私はホテルのメインキッチンで調理師として働いていました。調理業界はどこもそうでしょうが、私の職場も人不足でした。

毎日朝から夜遅くまで働き、(残業で言うと一番多いときだと100時間越え)仕事量が半端じゃなかったです。私の同期はすぐに辞めてしまい、愚痴を言える相手もいませんでした。

それでも最初は自分に出来ることを精一杯やろう!と、奮起し、自分を奮い立たせ毎日毎日頑張っていました。ですが、日に日に体力的にも精神的にもやられていき(その時は職場の人ともうまくいっていなくてそれもストレスになっていた)、辞めたい。と思うようになっていきました。

ホテル勤務という職業柄、定時に帰るということができないので、根本的な解決法というと、辞めることしかありません。

ですが、私のなかで入社たった半年で辞める、ということに大きな抵抗があり、どうしても辞めることができませんでした。

逃げていることになるんじゃないか、人間関係なんかでやめていたら次の職場でも同じことになるのではないか、残業が辛いけど本当はこの会社だけでなく、他の会社も同じくらい残業しているのではないか。。。

いろいろなことを考えました。辞めたい。と思ってはいても、なかなか行動に移すことができず、ただひたすら働いていました。気力もやる気もわかず、なのに働かなければならない。本当につらい毎日でした。

結果からいうと、社員を辞めました。私の辞めたい理由の大部分は拘束時間が長いことと、仕事量の問題だったので根本的な解決法としては、仕事を辞めることしかなかったのです。

一年間と少し社員として働き、今は次の仕事を探しながら、同じ職場でアルバイトとして働いている状況です。アルバイトだと決まった時間に帰ることができるし、責任感という面でもかなり負担は減りました。

対人関係に関しての問題は、逆にわたしから苦手な人、嫌いな人に積極的に歩み寄るようにしました。

「他人は鏡」とはよく言ったもので、こちらの対応で相手も変わるということを強く実感しました。 あとは、自分のできることは自分のできる範囲で誠心誠意一生懸命やったら、あとは周りの人のことは考えないようにしました。

自分のやるべきことはしっかりやった。あとはどう思うかは他の人の勝手。そう思うようにしました。世の中、なにをしたってどうしたって人のことを悪く言う人はいます。

そんな人に精神をいちいち裂かれていたら時間が勿体無いし、こちらが損です。いちいちそんな人たちに自分を乱されなくて良いのです。そういった考え方が出来るようになるだけで少しは生きやすくなると思います。

新入社員の皆さん。私は結局社員は辞めましたが、これだけは言わせて下さい。絶対に一年は続けた方がいいと思います。

どんなに毎日が辛くても、ストレスでトイレで吐いても、通勤中腹痛や吐き気がしても、一年は続けましょう。上の例は全部わたしの話で、少し精神薬に頼ったくらい満身創痍でやってきましたが、あのときやめなくて良かったと思います。

やっぱり、一年続けた、続けられたってことは何にもかけがたい自信になります。人生のなかで無駄なことは何一つありません。

あなたがいまどのような理由で辞めたいのかはわかりませんが、その理由にどう対処していけばいいのか自分なりに考えて、いろいろやってみればいいと思います。一年やってみて、やっぱり無理だって思ったらやめればいい。

すぐやめていい。その時は一年も耐えた自分をしっかり誉めてあげてください。もう一度言います、人生で無駄なことなんてひとつもないんです。頑張りすぎずに、なんとか日々を過ごして行きましょう。

念のため言っておきますが、精神疾患や、自殺を考えるまでになるほどは絶対に我慢しないでくださいね。辞めるにも、続けるにも、自分の後悔しない選択をしてください。応援しています。