仕事を辞めたいと感じたことは複数ありますが特に通勤に時間がかかることが辞めたいと思ったい一番の理由です。

片道2時間弱かかるので朝は5時半には起きて6時には家を出ないといけません。朝が弱いというのもありますし冬ですと5時台はまだ暗くて道路を走るのも少し怖いです。

家が田舎だったのもありお年寄りが結構早朝にライトも持たず散歩してますので。そして帰りに関しても仕事が終わるのが22時近かったので、家に着く頃には日付が変わる時間で睡眠時間が全く足りず日々眠気と戦っていました。

もう一つは仕事の内容です。製造ラインだったのですが毎日10時間以上ほとんど同じ作業を繰り返します。当然立ちっぱなしです。

人と関わるのが嫌と言う人は気楽でいいと言いますが、同じことをひたすらやり続けるというのは実際やってみると頭がおかしくなりそうになります。

何故かと言うと変化がほぼないので時間の流れも非常に遅く感じます。自分の中では2時間ぐらい経ったつもりで時計を見ると30分しか経ってないなんて事はよくあります。これは私に限らず他の同じ作業している人も同じように言います。

ではどのようにして解決したかと言いますと、通勤時間に関しては近くに寮もないし近くのアパートへ引っ越すと結局近いと言う理由で出勤時間を早められたりするので、そのまま片道2時間を我慢して通っていました。

作業が単調で時間が経つのが遅く感じ頭がおかしくなりそうになる事に関しては、まず私が行ったのは多少きつくても上司に言って普段と違う仕事をやらせてもらうようにしました。

実際普段やらない慣れていない仕事は時間に追われてやることになるので、時間が経つのは速く感じます。

ただ結局そんなに長くその状態が続くわけもなく、私がいた職場の仕事の大半を覚えてしまい数ヵ月も経てばどの仕事をやっても退屈だと言う感情しか残らなくなりました。」

結果、こんな単調な日々でいいのかと言う感情がどんどん強くなり退社すると言う結論に至りました。逃げたと思う人もいたかもしれませんが、もうこれしかないと思ったので一ヶ月は悩みましたが決断しました。

現在仕事上の事で悩んでいる人に言いたいのは、確かに周りの目もありますし家庭がある人は家族の事も考えなければいけません。

ですがそこで無理をしすぎてしまうとよくニュースなどで見る過労死やうつ病と言った自分も周りも悲しむ結果になる可能性も高まります。

企業は学校とは違いちょっと顔色が悪いぐらいで心配して声をかけてくれる何て言うことはほぼありません。本人が無理をしてでも仕事をしていれば大丈夫だと判断してどんどん仕事を増やします。

これは私も経験談ですが本来4人でやる仕事が急に1人やめて3人でやることになりました。こちらは少しでも速く終わらせようと必死に仕事をやり4人の時と変わらない速度でやりきりました。

その結果会社が出した結論がじゃあ今後も人員削減のため3人でやろうと言う事でした。

なので私が本当に思っていて言いたいことは会社の道具ではないのだから、言われたから全てやるのではなく無理だと思ったこと理不尽だと思ったことに関しては主張すべきだと言うことです。

もしそれでクビだなどと言うような会社であればそれはもう退社も視野に入れるべきです。会社の為の人生ではなく自分の人生なので、倒れるぐらいであれば、辞めた直後は多少金銭的にきつくなるとしても辞めて別の仕事を探した方がいいです。

仕事がないと言われていますが探せばいくらでもあります。

その中から自分が本当にやりたいと思える仕事が見つかれば家族の方もそれを応援してくれるはずです。年齢関係なく今辛い方は是非参考にして頑張ってください。