私は転職してデザイン制作の業務を行っていたのですが、仕事を辞めたいと強く思ったのはなかなか慣れずに職場の雰囲気に馴染めない日々が続いたのと、何度も同じ直しが続いて嫌になった時や上司にキツく指摘された時です。

まず、転職した際に前の会社は和気あいあいとした雰囲気だったのですが新しい職場は打って変わって静かでコミュニケーションがあまり行われていない雰囲気でした。

その雰囲気になかなか馴染めず、最初の1週間ぐらいでここには長くいられない!と思いながらも1年は頑張ろう、とまずは慣れて行く事を目標にしました。

お昼休憩は自分の食べる音が隣の人に聞こえてしまうくらい静かで皆、各々の席で黙々と食べている雰囲気がどうしても馴染めないこともありました。

近くにカフェや飲食店がないのでお昼は外でランチなんてことは出来ず、自分のデスクで過ごす事が主なのですが、居づらい時は外に出て近くの休憩所で一人食べる事も良くありました。

また、自分のデスクで過ごす時は無音で食べる音が聞こえるのが不快なのでイヤホンで音楽を聴いて自分の世界に入って対処しています。

気にならない人はその様な雰囲気は気にせず自分の時間を過ごしているのですが、入って来たばかりの自分はどうしても慣れない日々を過ごしていました。

ネットで「会社 昼休み 静か」などと検索して同じ様に悩んでいる人の意見を眺めたりして「めちゃくちゃ共感できる。やっぱ同じ人いっぱいいるんだな・・・」と安心してました。

その他に、細かい作業が多いので細かい部分を上司に指摘された時、最初からすごくキツく言われた事で「あ、もう嫌だ。この人苦手なタイプだ」と折れそうになってしまいました。その上司の印象が凄く強く、夢に出て来たり休みの日も頭の中にいて心が休まらない状態でした。

第一印象で苦手なタイプと感じたのでそれからはその人が恐くて小さくなりながら仕事をしていました。仕事で話しかけるのにも勇気が必要で、行く前は一旦深呼吸したり、緊張して汗をかいたりしてました。

そのような日々が続き、ストレスも強く毎日「早く辞めたい」と思いながら無心で毎朝出勤していました。

もう少し頑張ろう、と毎日自分に言い聞かせて過ごし1〜2年経った頃にようやく雰囲気や環境に慣れて来て、静かな昼休みも読書をしたり予定を整理したり昼寝したりと自分の時間に有効活用する様になりました。

また、職場で飲み会を重ねたことにより普段見られない職場の人たちの顔が見えたので、周囲の見方が変わりました。その苦手な方とも飲み会を通じて本当は良い人なんだ、と思える様になりました。

このことから雰囲気や環境になかなか馴染めず悩んでいる場合は、飲み会などに積極的に参加する事で職場の人たちの普段見ない顔を見る事で抱く印象を変えられ、その環境にも馴染める様になります。

職場の人の見方も変わると恐いと思っていた上司がキツく言って来ても「自分の為に言ってくれているんだ」「なんだかんだ気にかけてくれて教えてくれている」と広い心で接する事が出来る様になりました。

そうなると不思議とその上司に感謝の気持ちが芽生えてくる様になりました。気持ちも変わるので仕事もリラックスして出来る様になりました。

すぐ環境に馴染める人も入れば、慣れるまで時間がかかってしまう人もいて、人それぞれですが慣れてくるとそれまで悩んでいた事も対した事なくなってしまうので、慣れてしまえばラクになってきます。

自分はなかなか慣れず時間がかかりましたがこの事を通じて分かった事は「いつかは必ず慣れる」という事でした。

ですので、馴染めず慣れず悩んでいる方は今のしんどさを乗り越えればいつかは慣れる時が来るのでもう少し頑張ってみてはいかがでしょうか。