【営業職募集】とのハローワークでの求人を見て今の会社に応募し、採用されました。派遣会社なのですが、初めは人材コーディネーターの勉強から始めようと言われ、一緒に現場に入る事になりました。

契約社員の気持ちを知るには契約社員と同じ目線に立ってからだと2か月間は現場勤務と言われ、私も納得していました。

しかし、2か月を過ぎても営業への業務変更の話はありません。もちろん勤務も交代制のまま。現場勤務で人手が足りていない事は感じていましたが、私の給与は初めから交代制で入社した人とは違い、残業代も出なければ深夜の割り増しも発生しません。

納得がいかず、上司へ相談しましたが『そんなんじゃ人材コーディネーターなんてやっていけない、営業もできない』と言われました。

業務内容も就業条件も全て聞いていた話と違ったので私は本社の相談窓口に投稿しました。すると上司から呼び出され、『なんで分からないんだ、こんなに大変な時に身勝手だ』と言われました。

日勤で営業職として入社したのに、交代勤務で検査業務を任され、給与は営業見習いの手取り14万円。こんな条件で納得できるわけもない私は、現場の上司ではなく、採用してくれた上司へ退職したいと申し出ました。

私は上司へこの会社でやりたかったことを語り、騙されたという表現で話をしました。

そして翌日夜勤で出勤した際、現場上司から呼び出されました。上司としては現場の状況が分かればちゃんと話さなくても自然と納得してくれるだろうと甘えがあった事を話してくれました。

私は感情的な行動を取った事を謝罪しつつ、説明が無いことには納得しようがないことを伝えました。そして正式に、今月末までは交代勤務で働いてほしいと言われ、私は納得して仕事しました。

しかし、次の月からすぐにお昼への勤務変更というわけにもいかず、勤務変更になったのは結局3か月でしたが、その後はお昼の勤務時間帯で人材コーディネーターとして勤めました。

今は担当部署が変わりましたが、当時辞めなくてよかったと思います。

仕事の基本は報告・連絡・相談と言われていますが、その通りだと思います。おかしいと感じた時点で相談し、答えを出すのはしっかりと話し合った上でお互いの意見をぶつけ合ってからだと思います。

今辞めたいと思っている仕事があるという事は、いつかは『ここで働きたい』と思った仕事という事。まずはその気持ちを思い出して欲しいです。

私は、この会社に入って営業がしたいと思って入社しました。そして営業をするには退職しかないのかと相談をしました。しかし恐らく、採用する時にはすでに私は現場で数か月勤務することが水面下で決まっていたのでしょう。

この時私が感じたのは、上司からきちんと相談をして欲しかったという事です。私が断りそうに見えたのかも知れませんが。

こう言ったらこうなるんじゃないか、もしかしたらこう思われているんじゃないか、と探るよりお互いが単刀直入に聞きあうことが大事だと思います。

人材コーディネーターとして面談をしてきて、『なんで言わないの?』と聞くと、『こう思われそうで』『別に・・・』と向き合う事を避ける傾向にあります。『そんなのなかなか言えないですよ。』という人が多いのですが、『私には言えるのに?』と聞くと黙ります。

上司や同僚等、個々の関係性もあるのでしょうが、まずは仕事だと割り切りましょう。

全てを求め過ぎず、おかしいと思えばちゃんと伝える。上司だろうと部下であろうとこれは大事だと思います。上司に楯突いてボーナスが下がった人もいるので、なかなか言い出せないでいる方もおられるでしょうが、

目先の20万円より大事なものを得られるのではないでしょうか。仕事と割り切り、双方納得するまでしっかり話し合い、縺れるならとことん縺れましょう。

働くという事は無傷ではいられません。どうか逃げずに向き合いましょう。