人間関係が理由で仕事を辞めたいあなたに伝えたいこと

a6c32052f970af0e76ff8a4beda03e0e_s

人間関係が理由で仕事を辞めたいと思っているあなたへ。仕事だけでも大変なのに、人間関係のトラブルまで抱えてしまうと、仕事でのストレスはたまる一方。大変ですよね。

私自身も職場の人間関係で、うつ状態にまで陥り、退職を余儀なくされた経験をもつ一人ですので、その辛さは痛いほどわかります。

そんな私がこれまでの経験を生かしてアドバイスできそうなことをまとめてみました。あなたのお役に少しでも立つことができれば幸いです。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、MIIDASを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

転職=市場価値です。辞めて転職できるかを決めるのはあくまでも市場ですから、自分の市場価値を知ることは極めて重要ですよ。

診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べて今後の参考にしましょう。

(診断時間は約5分です)

①事態の深刻さをまず見極めよう

私自身の失敗の経験をまずお話したいと思います。ある職場での人間関係があまりうまくいかなくて、転職してもういちど人間関係を構築しなおそうと考えたことがあります。

結果は大失敗。安易な考えと、これまでの反省点を活かした改善がなされてなかったことが大きな原因だったと今でも反省しています。

そしてもう一つの私自身の失敗の経験。こちらは先述したようにうつ状態に陥ったケースです。

体はどんどんやせ細り、食事もほとんど取れなくなっていましたが、私は一日も休まず出勤し続けました。

幸い親身になってくれる友人が、受診をすすめてくれて最悪の事態を免れたのですが、そうしなかったら、どうなっていたか考えただけでも身震いがします。

仕事を辞めたいといってもその深刻さは人それぞれ。まずはあなたの辞めたい状況がどれだけ深刻なのかを見極めましょう。それによって対応は全く違ってきます。

「その職場で頑張るべき」なのか「反省点を活かして転職すべき」なのか、はたまた「すぐにでも休職、または退職して休養する」べきなのか。

本当に深刻な場合には、自分自身では判断がつきかねる場合もあります。迷わずに専門家の指示を仰いで適切な支持を仰ぐべきです。

そうではなく自分自身で解決できそうな場合、つまり現状が「その職場で頑張るべき」か「反省点を活かして転職すべき」なのであれば、一緒に状況の打開策を考えてみましょう。

②安心な人になろう

人間関係のトラブルで一番多いのは「上司からいつも叱責をうける」「お局様が自分にだけつらく当たる」などといった「特定の人から攻撃をうける」という内容ではないでしょうか。

一般的に攻撃を受けやすい人は、自信のなさそうな人だと言われます。じゃあ自信をつければいいのかというと、そう簡単なものではありませんよね。

攻撃を受けにくい人になるためには、相手に「この人は安心な人だ」と思わせることが大切なのです。あなたは相手がどんな人なら「この人は安心だ」と感じますか?

もし私なら、「頼んだ仕事をきちんと期日までに責任をもってやってくれる人」や「行動や発言に一貫性があり、突飛なことや期待を裏切るようなことをしない人」、「自分のありのままを受け入れてくれて、否定的なことを言わない人」などです。

逆にこの要素をまったくもたない人が傍にいたら、私自身常にイライラするし気持ちが休まる時がなくて、ついその人につらく当たってしまう事もあるかもしれません。

あなたが特定の人から攻撃を受けるのは、あなたがその人にとって「安心を与えてくれる人ではないから」です。

「どうしてあの人は私につらく当たるのだろう」と考えれば腹も立ちますが、「どうして私はあの人に安心を与えられないのだろう」と考えれば少し冷静になれるように思います。

その上で相手をよく観察し、相手が望んでいる「安心」を提供する努力をすればいいのです。

③気づかいが無駄になっていないか確認しよう

  • 職場では気をつかっているつもりなのに、どうもみんなに感謝されない
  • 気をつかいすぎて自分はクタクタなのにどうして報われないのだろう

こんな風に感じている方はいらっしゃいませんか?

例えばある洋服店で、ゆっくりと自分一人で洋服がみたいと思っているのに、店員さんにずっとつきまとわれて「なにをお探しでしょうか?」「これはいかがでしょうか?」と話しかけられ続けると、相手のことをけっして「気づかいのできる人」だとは思えませんよね。

あなた自身の気づかいはもしかしたら、この店員さんがおこなっていることと同じなのかもしれません。

自分はよかれと思って行っている「気づかい」であっても、相手にとってそれが「大きなお世話」なのであれば、それはもはや「気づかい」とは言えないのです。

店員さんのケースを例に考えてみると、この対応には相手に対する「観察力」や「思いやり」が欠如しています。

お客さんに対してマニュアル通りの対応をすることを優先するあまり、「ゆっくりと自分で洋服がみたい」というお客さんのニーズを無視してしまっているのです。

「観察力」があれば「ゆっくりと一人で洋服が見たい」というお客さんの思いに気づくことができるし、「思いやり」があれば「用事があれば遠慮なくおっしゃってくださいね」と一言いって、その場を離れるといった対応ができ、お客さんの満足を得られるのです。

もし自分の気づかいの方法が間違っていると気づいたら、それを改善するよう努力してみましょう。

本当の「気づかい」ができる人に対しては、ほとんどの人が好意を持ち、自然と人間関係のトラブルも少なくなる傾向があるのです。

④「他人の領域」と「自分の領域」がきちんと区別できているか見なおそう

「他人の領域」を明確に認識できることも大切になってきます。

人の考え方はそれぞれ違うものですし、思いやりや優しさがストレートに伝わらないこともよくあることなのですが、基本的にそれは相手の自由ですし、あなたが一般常識内の行動を最大限の努力で行ったのなら、それはもう仕方のないことです。

「こんなに親切にしてあげたのにむくわれない」という、他人を基準にした評価こそがあなたの人間関係を複雑にしているのです。

また「他人の領域」に踏み込もうとする人も人間関係のトラブルを招きやすいと言えます。

「自分にとってすごくいいものだから、他の人にとってもいいはずだ」と頼まれもしないのに商品をすすめたり、自分なりの方法で努力している人に「こうしたらいい」などの安易なアドバイスをするなどが、例としてあげられます。

この区別ができないために、トラブルを起こしやすい人は基本的に「相手が自分の思い通りに動いてくれること」を期待しすぎている傾向があります。

基本的にそれは無理であることを理解し、それを踏まえたうえで行動することが大切になってくるのです。「他人の領域」はあなたが変えられるものではないことをしっかりと認識しましょう。

⑤マイナスな要素を無理して改善しようとしてないか考えよう

自分は「しゃべりが下手だし、面白くない」とか「人付き合いが悪く、飲み会が苦手」だとか人間関係においてマイナス要素ともいえる条件を改善しようとする人がいます。

果たしてそれは正解なのでしょうか。しゃべりが下手な人が急にうまくなるとは思えませんし、飲み会が苦手なのに無理して参加していたらストレスがたまりますよね。

私も一時期無理をして「明るくて人付き合いの良い人」を演じてみたことがありますが、うまくいきませんでした。

人生のほとんどの時間を過ごす職場で、必要以上の無理をし続けることは困難です。ではどうすればいいのでしょうか?

基本的に、不必要な無理をしないことです。喋りが下手でも思いやりを伝えることはできます。

実際、口下手で、入社当初は「暗い人」だと位置づけられていた人が「寡黙だけれども思いやりがあり信頼できる人」に変わっていった例はいくらでもありますし、「付き合いの悪い人」が「社交辞令で返答しない正直で、誠実な人」と認識された例もあります。

要するに一般的に言われている「好かれる人」の要素をもたなくても、人に「好かれる」ことはできるのであって、無理をせずに標準的な礼儀や思いやりを忘れないで、きちんと仕事をしていれば、マイナス要素は個性に変化するのだということ。

マイナスイメージを払拭しようとして、余計な労力を使う必要はないのです。

最後に

以上、人間関係が理由で仕事を辞めたいと思っているあなたへ5つのアドバイスをあげてみました。

これを参考に、現在の職場で改善を試みるのも一つの方法なら、気分を一新して新しい職場で頑張ってみるのもまた一つの方法です。

相手側に否がある場合には職場を変えるだけでうまくいくかもしれませんし、あなた自身に問題があれば新しい職場でも同じトラブルを繰り返す場合もあります。

ただ、人間関係のトラブルの原因は複雑ですので一概にこうだとは言い切れません。そのことを踏まえたうえで、転職という重要な決断を下しましょう。

しかし、何度もいうように事態が深刻な場合は、早急な対応が必要ですので、無理をしすぎることは禁物です。あなたが毎日笑顔で仕事に行ける日がくることを心より願っています。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、MIIDASを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

転職=市場価値です。辞めて転職できるかを決めるのはあくまでも市場ですから、自分の市場価値を知ることは極めて重要ですよ。

診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べて今後の参考にしましょう。

(診断時間は約5分です)

【大企業 入社1ヶ月】新入社員研修で同期にバカにされたり嫌がらせをされ辞めたいと思いました

人間関係

自分はまったく身の丈に合っていない言わば記念受験で受けって受かってしまった、かなり有名な大手会社に入社いたしました。 言わば記念受験だったので別にその会社でやりたいことは特になく、特に物凄い入りたい会社ではなかった会社で・・・

【リフォーム営業 入社1年半】苦手な店長と教えてくれない直属上司に我慢できなくなった

人間関係

私は新卒入社で、リフォーム工事の営業兼現場監督の業務を行う会社へ入社しました。 その会社は業界内では大きな会社で、営業の仕事をしたいと思っていた私には、少しマイナーな業界ではあっても、大手であることに魅力を感じ入社しまし・・・

【販売職 入社半年】嘘つき上司で最悪でした

人間関係

入社してすぐに店舗の方で販売の仕事に入りました。基本的に難しい仕事ではないので、即実践という感じです。 仕事の内容はアパレル系の店なので洋服や雑貨の販売、お客様への接客の他に商品のチェックをしたり店舗の掃除など。新入社員・・・

【製造業 5年目】同僚が原因で辞めたいです

人間関係

仕事は製造業なのですが、車の部品を加工する会社でNC旋盤という機械を使用して車のブレーキの部品などを加工する会社に勤務してます。 仕事を辞めたいと悩んだきっかけは同僚です。 入社した時に42歳の男性(経験者)と偶然にも一・・・

【FX仲介業務 20代】最悪な上司で辞めたいです

人間関係

私が仕事を辞めたいと思ったのは、現場を知らない奴が上司となり自分の機嫌でああでもない、こうでもないと怒鳴ったり、上司のもう一歩上の上司の命令も無視したりではっきり言ってしまえばこの人の下では働けない。そう思ったことが第一・・・

【保育士 2年目】上司が嫌で辞めたいです

人間関係

私は子どもとかかわる仕事に就きたくて保育士になりました。仕事は理想通りでしたが、入社当時から人間関係に悩まされていました。 入社1年目の時の人間関係がうまくいき始めたころに新しい年度へと切り替わり、職員ががらりと変わりま・・・

ページの先頭へ