私が携わっていた仕事は、銀行で利用する年金システムを開発するプロジェクトで、複数のIT企業の技術者が協力して作業を行うというものでした。

設計書の作成、プログラミング、テストを担当するチームには含め8人おり、300ページ程ある画面を半年かけての制作するという予定で、スケジュールが組まれました。私は出向社員という形でそのチームに参加しました。

チームリーダーが開発の手順を細かく決めてその指示通りの作業する事になったのですが、とにかく作業量が膨大で、単純な作業が多く、ミスがあった場合それを見つけるのにも多くの時間を必要としました。

作業開始初日からずっと残業が続き、休日出勤しないとスケジュール通りに作業を進める事ができず、とても辛いものでした。

私は作業を効率的にこなすために、ツールを制作し、作業の自動化をチームリーダーに提案しましたが、話を聞いてもらえず、指示された手順でやるよう言われるだけでした。

何度も自動化ツールの有用性を説明し、どうにか説得しようと試みましたが、自身が決めた作業手順を否定されるのが気に食わないと思われたらしく、毎日のようにパワハラまがいの罵倒や、雑務の押し付けをされるようになりました。

朝礼が終わった直後に大声で怒鳴りつけられたり、チームメンバー同士でのやりとりのためのちょっとした20文字程度のメモを書いた時も、私にだけきちんと報告書の形式で書けと命令し、文字のサイズや位置等についても細かく指示し少しでも違えば、大声で怒鳴られやり直しさせられました。

このチームリーダーとは所属する会社は違うのですが、私の会社の方からに、そのチームリーダーからやる気が無いなどと苦情があったとの連絡が来ました。

誰よりも一生懸命にやっているはずなのに、ツールによる作業の自動化が実現すれば、作業効率も大幅にアップしプロジェクト全体が上手くいくはずなのに、なぜ私がこんな扱いをされるのか、本当に辛く、仕事をやめたい、あるいは別の仕事に移りたいと思うようになりました。

その悩みを解決する最初のきっかけとなったのは、会社の方に苦情が来た事で、社長に呼び出され説明を求められた事でした。

私はそこで社長に現状の説明をして、ツールによる自動化で作業効率を大幅に向上できる事、そしてそのツールの作成にかかる日数や、私自身に作成の技術と知識がある事を説明し、どうにかチームリーダーを説得できないかと相談しました。

そして、社長の方からチームリーダーの会社の上司にその事を話してもらえる事になりました。そうしてやっとチームリーダーから作業の自動化のためにツール作成に許可が下りました。

設計書からプログラムを生成するツール、テストをするツール、この2つツールの作成には2週間程かかりましたが、今まで1画面を作るのに、平均6時間程かかっていた作業が30分程に、また3時間程かかっていたテストも1分でできるようになり、劇的に作業効率がアップしました。

こうやって結果を出した事で、チームリーダーからのパワハラまがいの行為もほとんど無くり、無事プロジェクトを完成させるに至りました。

仕事において上司に関する事で悩んでる方は大勢いらっしゃると思います。

それが同じ会社の上司でも別の会社の上司だとしても、より効率的名手法がある、こうすればもっとよくなる、そうは思っていても、それを理解してもらえなかったり、最初から聞いてもらえないような場合は、おそらくそれ以上の説得は逆効果になってしまいます。

そういう時はより上の人に相談す事を試してみてはいかがでしょうか。

但し、そのためには自分自身が十分な知識と技術を備えている必要があります。そして、必ず成功させ結果を出すことが重要です。結果さえ出せればきちんと理解してもらえますし、上司との関係もきっと良くなるはずです。