約2年前まで勤めていた会社の事です。当時私は、百貨店に12店舗ほど構える洋菓子会社の営業課長をしておりました。

会社の経営は、同族の方達が行っており基本社長の方針には逆らえない環境にありました。

私は、百貨店の店舗の責任者を5年ほど担当しており、具体的には売上向上に向けての施策立案や利益拡大に向けての店鋪マネジメントを行い毎年のように営業利益を前年比2桁増の実績を達成していました。

社長からは百貨店店舗については全幅の信頼を得ていたと思います。最終決定は社長に決済を頂くものの、基本全て私の考え通りに社長も決済していただけました。

雲行きが怪しくなってきたのは、今から3年前くらいからです。

当時、常務であった社長の甥が時期社長の候補として百貨店店舗の業務に口を挟むようになってきました。

当初は全くわからない分野もあってあまり強引な行為はありませんでしたが、段々と発言力を強くしていきました。

私も利益向上につながる事であるならば全く問題はないと思っていましたが、明らかに利益を損ねる事を行うようになると常務との間で衝突する事も度々でした。

社長からは、「常務が社長になる事は確定している訳ではないから」と言われ我慢しながら業務を遂行していました。

会議の席上で私が今後の基本方針などを話させて頂くのですが、その場では特に異論が出ないのですが、数日後方針が変更になる事もしばしばで、その影には常務から社長への提言がありました。

そうなってくると、仕事に対する意欲が落ち込み、仕事が楽しくない。

辞めたいという気持ちが大きく芽生えてきました。

このまま我慢して業務を続けるべきか転職すべきか本当に悩みました。当時私は40代半ばでしたので転職も上手くいく可能性も低く本当に悩みました。

その悩みは早く解消されました。悪い方向に。

総務の仲の良い同僚より私が営業から外され工場の係長レベルに降格されるらいしとの情報が入りました。

その頃になると社内の人事に関しては全て常務が握っていましたので、直接 常務へその話が本当かどうか確かめました。
すると、その同僚の話は本当でした。

同族会社の常務と度々衝突していましたら、当然と言えば当然の事ですが、自分的には会社に対して貢献をしてきて社長にも信頼を得ていただろうと思っていただけにショックは大きかったです。

その話を聞いたその場で常務には退職する旨をお話ししました。(次の仕事は決まっていませんでしたが)

その後タイミング良くすぐに次の仕事が見つかり、現在は前職の経験を生かして業務に励んでおります。

今、仕事を辞めたいと悩んでいる方へのアドバイスとしては、基本的には辛くても楽しくなくても我慢して今の仕事を続けている方が良いと思います。

前職では結果的には退職してしまいましたが、約10年ほど勤務していた中では何度も辞めたいと思いました。ただ我慢して続けていたからこその充実した仕事もありました。

はっきり言って転職は甘いものではありません。若い時分ならまだ良いとして私は40代での転職でしたので、本当に運が悪ければ今どうしているかわからないと思います。

転職できたとしても、新しい会社で新しい人間関係を築かなければなりませんし、結構な労力が必要となります。

私も転職して10ケ月までは本当にキツかったです。

(ただ、前職に戻りたいとは全く思いませんでした。)

ただし、仕事が辛い、苦しい、楽しくないの度合いは人それぞれ違いますので全ての方に我慢した方が良いとは言いません。

転職したら今より悪くなるかもしれない(待遇など)との覚悟がもてるのであれば転職に踏み切るのもアリだと思います。

体調を崩してまで我慢して今の仕事を続ける事はないと思います。

今の仕事を続けるのも転職するも人のせいにしなければそれほど悪い結果にはならないと思います。