給料が低いという理由で仕事を辞めたいあなたに伝えたいこと

給料に仕事内容が見合っていない。サービス残業が多い。実質的には同じ仕事をしているのに、待遇に差がある。そんなあなたの気持ちは変わったものではなく至極当然の思いです。

まず、お給料が低いことは、あなたには何の責任もありません。お給料の額は雇用側の事情で勝手に決められているものです。

あなたの働きの価値そのものではないので、お給料が低いことであなたの存在や仕事の価値まで低いと考える必要は全くありませんよ。お給料への不満は、一生懸命お仕事されているからこそ生まれる気持ちでもあります。

お給料には誰しも不満をもっているものですので、その感情を自然の受け止めて上手に解消していきましょう。

給料への不満の解消法は色々ありますので、参考にしてみてください。
 

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、MIIDASを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

転職=市場価値です。辞めて転職できるかを決めるのはあくまでも市場ですから、自分の市場価値を知ることは極めて重要ですよ。

診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べて今後の参考にしましょう。

(診断時間は約5分です)

①お給料以外の待遇や条件に目を向けてみる

お仕事においてお給料の額は一番の関心事です。

しかし雇用条件には色々な側面がありますね。例えば休日について、土日祝日が必ず休めて、週休2日が約束されている場合。休日が不確実な仕事よりも休日においては恵まれているとも言えます。

とくにお子さんがいる場合には土日に運動会などの学校行事は行われますので、必ず見に行くことができます。

他には、待遇においても交通費が支給される場合には、そのような規定がしっかりしていない企業よりもよい条件であると言えます。

健康保険、厚生年金保険、雇用保険などの社会保険は完備されているでしょうか。どの保険も日々の生活や将来に大事なものばかりです。

また、自宅から職場が近い場合にはその分時間を有効に使用できます。通勤時間が片道1時間半かかると往復では一日3時間もの時間を使っていることになります。通勤時間が往復で1時間しかかからないとしたら、長い人より1日2時間も自分や家族のために使えていることになります。

職場の人間関係はどうでしょうか。お給料が高くても競争が激しく職場がギスギスして人間関係が悪い職場では結局長く働けません。

お給料が低い、あなたの職場にも意外といいところがあるかもしませんよ。

一度、客観的に他の職種や会社と比較して比べてみてもいいかもしれません。

②自分の生き方について、立ち止まって考えてみる

仕事が給料が高くて、その仕事好きで自分に向いていればもちろん一番いいですね。しかし実際には全部の条件をそろえるのは難しいこともあります。

一度、仕事を含めた自分の生き方について見つめなおしてみませんか。

まず、好きなことを仕事にするのは難しいこともありますが、やはり少しでもあなたが好きだと思える仕事を目指しましょう。

今のお仕事は好きですか。なぜかといえば、多少でも好きになれる仕事であればお給料が低くても、その仕事はあなたにとって価値のあるお仕事だといえるからです。

世の中の流れとして、たくさん稼ぐ人が偉いという風潮がありますが本当にそうでしょうか。もちろん、仕事は給料を稼ぐためにしているのであって辛い仕事であればたくさんお給料が欲しいというのは、当然の気持ちです。

都心部に住んでいるとお金を消費する場所はたくさんあり、お金を使えば確かに色々なことが実現できます。

その一方で、好きでない仕事、向いていない仕事をしていることで心が疲れ、うつ病を発症してしまう人さえ多いのです。

お給料が低くても、もしその仕事を少しでも好きになれるのなら、しばらくは続けてみてもいいのかもしれません。

お金と仕事についてかかれた人生の指南書はたくさん本屋さんにあります。もし本がお好きであれば、一度読まれるといいでしょう。

具体的に1冊紹介しますが、「ユダヤ人大富豪の教え」という本は、仕事とお金の関係についてわかりやすく書かれていますので、おすすめです。
 

③新しい仕事を探してみる

今の仕事のメリットやデメリットを見つめなおしたり、その仕事が好きか踏まえて自分の仕事観を考えてみても、やはりお給料に納得いかない場合はどうしたらいいのでしょうか。

その際には、思い切って今の仕事を辞めて新しい雇用先を探すのもいいでしょう。

とくに現在のお給料がもともと安いのであれば、転職しても現在のお給料より大幅に額が下がることはありません。これがお給料が高いとなかなかやめる決断はできないものです。

あなたは、お給料が高くて合わない仕事を変えられずに苦しんでいる人よりも、新しい環境を選びやすい状況にいるのです。新しい雇用先を探す場合には、お給料以外にも目を向けてみましょう。

新しい環境に馴染めるか不安な方は、試用期間として今の仕事をやめないまま、短期間新しい職場で働いてみるのはいかがでしょうか。

新しい雇用主にとってもよりあなたのことを理解した上で採用できるので双方にメリットがあります。

まとめ

自分のしている仕事について、正しく評価されたい気持ちは当然の思いです。

今の雇用状況を見つめなおして、メリットとデメリットを整理してみましょう。本を読んで自分の人生観と向きあってもいいかもしれません。

今の職場の良い所に目を向けてみてもやはりお給料の待遇に関して納得できない場合には、思い切って転職するのもいいでしょう。お給料がもともと低いのであれば、転職によって現状よりも低くなることは少ないはずです。

転職の際には、雇用先と相談の上で今の仕事をやめないまま、短期間、試用期間として働いてみてもいいですね。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、MIIDASを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

転職=市場価値です。辞めて転職できるかを決めるのはあくまでも市場ですから、自分の市場価値を知ることは極めて重要ですよ。

診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べて今後の参考にしましょう。

(診断時間は約5分です)

 

【事務職 入社3年目】手取り14万円で、さらに減額の危機に陥ったことがあり、絶望的な気持ちになりました

給料

一般企業の事務職をしていました。給料は手取り14万円でした。通勤手当がなく、残業手当もない、そして有給もない。 まさに、ないないが多く、入社して間もない時期に仕事をやめたいと思いました。 経営者も家族経営でしたので、家族・・・

【栄養士 入社2年目】手取りが14万、辞めても仕事があるわけではなかったので、副業の道へ

給料

入社1年目の頃です。私は、専門学校を卒業してすぐに地元ではかなり有名な病院で栄養士として働き始めました。 仕事の内容は主に、病院の給食の調理を行ったり、献立を考えたりしていました。慣れてきてからは、事務室で発注業務や納品・・・

ページの先頭へ