私が看護師を辞めたいと思った理由は人間関係です。その時、総合病院の病棟で勤務をしていました。

リーダー看護師になったばかりの時で、仕事も忙しく、指導をする立場ともなり、大変だったのです。そんな時、先輩看護師に厳しく指導をされることがあったりするのです。

先輩看護師としては、私を一人前のリーダー看護師として育てようと必死になっているのです。その気持ちはわかるのすが、精一杯やっているのに、努力が足りないと言われてしまい、愕然としていました。

また新人看護師の指導係となり、そのことでも悩んでいました。それは新人看護師がミスをするたびに、自分のせいと思ってしまうからです。

そのため、働き出して3年目の時に、辞めたいと真剣に思っていたのです。そんな私は、ある考えや行動を持つことによって、立ち直る事ができました。その考えや行動について、お話をします。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、MIIDASを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

転職=市場価値です。辞めて転職できるかを決めるのはあくまでも市場ですから、自分の市場価値を知ることは極めて重要ですよ。

診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べて今後の参考にしましょう。

(診断時間は約5分です)

①注意をされても気にしない

注意をされたことが、とても重要なことであると、気にすることが大事です。例えば患者さんに関係することなどです。しかし、そうでないことについては、気にしないようにしたのです。

そのようにしたのは、なんでも完璧にすることはできないと思ったからです。3年目というと、先輩看護師から期待をされ、後輩看護師からも頼りにされます。しかも新人看護師の指導も任されているのです。

その全てのことについて、完璧にすることは無理なのです。そのことを思って、楽な気持ちで働くことにしました。

すると小さいことについては、そんなに気にならなくなったので、その考えは良かったと感じます。

②新人看護師のミスは自分のせいと思わない

新人看護師がミスをした時、本当にがっかりします。そして自分の指導方法が悪かったのかと思ったりするのです。しかし、考えてみれば、私と常に同じ勤務ではないのです。

いろいろな看護師の指導を受けていることになり、私がそのミスについて考え込むことはおかしいと思うようになったのです。人間なので、ミスをすることもあります。そして、そのように考えることにしました。

するとその指導をしている新人看護師からも感謝をされることが多くなりました。それは私が以前と違って話やすくなったということです。

私が気持ちを切り替えておおらかな気持ちになったことで、顔つきや行動も違ってきたと感じます。そして、そのことも良かったと思っています。

もしもそのままの気持ちでいたら、多分押しつぶされてやめてしまったと感じます。新人看護師は新人看護師として切り離して考えることで、気持ちを楽に持つ事が出来ました。

③看護師の仕事の原点に戻る

私が看護師として働きたいと思ったのは、看護と言う仕事が好きだからです。そのことを見失いそうになっていました。周りのことばかりに気を取られてしまい、その気持ちを忘れていたのです。

その為、もう一度考え直して働くことにしました。看護師として患者さんのケアをする仕事をするためには、ここで頑張るしかないと思うようになったのです。

自分の能力を生かすことができる職場を大切にしようと持ったのです。すると気持ち楽になりました。

まとめ

看護師として、3年目で辞めたいと思っている人がたくさんいると想像します。そしてその時には、そこをやめてしまうと、大好きな仕事を見失うことになります。そのようなことがないように、原点に振り返ってくださいね。

また、看護師さんは頑張りすぎるところがあります。たまには、気持ちを楽にして自分をいたわってあげることが大事です。

そのように気持ちを楽に持つことで、長く働く事ができるのです。そのコツを、早めに掴むと、あとがとても楽になりますよ。