自分に合わなかったため、辞めようかと悩みました。コールセンターの社員はなかなかなれないのですが、面接でかなりの好評価を受け、社員で入社させてもらいました。

それにも関わらず、入社して4日目には自分に合わないと思いました。1~3日目は研修で、受け答えの仕方や発声練習をしていました。

電話の応対はなかったので、その時点では楽しく仕事ができました。ですが4日目からいきなり「あの電話取って」というような要望を受け、狼狽えながらも電話を取って撃沈・・・。

上手く通話が出来なかったと自分でも分かり、大きなショックを受けました。それでもしばらくは、慣れていないのだと自分に言い聞かせていました。

電話に慣れ、最初よりは上手く受け答えができるようになった頃。ある電話の内容を上司へ伝えたときです。私は「これだ」と思い込んで伝えたのですが、本当は違って怒られたのです。

その怒り方が、「もう電話を取らなくてもいい」というような言い方で、自信を失くしたうえに、もう立ち直れませんでした。電話を受けるのが仕事なので、そう言われると、もうどうにも出来ませんでした。

もう失敗しないためにはどうすればいいか?通話は録音されるようになっているので、それを聞いて分析しました。しかし、私には何も思い浮かばない。先輩は答えを教えてくれず、上司も「大丈夫」の一点張り。

失敗をしたせいで仕事が嫌になり、電話を取るのも怖くなりました。もともと電話が苦手だったのですが、ついに会社へ行くのが辛くなって「辞めよう」と決めました。

それからは一度も出勤していません。辛いのに無理に行って精神的な病気になっても困ると、お休みをいただいていました。

社会人としてどうなんだという意見はあるかもしれませんが、やはり病気になってしまってはこの先困ります。会社的にもよくないでしょう。

幸い家に固定電話はありませんでしたが、どこへ行ってもしばらく電話には触れないでおこと固い決意をしました。それにより、心が軽くなりました。

また、家族にも相談したところ、「無理だと思っていた」とあっさり言われてしまう結果に。家族は最初から分かっていたみたいで、辞めることに躊躇はありませんでした。

辞めることを会社に言い、上司と話し合いをした時には引き止められましたが、「何と説得されようとも絶対にやめる」と意志を固めていました。その日に保険証を返し、仕事を辞め、開放的な気持ちを感じながら気持ちよく家へ帰りました。

私の場合、仕事先に相談できる相手がいませんでした。それによって不安が溜まる一方で、解決もできませんでした。なのでまずは、相談相手を作ってみてはいかがでしょうか。

悩んでいることや、不安なことを相談できる人がいることはとても大切です。「こんなこと聞いていいのかな?」と思うようなことも重要だったりしますので、是非聞いてください。

また、社会人としての責任を感じ、辞めたいけど辞めれない・・・と身動きが取れなくなっている人は簡単に考えてください。自分の健康あっての仕事です。それがなくては働くこともままなりません。

また、苦手なことは「避けて」もいいんです。逃げるのではなく、避ける。そんな風に考えれば、自分1人で全てを抱え込むことも少なくなると思います。

やはり、自分に出来ることを精一杯する。それでいいと思います。所詮人間ですので、出来ることには限界がありますし、個人でそれも違います。

頑張りたい!という気持ちもとても大切ですし、これからも持っていてほしいものですが、無理だけはしないように気を付けてください。

最も重要なのは、自分をよく知ることです。私のように「どこでもいいから就職したい」「出来なさそうだけどやってみる」でもいいかもしれませんが、それでは辞めてしまうだけです。

自分に何が出来て、何が出来ないか。それを分析することで、私のような経験をする人がいなくなることを願います。