仕事ができないから辞めたいとお悩みのあなたへのアドバイス5つ

08e1511de4111682f10494099b9812cf_s

あなたは自分で仕事ができないと思って、辞めるかどうか悩んでいるのでしょうか。

私も仕事ができなくて、自分に合っていないと悩んでいたこともあるので、あなたの気持ちは良くわかります。

仕事はたくさんありますが、その中からあなた自身でやりたいと決めた仕事ですよね。

仕事を続けたいと思っているのに、仕事ができないから辞めたいと思うのはとても辛い事です。

そこで私の経験を踏まえて、仕事ができないから辞めたいとお悩みのあなたへのアドバイス5つを紹介したいと思います。

辞めるのはいつでも簡単ですが、辞める前にぜひ参考にしてみてください。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、MIIDASを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

転職=市場価値です。辞めて転職できるかを決めるのはあくまでも市場ですから、自分の市場価値を知ることは極めて重要ですよ。

診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べて今後の参考にしましょう。

(診断時間は約5分です)

①なぜ仕事ができないのか理由を考える

あなたは自分で仕事ができないから辞めたいと悩んでいますが、何の仕事がどのようにできないか考えてみてください。

誰でも得手不得手はありますが、苦手なことでも何度も繰り返し行うことで、克服していくものです。

あなたが仕事ができない理由は、経験不足によるものかもしれません。

私も仕事ができなくて辞めたいと悩んでいた時がありますが、このまま会社を辞めても、次の職場で同じことの繰り返しだと思いました。

そこで何の仕事ができないかを自分で考えて、その仕事を何度も繰り返し行いました。

するといつの間にかできなかった仕事ができるようになり、新人に教える様にもなりました。

あなたも仕事ができないと悩んでいるのは、圧倒的に経験が不足しているかもしれません。

他の人は1回やればできる仕事も、10回やらなければできないかもしれません。

ただ10回やればできるようになるので、何の問題もないはずです。

他の人と比べて仕事ができないと悩まずに、できない仕事を何度も繰り返しやって慣れてみてください。

②どのレベルが仕事ができると言えるのか考える

あなたにとって仕事ができるというレベルは、どのレベルを意味しているのでしょうか。

自分で仕事ができないと思っているのは、先輩や上司と比べての事か、同僚と比べて仕事ができないのかによって、レベルも違ってくるはずです。

先輩からするとあなたも同僚も同じで、仕事ができないと見ることができます。

それは圧倒的に経験の差があるので、仕方がない事です。

しかしその先輩もさらに上の上司からすると、仕事ができない奴だと思われているかもしれません。

私はある程度仕事に慣れた時に、先輩を見るといつまで経っても追いつかないので、自分で仕事ができないと悩んでいました。

しかしある上司にそれは向上心の表れだと言われたことがあり、レベルの高い人を目標にすることで、自分もさらにレベルアップすることができます。

あなたにとって仕事ができるというレベルを設定することで、そのレベルに達するまではいつまで経っても、自分の中で仕事ができないと悩み続けるでしょう。

時には必要なことですが、そこで仕事を辞めたいと思わずに、頑張って仕事を覚えようという気持ちに切り替える事が大切です。

③自分に足りないものは何か見つめ直してみる

あなたが自分で仕事ができないと悩んでいるのは、自分自身で何かが足りない事を気づいている証拠です。

自分のスキルが足りないのか、経験不足かなど、自分に足りないものは何かを改めて見つめ直す良い機会です。

特に新人時代は仕事に全く自信がないか、少し慣れてきて自信過剰になるかのどちらかになることが多いです。

あなたは自信がない部類ですが、これから仕事を数十年間続けていかなければなりません。

時には自分のスキル不足感じることも出てくるので、その時にどうやって乗り越えるかが大切です。

私もまったく自分に自信を持てないタイプでしたが、仕事は大変な物だという意識を持っていました。

仕事ができないのは自分のスキル不足なので、何が足りないかを判断し、習得することでスキルアップできると考えたのです。

そのおかげで何度も挫折を味わいましたが、その都度乗り越える力と、スキルアップをすることができました。

あなたも自分の能力不足を感じたので、辞める決断よりもどうやって能力不足を補っていくかを考えましょう。

仕事を止めても次の職場で同じようなことは起きるものです。

その都度会社を辞めていては、仕事にならないので、乗り越える力を養う良い機会だと思いましょう。

自分に足りないスキルを習得して、乗り越えてください。

④仕事ができるように必死で努力してみる

これから数十年間は仕事をしていかなければ生活できませんが、若いうちは仕事ができなくて当然です。

あなたがいきなり仕事ができる人だったら、先輩を追い越して一気に出世することもできるでしょう。

仕事は経験とスキルが必要不可欠で、若いうちは圧倒的に経験不足なので、スキルを磨くことが大切です。

私も自分で仕事ができないと悩んだ時に、いきなりできる訳ないと悩んでいました。

同じ時期に入った同僚はできるのに、自分はなぜできないんだと悩んでいましたが、その答えはある先輩から聞くことができました。

私の同僚は毎日誰よりも早く出社し、頼まれた仕事は絶対に引き受けてやり遂げました。

そして資格取得の勉強をしたことで、仕事にも大いに役立っていたようです。

見えない所で努力していた同僚に比べ、私は仕事ができないとグチばかり言って悩んでいました。

その日から必死で仕事を覚えるようになり、自分で自信を持って仕事ができるまでになりました。

あなたも仕事ができなくて辞めたいと悩んでいるなら、これ以上頑張れないというくらい仕事をやってみてください。

するとそれが自分のスキルと経験になり、いつしか仕事ができるようになっているかもしれません。

⑤仕事を辞めて本当に後悔しないか自問自答してみる

あなたが今の仕事を選んだのは、自分でこの仕事がやりたいからと選んだのでしょう。

もちろん仕事にも得手不得手がありますが、できることなら自分がやりたい仕事をやり続けたいものです。

もしも辞めたいと悩んでいるなら、本当に辞めて後悔しないかを考えてみてください。

私も仕事ができなくて悩んでいた時に、実際に仕事を辞めたことがあって大変後悔した経験があります。

その仕事は私がずっとやりたかった仕事でしたが、理想と現実は違うもので、思い描いていた理想とはかけ離れていました。

楽な仕事だとは思っていませんでしたが、これほどキツイ仕事だとは思っていなかったので、悩んだ末に辞めたのです。

辞めた時はキツイ仕事から解放された喜びもありましたが、数日後にはやりたい仕事を何で辞めてしまったのだろうという後悔の念が押し寄せてきました。

私はそれ以降自分でやりたいと思った仕事は、どんなに辛くても辞めたいとは思わなくなりました。

もちろん仕事を辞めて転職することもありますが、あくまでも生活の為やスキルアップの為の退社なので、前向きな気持ちで辞めるなら良いと思っています。

あなたがもし仕事ができなくて辞めたいと悩んでいるなら、本当に辞めて後悔しないか考えてください。

辞めるのは今でも明日でもできますが、また働き直すことはできません。

いつでも辞められると思えば、後悔しない様に行動することができるはずです。

あなたには辞めてから後悔してほしくないので、ゆっくり考えてから結論を出してもらいたいです。

最後に

仕事ができないから、辞めたいと悩んでいるあなたへのアドバイスはいかがでしたか?

あなたにとって悩むほど大変なことですが、辞めてから後悔しないようにするには、必死で仕事ができるように頑張ってみてほしいです。

もし頑張っても仕事ができなければ、辞めても自分には合わないしごとだったと後悔することはないでしょう。

あなたには辞めて後悔してほしくないので、アドバイスを参考にしてゆっくり考えてから結論を出すことをおすすめしたいです。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、MIIDASを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

転職=市場価値です。辞めて転職できるかを決めるのはあくまでも市場ですから、自分の市場価値を知ることは極めて重要ですよ。

診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べて今後の参考にしましょう。

(診断時間は約5分です)

【広告代理店営業 入社4年目】新規の仕事獲得が全くできず自分のセンスの限界を感じた

仕事ができない

新卒で広告代理店に入社しました。 その会社は所謂大手の会社ではなく、印刷やその周りの制作物関係などに強みを持っている会社で、その延長で広告もできます。というような本来の広告会社とは少し違った会社でした。 その会社では、基・・・

【事務職 入社1年目】社内の人間関係と得意先の電話応対がうまくできず仕事がしんどくなった

仕事ができない

私は事務職で新入社員の時に入って間もなく仕事を辞めたいと思ってしまいました。 まず人間関係でした。新入社員で同時入社した女性との事です。新入社員で入社すると不安が付きものなので上司や先輩とのやり取りを深めていくより先に、・・・

ページの先頭へ