まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、MIIDASを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

転職=市場価値です。辞めて転職できるかを決めるのはあくまでも市場ですから、自分の市場価値を知ることは極めて重要ですよ。

診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べて今後の参考にしましょう。

(診断時間は約5分です)

辞めたいと悩んだきっかけ

2009年の3月に大学を卒業し、一部上場メーカーに就職、海外営業部に配属されました。初めて仕事を辞めたいと思ったのは、入社1年目の10月です。

それまでの半年間で必死に覚えた仕事から、何の前触れもなく突然はずされ、「販売管理課」に異動させられてしまったのです。

その課は同じ海外営業部内で、セールス担当者たちの下働きでありながら決してミスの許されない、責任重大な課でした。

異動させられてからの1年半は、本当に毎日、辞めたい辞めたいと思いながら過ごしました。なぜそんなに辛かったのか、1年半の全てをお話します。

まず、前任者からの引き継ぎが無かったことです。引き継ぎなんかなくても、仕事とは、自分で周りに聞いて覚えていくべきものなのかもしれません。

とはいえ、当時の私はまだ入社1年目、入社して半年です。

右も左も分からないまま必死に与えられた仕事をこなしてきた矢先、突然また新しい業務を1からのスタートという状況で、誰にも教えてもらえない、そして出来て当然のように扱われるのは、かなり辛かったです。

辛いながらにも必死に新しい仕事を覚えた矢先、次の困難が訪れました。

同じチームに入ってきた私の父と同い年の上司が、全く仕事が出来ない人だったこと。

この上司とは、私の異動の数か月後からチームを組むことになりました。

人柄が良く、とても信頼していた上司だっただけに、仕事が本当に出来ない、という一面が私にはかなりショックでした。

しかし、表向きにはこの上司が私の指導役、ということになっていました。

当時の仕事はミスをするとセールス担当者に迷惑がかかるだけでなく、海外での販売活動にも支障が出るため、この上司のミスを私は来る日も来る日も必死にフォローしました。

それなのに、周りから見たら“出来て当たり前”、そして上司のミスが、なぜか私のミスと認識される、そんな毎日でした。

私は徐々に、自分の仕事が何なのか、自分が何のためにこの会社に存在しているのか、分からなくなりました。

無断欠勤がきっかけでした

悩み解決への一歩を踏み出せたきっかけは、2年目が終わろうとする頃です。

本当に嫌になり、自分の存在価値が分からなくなり、とうとう私は、会社を無断欠勤してしまいました。

同じ部の複数の上司から、心配の電話が来ましたが、どれも取る気になれず、無視しました。

一日中、家でふさぎこみながら、辞めたい、辞めたい、辞めたい、とそればかり考えていました。

日が暮れてくるにつれ、徐々に冷静に考えられるようになってきました。

「自分1人で悩みを抱え込んでいても、誰にも分かってもらえない。きっと周りは、私がこんなに困っているなんて思っていない。それなら、まずは悩みを打ち明けよう。明日は会社に行って、無断欠勤してしまったことをしっかり謝ろう。課長にも相談して、状況を改善してもらおう。」

翌日、会社へ出社し、課長と上司に謝罪した後、すぐに同じチームの上司と話し合いになりました。

そして、上司がやった仕事のフォローを私がする、というスタイルから、私にも私の担当の範囲を持たせてもらえることになり、フォローし合いつつも自分で自分の仕事に責任を持つ、というスタイルに変わりました。

上司のミスを上司のミスと明確に出来るようになったことと、1から自分の責任で業務を行える範囲ができたことは、私にはかなりプラスでした。

すでに仕事のノウハウは自分で覚えていたので、悩みが解決されただけでなく、持っている仕事の責任の重大さにやりがいさえ覚える毎日になりました。

仕事がうつで辞めたいと悩むあなたへのアドバイス

そんな経験を持つ私からのアドバイスは、「自分で解決できない悩み事なら、早いうちに誰かに相談してください!」です。

悩み事には、自分の努力で解決できる悩み事と、自分で努力しても解決できない悩み事があると思います。

私の場合、上司のフォローしかすることが無い状況は自分の努力では変えられませんでした。

そんな時は、迷わず上司、部課長の力を借りましょう。

相談するきっかけがつかめなければ、あまりお勧めしてはいけませんが、私のように無断欠勤してしまうのも手かもしれません。

私が入社4年目になるときに新入社員として入ってきた男性が、私とは違う仕事ですがやはり責任重大かつ1人で回さなければいけない業務の担当になり、更に引き継ぎが無い、という状況に置かれました。

その後輩もやはり無断欠勤してしまい、そしてやはりその後は、課長と話し合いになりました。

今仕事のことで悩んでいる方は、自分が悩んでいること、困っていることを、どうか周囲に打ち明けてください。

今辛い思いをしている方が、やりがいを持って仕事に取り組めるようになることをお祈りしております。