私が仕事を辞めたいと思ったきっかけは、簡単に言うと人間関係と仕事内容の2つです。他にも給料が少ないというのもありましたが、当時はそこまで重要ではなかったと記憶しています。

私はメーカーに勤めていました。入社したきっかけは些細なことで、正直そこまで続けるつもりもありませんでした。

ただ、入ってから最低でも三年間は勤めないといけない。という昔から言われている言葉が常に頭の片隅にはありました。メーカーといっても大手メーカーではなく、中小企業だったので、私たち営業部員は売り上げを求められます。

ただ、私たちの営業は基本的にはルートセールスです。私たちの商品を販売店が購入し、ユーザーへ売る、というのが流れになりますが、基本的には販売店回りがメインの仕事でした。

その中で、私の上司と直属の先輩との間で板挟みにあってしまい、どちらの顔も立てなければいけない状況が続いていました。

正直、私はまだ三年目だったとはいえ、やっと自分の担当エリアを確立し、自分のやりたいようにやってみよう!と意気込んでいる時期でした。

そんな中、上司(課長)と直属の先輩(主任)の二人は、もともと考え方や営業スタイルが違いました。そんな二人が私の営業スタイルまでも自分の思うようにやらせようとしていたのです。

全く別の方向のことを言われ、どちらもやらなければいけない日々が続きました。そこに私の意思はありませんでした。よく思いました。自分は機械なのか?と。

二人の上司たちは、私が思うように動いていないと怒ります。と、いうよりも、二人の上司自体が険悪な関係だったため、私がどちらかに寄り添ったような行動や営業をしていると不機嫌になるのです。

私は心底、なぜこんな自分の思いだけで行動する人なのだろう。なぜ自分の思うように動かないだけでこんなに怒るのだろう、人にはそれぞれ個性があるのに・・・と常に思っていました。

ただ、とは言っても二人の上司は私に期待をしていたからこそ、自分の営業スタイルを教えたい!(相手のような営業スタイルになってほしくない)と思ったのだろう、と今では思います。

そんな日々が続いてるとき、私自身あることに気付きました。「そうだ!どちらにも反抗しよう!」と。笑

どちらにも反抗していれば、そのうち二人は諦めるだろう。もしかしたら私があまりに思うように行動しないことで、二人の上司が愚痴を言い合い、仲良くなるのでは?と考えました。

結果から言うと、私の愚痴では仲良くならなかったものの、期待を寄せていた、可愛がっていた部下(私)があまりに思うように動かなかったため少しずつなにも言わなくなってきました。

もちろん反抗を始めた最初の方は、今までにないくらい怒られ続けましたが。笑

私のような解決方法は、正直特殊だとは思います。また、この解決方法が成功した要因は2つあります。

①正しいと思ったこと以外では、決して折れてはいけないこと。

これは本当に重要です。上司だからと言って、間違えていることを指摘しなかったり、うやむやにすると自分が正しい!と思い込むようになります。

それはつまり、自分が絶対正義。それ以外は悪。という極端なものになりかねません。自分に歯向かう人間がいないと、自分が正しいのかどうか考えることをしません。そのため、正しいと思ったこと以外は、絶対に折れてはいけません。

②必ず結果を出す。

営業ですから、売り上げ数字はあります。上司の指導のもと頑張ってやっています!アピールをしていれば、上司の指導不足となりますが、今回の解決方法では売り上げが上がらなければすべては自分のせいです。

自分自身の行動が正しいはずだ!と思うからこそ上司に反抗したわけですから、自分のやり方が正しいんだ!と数字で表さないといけません。

数字で表せてくると、次第に上司自身が「間違っていたのかもしれない。」と思うようになります。思わないような上司なら、そんな人の言うことは聞く必要ありません。

人の気持ちを考えられないような人が、人を教えたり、商品をお客様に売ることなどできません。なので、その時こそ本当の辞め時なのかもしれません。

そんな判断基準もあるんじゃないか、と私は思いました。人生は一度きりです。その会社にいなければいけない理由が本当にあるのか、改めて考えることは間違いなく必要です。

辞めたいときこそ、改めて違った考え方や行動をしてみてはいかがでしょうか。