当時私は車の販売をするという営業職に就いており、新車、中古車の販売、自動車保険の営業をしていました。

1ヶ月の働き方の状況としましては、週1日の定休日のお休みと月で4日くらい土曜日、日曜日、祝日以外にお休みをいただけるという形で1日の労働時間としては9時~19時という感じでした。

そして、1日の流れとしては会社に出社してミーティングを実施してから洗車、営業活動といった感じでした。毎月、販売台数目標、保険の獲得目標や車検や点検の目標ももってやっておりました。

その中で1年目にして早くも色々な壁にぶつかってしまいました。

まずは、車の販売が難しいという事です。私は他業種ではありますがずっとサービス業をしていた為、自分では人とコミュニケーションをとる事は得意だと思っていたのです。

しかし、車の販売ともなると商品が高額になっているので簡単にお客様の信用を得る事は出来ませんし、購入していただくに至るまでは容易ではありません。

売れなければ、私だけではありませんがミーティングで色々指摘を受けます。

上司にここはこうした方がいいとか、訪問はできているのかだとか色々な事を聞かれたりもします。

車の販売が目標台数分出来ていればいいですが、売れていなければ激しく追求されます。そうした場合、当たり前ですが休みの日や定休日も関係なく出社してお客さんを訪問したりするという事になります。

2つ目は仕事量の多さです。お客さんとお会いして商談をする事に加え様々な仕事が車の営業職にはつきまといます。

お客様が事故された場合の対応、保険会社への連絡、お客様のご自宅に訪問し車検の車の引き取り。

車の引き取りは、お客様のお家によっては往復で2時間以上かかることもあります。

その他にも、お店でのお客さん接客業務や研修、お客様への電話、洗車や販売した車の登録業務など様々な雑務もついてまわっていました。

この仕事をしてみて一番重要だと思った事は、この仕事量の多さをどの様にスケジューリングしていくかという事です。

私はこのスケジューリングが苦手でした。お客様がこの時間に訪問してくれと言われればその時間に行く様にしていました。そうすると毎日のスケジュールが酷いものになっていました。

お客さんのご自宅に訪問して次の場所に行くのに1時間や2時間かかるスケジュールだったりしてとてもじゃありませんが1日では計画した仕事が終わりきりませんでした。

その上、車が売れていない月は上司が呼び出しをくらったり、人に物事を頼まれると断りきれない性格な事もあり先輩などの用事も色々やっていると、1ヶ月で休みはほぼないですし、毎日帰るのも深夜になっていました。

プライベートの時間もなく上司から怒られ続けているとどんどん気持ちもマイナスになっていき悪循環に陥ってしまいました。

時には死にたいと考えるほどに。この時、この仕事は自分の心の管理と時間管理が出来なければやっていけないと感じました。

私はその2つがとても苦手だったのです。このままではいけないと思いましたがこの職場では日々の流れが早すぎて変えれないと感じ悩んでいました。

そして、自分の話を色々な人に聞いてもらい意見やアドバイスをもらおうと考えました。話すと気持ちも楽になりましたし、すごく為になる話もきけたので自分の気持ちを吐き出せてよかったです。

結果、辞めるという選択をしました。

全く後悔はありません。今では就職し、元気に働いています。

もし、今の職業が向いてないと思っていたり辛い日々を過ごしている人がいるならそのまま頑張るのももちろん大切な事ですが、辞めたっていいんです。逃げ出してもいいんです。

大丈夫です。会社は今の場所しかないわけではありませんし、あなたを必要としている会社もあるはずです。まずは誰でもいいので自分の今思っている事や状況を話してみましょう。

友達でも同僚でも家族でも誰でもいいんです。きっとあなたの味方になってくれますよ。

まずは、自分の気持ちを吐き出してみましょう。吐き出せば暗い気持ちから抜け出す為の光が少し見えてくるはずです。

自分の人生です。自分の為に自分の道を選んであげてください。