私はとあるメーカーの法人営業として働いていました。私は、学生時代に法人営業として活躍したいと思っていたので、一生懸命就職活動をしました。その結果、法人営業として働くことができるようになりました。

私は法人営業として一年目は、上司についていろいろな法人に行ってから、営業をしていました。その時にはひとりではなくて、上司がいてくれたので、とても心強くて、私はわからないことがあったらすぐに聞いていました。

上司はわからないことがあったら、その場で聞いていいよと言ってくれていたので、とても心強くて、仕事をしていても成長を感じることができました。

それから、私は、二年目になってから上司から離れて一人で法人営業をするようになりました。法人営業を一人でするようになったということで、上司はノルマは気にしなくていいから、全力で営業して来いと言ってくれました。

なので、私はノルマを気にすることなく、全力で仕事に取り組んでいました。私は営業成績は最後のほうだったのですが、上司はこれから頑張っていけばいいといつも私を励ましてくれました。そのように二年目は上司から離れて、仕事をしました。

ですが、三年目になってから、ノルマを絶対達成するようにと上司から言われるようになりました。私はそれまでノルマを達成できていなかったので、自信がありませんでした。

案の定、全くうまく行かなかったので、私は落ち込みました。そして上司は今まで優しかったのですが、三年目になってから急にきつくなりました。ノルマを達成できていない私は上司から叱責されるようになり、とても辛く辞めたいと思うようになりました。

私はもしかしたら、法人営業に向いていないのではないかと思うようになりました。私は、この悩みを解決するために一から学び直すことにしました。

まず、自分の会社の商品の特徴を本当に理解できていないから営業成績がついてきていないのではないかと考えました。そこで、毎日寝る時間を惜しんで、自分の会社の商品のことを学んでいきました。

そのように努力をしていくことで、今まで以上に上手に自分の会社の商品を説明できるようになりました。私は自分の会社の商品について今まであまり知らなかったということを思い知らされました。

しかしそのおかげで、私は自分に足りないものをはっきりさせることができました。私は、それから法人営業としてわかりやすく説明していくことで、営業成績がよくなっていきました。そしてノルマを達成することもできました。

ノルマを達成できるようになってから、同僚から褒められたり、上司から評価されるようになりました。私はそれがとてもうれしくて、辛いような状況でも努力さえすれば、何とかなるものだと思いました。

現在、仕事で悩んでいる人はいると思います。仕事で、悩む時間というのは必要であると私は考えています。私は、仕事と真剣に向き合っているからこそ、仕事に対しての悩みを持つのだと思います。

なので、そのような真剣に仕事に向き合う気持ちをこれからも忘れずに、働いていくことは重要です。それから、仕事で辛いと思うのであれば、今の状況を打破するために具体的にどうしていけばいいのかということをはっきりさせていきましょう。

それがはっきりしていけば、あなたは正しい努力をしていけば、確実に成長していけると思います。だから、辛い期間を乗り越えるとそのあとには、素晴らしい状況が待っているとポジティブに考えるようにしましょう。

そのようにポジティブに考えることができるのであれば、仕事が辛いと思った時でも、何とか乗り越えられるような精神力がついていくと思います。