工場で製造されたものであり、製造業は暮らしの根幹を支えるとても大切な職業です。

もちろん工場や職種によりますが、実は製造業は昔から女性が比較的多い職場だと言われています。

自分が男性で、女性が多い製造業でお仕事されている場合には、実感がないかもしれませんが、色々と得な状況にいるのかもしれません。

職場でお付き合いをしたり結婚相手をみつけるときにも、ライバルの男性が少なければ、よい女性と交際できたり結婚できるチャンスが増えたりします。

自分が若い男性である場合には、年配の女性から面倒をみてもらったり、かわいがられたりすることもあるでしょう。男女の割合に差があることで、職場が居心地がいいなと感じられることもあります。

これは男女逆の場合もいえますね。男性の多い職場であれば、女性ということで色々なメリットがあるかもしれません。 

製造業は、マニュアルがあり決められた手順に沿っていけば、だれでも仕事が簡単に覚えられることも多いです。

これは、同じ仕事ばかりで退屈だと感じることもあるかもしれませんが、仕事を決まられたとおりにこなす方が自分に向いていると考える方には最適な職場でもあるのです。

また、毎日新しいことをするクリエイティブな仕事の方がかっこよくて価値があるという考えの方はいらっしゃいませんか。

そのような気持ちになることは誰でもありますが、本当の仕事の価値というのは他人からわかるものではありません。

クリエイティブな仕事がかっこよくみえるのは、その仕事がそのかたに向いていてイキイキとお仕事されているから、その結果かっこよく見えるだけです。

実際には、自分で仕事を考えていくというのは、やりがいがある一方で大変なことであり、向いていない方にとっては大きなストレスになります。

②製造業に誇りをもてるように本を読んでみる

「製造業をやめたい」と考えたとき、あなたは誰に相談しますか。身近な人に愚痴をきいてもらうこともとても大切です。共感してもらうと、安心できたりうれしくなったりしますよね。

製造業での仕事の悩みは、やはり製造業の大変さをしっている同僚や仲間にきいてもらうと、より共感してもらえます。

でも、ときには身近な人の考え方だけではなくて、他の人の意見に耳を傾けむけてみませんか。そんなときには本がおすすめです。

製造業の魅力を語った本であれば、自分が見逃していた製造業のメリットにも気がつけるでしょう。それぞれの企業の社長さんたちが、会社についての過去やビジョンを語った書籍もたくさん出版されています。

そのような本を読むと、客観的に自分の職場について振り返えれますよね。製造業の今後の可能性など、大きな視点で仕事を考えることもできます。

③どうしても製造業が嫌なら思い切って、転職も検討する

仕事に関しては我慢することももちろん大事です。しかし仕事には多くの方が、一週間のうちに40時間以上を費やしています。

それだけの長い時間を過ごしている仕事ですから、その仕事で我慢ばかりしているということは、自分の人生が、我慢だけの人生になりかねません。

まず、自分の健康状態や体力や気持ちを見直して、ここまでは頑張るという限界点を考えてみましょう。

作業量やつらい気持ちがそれ以上になってしまったら、転職も考えてみようという気持ちはいつも持っておくといいでしょう。現在は、経済の大きな流れからみれば不景気のどん底というわけでもありません。

人手不足という側面もありますので、転職という面ではまだまだチャンスのある時期です。

転職を考えるときには、自分が製造業が好きなのか、もう一度考えてみてください。今の製造業の仕事について満足している点と不満な点とを書きだしてみましょう。

作業自体は嫌いじゃないけれど、人間関係が悪いので転職したいという場合には、転職先にまた製造業を選んでも問題ありません。同じ製造業でも、雇用条件や人間関係がかわれば全く別の仕事のように感じることもあるでしょう。

製造業自体が向いていないと感じていたり、好きではなかったりするときには、全く別に仕事もいいかもしれません。

自分と向き合うポイントは自分の子ども時代にあります。一度、自分が子どものときのことを思い出してみるといいでしょう。何をしてもよかった自由な小学校時代、あなたは何に夢中でしたか。

もし何かを作るのが好きだったときことであれば、製造業にむいているかもしれませんよ。

まとめ

製造業は日々の暮らしを支える大事な職業です。

製造業には基本的にマニュアルがあり、退屈だと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、見方を変えてみれば、仕事を覚えやすく働きやすい仕事であるともいえます。

自分には製造業が向いているのか、製造業が好きなのかについて、本なども読みながら、一度ゆっくり考えてみてくださいね。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、MIIDASを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

転職=市場価値です。辞めて転職できるかを決めるのはあくまでも市場ですから、自分の市場価値を知ることは極めて重要ですよ。

診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べて今後の参考にしましょう。

(診断時間は約5分です)

【製造業 5年目】同僚が原因で辞めたいです

人間関係

仕事は製造業なのですが、車の部品を加工する会社でNC旋盤という機械を使用して車のブレーキの部品などを加工する会社に勤務してます。 仕事を辞めたいと悩んだきっかけは同僚です。 入社した時に42歳の男性(経験者)と偶然にも一・・・

ページの先頭へ