学生生活が終わり新ソルとして就職をしていましたが、自分には向いていないと思うようになり数年で退社をしてしまいました。

その後アルバイトをしながら生活をしていましたが、将来の事を考えると今のままではいけないと考えるようになり、求人誌を見て自動車業界に飛び込む事になりました。

大手自動車車メーカーのディーラーで勤務をする事になりましたが、お客様に車を販売する営業のお仕事でした。店頭にお客様が来られますと車の特徴を紹介しながら、細部に至るまで機能等を紹介していました。

お客様のご予算も利きながらローンの説明もしなければいけませんし質問に答える知識も必要です。ですが仕事はそれだけではありません。

基本は営業の仕事なので外に出向き、個人家庭を回りながら車を売る営業の仕事が殆どでした。

企業に出向いて車を販売する事も多く、取引先の方と交渉をしながら、車の乗り越えの提案をしたり、
下取りを含めての新車の割引価格を提示して、より良い条件を上手く説明しながら取引を進めて行きました。

ですが、実際に販売をするとなると思ったようには上手く行かずに、簡単に車は売る事が出来ません。

私が勤めていたディーラーには高級車が多く、下は300万からありましたし、最高のクラスになりますと1千万の価格でした。こちらが上手く話を進めようとしても、相手側に車を買う意欲が無ければ購入頂けませんし、額が額なので気軽に購入して頂けないのです。

話の進め方によっては上手く購入をしていただく方向に持って行く事が出来たかもしれませんが、私にはそこまでの話術もありませんでしたし駆け引きも上手くありませんでした。

働いて給料を頂いているので、それなりの実績を上げないと会社も認めてくれませんし、出世する事も出来ません。所長クラスで月に多い時に30台は売り上げる方がいましたが、それ以下の部下の方でも平均8台は売っていました。

私の場合は多い時で7台、平均でも5台ぐらいしか売る事ができずに、業績の中でも下のクラスの部類に入っていました。

事務所の中には月間の販売台数を表すグラフがあるのですが、一台を売るたびにマジックで線を上に伸ばして行き、業績が人目で分かる表が備え付けられていました。

それを見ると一目瞭然で成績が分かり、個人の評価も大きく違って来ました。所長とお話をする度に、いつも怒られていましたし、一人だけ勤務後に残されて事情を聞かれた事もありました。

仕事なので怒られるのは当然ですが、いつも呼び出されるのが嫌でした。あと他にも仕事があるのですが、某、有名有料レッカーサービスの新規会員の仕事も行っており、車を購入して頂いたお客様に入会の勧めをする仕事もありました。

月にノルマが設定をされており、目標額に達成しないと厳しい言葉を言われてしまいますので、ノルマを達成する事を目標にしてがんばっていました。

達成する月もありましたが、後一つ届かずに目標をクリアできない時もあり、ノルマを消化できない時もありました。

会社的にも信頼度が低くなりますし、車の営業でも目標を達成できなかった事がありましたので、ノルマを達成するために、お客様に無料で入会をして頂きました。

詳しく言いますと、私がお金を出していたのです。

年会費を合わせますと6千円になるのですが、お客様に事情を説明をして私からの感謝の気持ちと伝え、自腹でお金を払っていました。

多い時で2万円近く私が出していましたし、同僚からは馬鹿な事をするなと言われましたが、当時の私は追い詰められており、この方法しか思いつきませんでした。

会社に行く度にこれだけ売ってきなさいと言われ続けていましたし毎日がとても憂鬱でした。

営業で外に出ると、外の方が気が楽でしたが、帰社する時間帯になりますと憂鬱になりました。結局、私には向いていないと感じるようになりましたし、まだ若かったのでやり直す機会があると思い、8年間働いたディーラーの仕事を辞めました。

辞めて別の職業に付きましたが営業の仕事をやって良かったと思う時があります。

毎日辛くて大変だったのですが、あの時の経験が後に生かされていると思うので、学んだ事は大きいと思います。

仕事を辞めようと考えたり、今辞めて本当に大丈夫なのかと悩み続け、時間だけが流れている人もいると思います。今の状態が将来的に続くのか、また改善できるのかどうかを見極めて行動するのが良いと思います。