3ef766923fd2c87d679fe542f76a62ce_s

せっかく就職活動を頑張って入社した会社を、新卒で辞めてしまう人もいますよね。

あなたも新卒で会社を退社してしまった時、その後の就職に不安を感じていると思います。

私も新卒で入社した会社を半年で退社したので、何の為に就職活動を頑張ったのかと落ち込んでいました。

そこで新卒で辞めた人のその後の進路の主なパターン3つを、私の経験を踏まえてお伝えしたいと思います。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、MIIDASを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

転職=市場価値です。辞めて転職できるかを決めるのはあくまでも市場ですから、自分の市場価値を知ることは極めて重要ですよ。

診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べて今後の参考にしましょう。

(診断時間は約5分です)

①長期的にしっかり働ける会社へ再就職する

新卒で入社した会社を退社してしまっても、それほど落ち込むことはありません。

社会人1年目のあなたにとっても初めて入社した会社ですし、その会社があなたに合っている会社かどうかも判断することができませんよね。

社会人になったばかりなので、右も左も分からない状態で希望の会社に入社しても、思っていたのと違うと感じることも多々あると思います。

私も学生時代に就職活動をしていた時、入社説明会でとても親切な対応と分かりやすい説明をしてくれた会社があり、すぐにその会社に決めて就活を頑張りました。

頑張って入社した会社でしたが、1週間で辞めたいと思っていました。

仕事内容も思い描いていたのとは違いましたし、職場の雰囲気にも慣れなかったので、嫌々ながら半年ほど働いて結局は辞めたのです。

あなたも新卒で入社した会社を退社する時は、相当悩んだと思います。

そして次の会社へ就職する時は、出来るだけ長く働けそうな会社を慎重に選ぶようになります。

私も次こそはという気持ちで慎重に会社を選びました。

初めての会社選びの時には気にしなかった休日、給料、手当、社内の雰囲気など、仕事内容以外にも多くの項目を慎重に見るようにしました。

新卒で辞めてしまった人は、次こそは自分にあった会社を選ぼうと、より慎重になって会社選びをするようです。

若いうちは行動力もひとつの武器になるので、若さと行動力で自分に合った会社を選ぼうと頑張っているようです。

②ブラック企業でも働ける会社へ就職する

新卒で辞めてしまった人の中には、希望に満ちていた学生時代とは違い、現実はこんなものだと妥協する人もいるようです。

初めて働いた会社が思っていた会社と違った場合、現実の社会の厳しさを味わった人が多いようです。

あなたも社会人になるとこんなに大変なんだと実感したことがあるかもしれません。

私も現実の厳しさを体感したので、次に選ぶ会社を慎重に選ぼうとしました。

しかし探した会社に入社したくても、採用されなければ働けません。

生活費を稼がなければならないので、だんだんと働ける会社があればいいと妥協していきます。

あなたもいろいろ会社に応募して採用されない日々が続くと、自分に自信が無くなり採用されればどこでもいいと考えてしまうかもしれません。

生活費の事を考えると、いわゆるブラック企業でも働かなければならないほど、精神的に追い込まれてしまうのかもしれません。

そして多くの人はそういった会社に入社し、長時間労働でも他で働く会社が無いので我慢して働くようになります。

私もいわゆるブラック企業で働いたことがありますが、給料はもらえますが結局は会社を常に辞めたいと思いながら働いているので、転職を繰り返すようになります。

若いうちは転職することもできますが、年齢を重ねるごとに転職も難しくなるので、できるだけ長期で働ける会社に入社することをおすすめしたいです。

③フリーターになる

新卒で入社した会社を辞めてしまう理由は人それぞれです。

仕事内容や人間関係などがありますが、給料の安さで辞めてしまう人もいます。

あなたも入社した会社でもらった給料をみて、これだけ頑張ったのにこれしかもらえないのと思ったことでしょう。

新卒だけでなく若いうちは給料が安いので、遊びたくても生活費で消えてしまうので虚しさを覚える人も多いようです。

そして給料の安さが理由で辞めてしまった人は、フリーターとしてアルバイトで生計を立てようと考える人もいます。

求人を見ると時給も高いですし、新卒では16万円程度だった給料が、アルバイトで頑張れば20万円以上貰うこともできます。

私もアルバイトをしましたが、朝と夜でがっちり働いてアルバイトで40万円以上貰っていたこともあります。

その時は就職するよりも、アルバイトの方が断然良いと思っていました。

あなたも生活の事を考えると、アルバイトの給料に魅力を感じると思います。

私は当時毎月の給料が多くもらえたので、アルバイトに魅力を感じていました。

新卒で辞めた人も再就職を目指す人もいれば、アルバイトに魅力を感じて働く人も多いようです。

最後に

新卒で辞めた人のその後の進路を3つ紹介しましたがいかがでしたか?

初めて就職したので、その会社が本当に自分に合っているか、その仕事が本当に自分に向いているのかも分からない状態です。

社会人になって経験を積むことで、いろいろと判断することができるようになります。

新卒で辞めたからといって、就職に不利になるということはありません。

中途採用という枠という全員同じ土俵に立つだけです。

あなたは新卒で入社した会社を辞めたとしても、自分がやりたい道にする進むために努力してください。

私は早くに社会の厳しさを知りましたが、若いうちにもっと頑張って行動すれば良かったと後悔しています。

新卒で辞めた後の進路のパターンはいくつかありますが、どれもその人にとって正解の道です。

自分の人生なので自分で決めた道を進んで頑張ってください。