私が就職活動していたのは就職氷河期と言われた頃。結局正社員で職に就けず3年間はより良い環境を求めて職を転々としていました。

ある日ハローワークで条件の良い企業があり面接を受けることにしました。職種は事業資金の融資の営業職で正社員でした。面接と筆記試験に臨みました。

面接時に支店長から業務内容を聞き業務内容に驚きました。その当時私は仕事といえば会社から与えられた事をこなす事だと考えていましたが、自分から営業をかけてお客様を獲得する飛び込み営業でした。

飛び込みなんて無理。20人が応募しているようで私は営業経験も無いのでどうせ受からないだろうと思っていました。

ところが結果は予想に反し採用でしたが、飛び込み営業に不安にを感じた私は3日後に辞退をする連絡を入れました。電話口の女性から男性に電話は回されました。

男性は辞退する前に今すぐこちらで話をしたいから直ぐに来て欲しいと言われこの事を早く終わらせたい私は直ぐに向かいました。対応したのはたまたまその日支店長不在で隣店していた統括部長でした。

統括部長曰く「営業した経験が無いので自信が無いのは当たり前。自信が無いと言う人程結構数字が取れる。そう思うのは良い傾向。やる前に辞めるのはもったい。やってみて駄目だったらその時に諦めればよい。」と懸命に説得され私は断りきれず入社する事になりました。

入社後支店長に採用理由を伺ったら筆記試験の成績が1番だった事と、支店全体の意見が一致したとの事でした。

入社してからは飛び込み営業をかける毎日でした。冷たい言葉を浴びせられたり、断られる日々でお客様の獲得は出来ず、3ヶ月目には毎日が嫌で仕方なく会社を仮病の病欠で休み他社に面接に行った事もありました。

結果は不採用。心が折れそうな私を見て支店長は「営業は直ぐに結果が出るものではない。結果は3ヶ月後に出てくるから、そしてお客様には融資をの話はしなくてよい。長話になってもいいからとにかく雑談を楽しみなさい」と言われました。

半年ぐらいたった頃に結果はかえってきました。私が営業をかけたお客様から融資の申し込みが入りました。その月は5件成約になりました。

翌月も同様。コンスタントに7件以上は取れるようになりました。報奨金もありお給料も上がりました。半年後、支店長はもっと楽に営業出来コツがあるから従うように指示されました。

営業社員1名にアポインターのパートさんが1名付くのですが、私が自力で獲得したお客様も全てアポインターさん経由で獲得した事にする、簡単に言えば報奨金の折半です。私には意味が分かりませんでした。

支店長はこの理由は自ずと分かると言うのみでした。それから3ヶ月後にはまた結果が。今までは飛び込み営業をして、且つ契約に出かける日々でしたが、アポインターさんが申し込みをバンバン取ってくれるようになり、私が契約に出かけ職場に戻ると机上には次の申込書が。

飛び込み営業をしなくても申し込みがある状態に。

それまではアポインターさんを経由しての融資の申し込みは月3件程度、それが10件毎月コンスタントに取ってくれるようになり、本当に楽に業務をこなせるようになり、仕事が楽しくなって来たのです。

支店の営業社員は営業成績が皆優秀で支店が表彰されました。辞めたいと苦しんでいた気持ちは嘘のようで、この会社に入社して良かったと思える様になりました。

入社直後、この仕事は自分にはあってないんではないかと悩んでいる人がいると思います。私の目の前でも入社まもなくの新入社員が突然来なくなり無断欠勤を続け退職というケースが多々ありました。

結果は直ぐには出ません。しかし努力は自分に必ず返ってきます。結果は3ヶ月後。3ヶ月を目処に待ってみてください。頑張る必要はありません。

私は素晴らしい上司に出会えたのでこの様な結果になったと思いますが、この様な上司ばかりではありません。ここの職場にたどり着くまでは私も職を転々としていました。

時には辞める勇気も必要です。次の職場で自分を変えてくれる人物や環境に出会えるかもしれません。