社会人一年目で料理教室の運営スタッフとして就職しました。

料理が好きで学ぶために入ったのですが、いざ入ってみると生徒集客がメインのがっつり営業職であり、想像してた内容とのギャップに戸惑いました。

個人個人にノルマが課され、入会者数とコースの契約料がそのまま個人の数字になっていました。

料理を学ぶこともおろか、生徒さんに料理や食の楽しさを伝えることもできず日々数字に追われていました。

私自身料理が大好きだったので、授業も好きだったのですが運営スタッフは生徒集客をするための体験レッスンがメインでした。

授業は講師という授業だけ担当する方がメインでやっていました。体験レッスンは全員が入ってくれるわけではないので、キツく断られることもしばしば。

業務をこなして数字を追っていくうちに、元々料理や食が好きで入ったことなど忘れ、自分の好きなことも嫌いになるほど仕事で追い詰められていきました。

料理教室なので授業料も高く、あの手この手でコース契約をさせる料理教室の方針に疑問も湧いてきていたので、会社の理念にも共感できず会社自体も嫌いになっていきました。

私は管理栄養士の資格を持っているので、やっぱりこんな営業の世界は嫌だ、やっぱり管理栄養士として食にしっかり向き合いたいと思い始めたことがキッカケで料理教室の仕事が楽しくなくなっていきました。

入社前に思い描いていた料理教室の運営スタッフのイメージからかけ離れていてショックを受けたことも大きかったと思います。

運営スタッフとして働いているうちに、出勤すること自体も辛くなっていき電車で気分が悪くなることもありました。

このままではダメだと思い、思い切って管理栄養士として働くために転職活動をすることに決めました。

料理教室で働き続けても仕事内容を絶対に好きになれないという確信があったので、決断してからは行動も早かったです。

管理栄養士として働きたいという強い意志を上司に伝えたのですが、営業の世界はできるようになってからが楽しいよと最初は止められました。

そう言われてから数ヶ月らもう少ししたら楽しくなるかもしれないという気持ちで仕事をしていたのですが結局楽しくなることはなく、辛い日々が過ぎていきました。

その頃にはすでに私に料理教室の運営スタッフとしてやっていくやる気がなくなっていたので、上司のことも説得して辞めることになりました。

約2ヶ月の転職活動の結果、小学校給食の管理栄養士として転職することができました。

今の仕事が楽しくないと思っている人がもしいたら、自分がこの2つのどちらなのか考えてみてほしいです。

①仕事内容の全てが好きになれない、辛い。②仕事内容の全てが嫌いなわけではなく、好きな部分もある。もし①であれば私がそうだったので思い切って転職することをオススメします。

毎日長い時間拘束されてしまう仕事内容が全く好きでないものであり、辛かったら精神的にも追い詰められてしまう可能性もあると思うからです。私は転職して毎日がガラッと変わり、楽しくなかった毎日が楽しくなりました。

②であればその好きな部分に着目すると楽しいと思えることも増えてくるかと思います。

仕事に少しでも好きな部分があるならば、仕事を楽しめるようになる可能性は十分あると思います。

好きな部分をどんどん伸ばしていけば良いのではないかと思います。仕事が楽しくないと思う日があるのは当然だとは思います。どの仕事も決して楽ではなく、しんどさもあるからです。

ただ、楽しくないということで私生活の中でも涙が出てきたりと辛いという方がいたら、私がそうでしたので転職という新たな一歩を踏み出すのも良いと思います。

毎日の中で家族と一緒にいるよりも長い仕事を少しでも楽しく過ごせる方が増えたら良いなぁと思います。