やりがいがないという理由で仕事を辞めたいと悩んでいるあなたへ

会社は毎日通って仕事をする場所です。仕事にやりがいが感じられないと、毎日通勤するのが憂鬱になってしまいますね。

しかし今の状態でやりがいがないので仕事を辞めたいというのは非常に勿体ないことです。

今の会社でもうひと工夫すれば、しごとにやりがいを見出して辞めずに済むかも知れません。

仕事にやりがいがないと感じた時の対処法には以下がありますので参考にして下さい。

まずは、あなたの転職力を診断してみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、まずは転職できるかを調べてみましょう。

tenshoku-type

@typeに無料会員登録後に、非常に簡単に診断できますので一度テストしてみてください。

(無料会員登録後にテスト診断できます)

※@typeに無料登録後は、こちらから診断テストへとお進みください(⇒診断テストに進む

①仕事に対して評価をして貰う

毎日同じ作業を繰り返しているだけだと、単調でマンネリを感じてしまいます。もしも自分が上司から評価されていることが分かれば、やりがいを感じられるでしょう。

機会を見てこまめに上司に仕事のフィードバックをして貰う様にするのがおすすめです。

「○○会社との取引は今の状態で宜しいでしょうか」「この前のレポートはどうしたか」等、あなたの仕事に就いて上司に評価して貰うのです。

上司の性格により、常に部下を褒めるタイプの人と、実直で余程成果を上げないと褒めてくれない人がいます。しかし基本的に上司は部下には成長して欲しいと思っているものです。

もしも上司から改善した方が良い点を指摘されれば、それがやりがいに繋がるでしょう。

更に、今のあなたの仕事に対して改善点や提案があれば、上司に報告をしてみましょう。「いいアイデアだから君に任せるよ」と言われれば、やる気がでるものです。

自分から積極的に行動することでやりがいを作るチャンスを掴んでいきましょう。

②自分のポジションを考えてみる

全ての仕事は、その会社の経営に影響を与えています。あなたの仕事も誰かの仕事に繋がり、それが会社の利益に結びついていくのです。

そう考えると、会社で不要な仕事というのはなく、あなたの仕事も立派な役割を果たしているのです。

例えばデータ入力作業の場合、そのデータはどこの部署の誰の役に立っているのか考えてみましょう。その仕事が会社の利益に繋がったり、正しくコストを算出することに役立つのです。

そしてその数字が決算書のどこに反映されているのかまで知っておきましょう。最終的には役員会や株主総会などでその決算書が使用されるのです。

自分が立派に会社の一部を担っていると考えれば、単純作業でもしっかりこなそうと思う筈です。

まずは業務のフローチャートを作り、仕事の流れを把握してみましょう。意外と知らない部署の人が関係していたりして、自分の仕事の幅広さを認識できますよ。

③一つのスキルを極めてみる

今の仕事が単純作業でやり甲斐がないという人におすすめです。

現在の仕事で生かせるスキルの第一人者になる様に努力しましょう

毎日データ入力ばかりの人は、キーボード操作ならば誰にも負けないくらいのスピードになります。

他の人が中々できない作業を、あなたが「どれ貸して」と言って手にした途端、ものの数分で片付ければ、周囲も一目置く様になるでしょう。

パソコン操作に関しては、IT部門の人達と同じ位詳しくなれば、他の部署からもあなたに操作を聞きに来る様になります。

もし雑用やお茶くみをさせられて辞めたいと思っている人がいたら、取引先や業者と顔馴染みになっておきましょう。顔を合わせた時にお互い笑顔で挨拶ができる様になれば、社内でも「顔が広い人」とうことで信頼されます。

運が良ければ簡単な接待をする時に上司から「君も一緒に参加しなさい」と言われるかも知れませんよ。

④仕事を効率化して新しい仕事を手に入れる

会社の仕事は毎日やっていると、段々と慣れて効率が良くなってきます。

しかし多少手を抜いても普通にこなせる様になると、集中力に欠ける様になってしまうのです。仕事に慣れてマンネリによるやりがいのなさを感じている場合、更に仕事を効率化してまとまった空き時間を作る様にしましょう。

そしてその空き時間で、新しい仕事を引き受けてみるのです。

人の仕事を手伝うよりも、ひとつの仕事をやらせてもらうのがおすすめです。

新しい仕事を覚えるのは非常に刺激になるし、今迄の仕事もやりくりを考えるので変化が期待されます。

これだけの仕事をこなせるのは自分しかいないと思うと、仕事に対して自信が持てる様になり、やりがいも幹事られる様になりますよ。

⑤キャリアプランを立てる

やりがいがないから仕事を辞めたい、そう思っている人は、将来的に転職を考えても良いでしょう。

但しあなたが将来どんな仕事をしたいのか、明確なキャリアプランを持っていないと、どこに転職しても同じ結果になってしまいます。

まずはあなたが5年後、10年後にどの様な仕事をしたいのかをはっきりさせましょう。

例えば自分で起業をしたいのならば、残業や休日出勤などは当たり前になります。今のうちから慣れておき、「経験したから大丈夫」と思える忍耐力を身に付けましょう。

今の業界でキャリアアップを目指したいのならば、尊敬する先輩を目標にして、スキルを身に付ける様にします。

自分の仕事以外でも分からなかったことについてその都度調べておけば、知識の積み重ねとなるのです。

将来的に自分の役に立つ、そう思って目標を持って仕事をしていれば、どんな仕事をしていてもやりがいを感じられるでしょう。

まとめ

やりがいがないので仕事を辞めたいと思っている人は、一度会社に入社した時のことを思い出してみると良いでしょう。

「与えられた仕事を一生懸命やります」と言っていたのではないでしょうか。やりがいは人が与えてくれるものではなく、自分から見つけるものです。

要らない仕事というのはないのですから、仕事に対する考え方を少し変えてみて、小さなやりがいを見つけることから始めてみて下さいね。

まずは、あなたの転職力を診断してみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、まずは転職できるかを調べてみましょう。

tenshoku-type

@typeに無料会員登録後に、非常に簡単に診断できますので一度テストしてみてください。

(無料会員登録後にテスト診断できます)

※@typeに無料登録後は、こちらから診断テストへとお進みください(⇒診断テストに進む

ページの先頭へ