正社員で働いていましたが、フランチャイズの店でした。近辺に他の会社がフランチャイズで経営していた別店舗が2店ありました。

その店のオーナーが2店舗同時に店を閉める事になったのですが、有能な人材だけでも引き抜いてほしいとの打診があり、1店舗各2名づつが一緒に働く事になりました。

同じフランチャイズでも会社が違えば方針も違います。4名もそれを理解して入社して来たとは思います。

やはり4名とも仕事ができて、店に慣れるのも早かったです。内3名は人柄も良く、他のスタッフとの順応も早かったのですが、1名だけ少し浮いていました。

仕事は間違いなくよく出来るのですが、スタッフとの接し方が真面目というか硬いというのか。

女性ばかりだったので、ワイワイしていてそれがいい雰囲気になっているお店だったのですが、1人が打ち解けないだけで空気が悪くなるんです。

お客さんのと切れた時には皆で仕事の話もしますが、少し雑談もしたりして息抜きするのですが、そんな暇な時間があったら掃除をした方がいいと1人で黙々と床を磨くのです。

店を美しく保つ事はとてもいい事だと思うのですが、スタッフとの喋りも普段の助け合いの上で必要なコミュニケーションだと考えていたのですが、こちらから話しかけても「はい」とか「そうですね」かとかそっけない答えしか返ってきませんでした。

当時私は店長を任されていたので、そのスタッフの対応に悩んでしました。段々と反抗的にもなってきていたのも気になっていました。

その人は私より勤続年数が長く、4歳ほど年上で、前の店舗では店長をしていました。なのでどれをとっても自分より劣っている私という店長が気に入らなかったのだと思います。

次第に会話がなくなり、お客さんが途切れた時にはスタッフルームに篭るようになり、表面上の付き合いしかなくなっていきました。2人きりで閉店作業の時は本当に一言も喋らいいという日もありました。

どこをどう彼女との関係を改善したらいいのか本当に分からなくて、不眠症になり苦しみました。生理も不順になり精神的に追い詰められました。

結局その辛い時期に幸か不幸か、会社の経営不審により全体のスタッフ数を減らす事になり、早期退職者を募る事になりました。

そのスタッフが早期退職の道を選ぶ事になったのです。

私との関係が直接の原因ではなかったみたいですが、年齢の事など、体力仕事でもあったので、悩んだ上での退職でした。

最後の日に彼女の勤務が早番だったのですが、丁度その時間が店が忙しく誰も手を離せる状況ではなく、私も接客中だったのですが、少しだけお客さんに時間をもらって握手だけして別れました。

お互い社会人として自分の態度が悪いのは分かっていたのですが、どうしても受け入れない部分があり、結果関係が悪くなっていたのです。

その日の勤務が終わってから私は彼女にメールをしました。自分の態度を詫びて、これからも別の職場で頑張って欲しい事を素直に伝えました。

すると返信が来て、同じように自分の態度の悪さを謝る内容と、これからもお店を盛り上げていって下さいとの内容のメールに涙が溢れました。

お互い仕事は真面目にやっていたので、仕事のやり方は認めあっていたのですが、コミュニケーションのとり方が上手くできなかったのだなと反省しました。

今思うと、社会人の先輩としてもっと相手を立てて上手く相談をしたり、意見を求めたりして、彼女のキャリアに合った接し方としてあげたらよかったなと思います。

お互いへんなプライドが引っ掛けて素直になれなかったので、時にはプライドを捨てて、その経験を上手く活かして貰える環境作りをしないといけないんだと感じました。

どんなに仕事が出来ても、人間関係がこじれてしまっては本当にいい仕事はできないのだなと実感した話です。