19fa6e1892001e5ec46584c28d05d36c_s

「自分は仕事ができない。だから今の会社を辞めたい」と思い、悩んでいらっしゃる新卒のあなたへ、3つのことをお伝えしたいと思います。

実は私も新卒で入社した会社を、あなたと同じ理由で辞めたいと思った経験があるんですよ。

その時は、ずいぶん悩みましたから、今のあなたの辛い気持ちは、自分のこととして理解できるつもりです。

もしよろしかったら、私の話におつきあいくださいね。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、MIIDASを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

転職=市場価値です。辞めて転職できるかを決めるのはあくまでも市場ですから、自分の市場価値を知ることは極めて重要ですよ。

診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べて今後の参考にしましょう。

(診断時間は約5分です)

①「伸びしろがある」と自覚する

今のあなたも、かつての私も「仕事ができない」という悩みを抱えているわけですが、同じような状況にあっても、そうした悩みを持たない人もいますよね。

「自分は仕事ができない」という自覚がない人や、自覚があっても「別にクビになるわけでもないんだから。これでいいや」と考える人がそれです。

そうした人は、「仕事ができない現状」を変えようという意志は持ちません。だから悩みようがないわけです。

でも、あなたは違いますよね。

私もそうでしたが、「仕事のできない自分」を自覚し、「なんとかしたいけど、どうしたらいいかわからない」と悩み、その結果、「辞めたい」と考えているわけです。

それはつまり、「仕事ができるようになりたい」という気持ちが、人一倍強い証拠ではないでしょうか。

向上心は持ちながらも、経験がないために、どうしていいのか分からないで悩んでいるんだと思うんですよね。

「別にこれでいいや」と、現状に甘んじる人が、仕事で成長するのは難しいでしょう。

けれど、「このままではいけない」という厳しい目で自分を見ることのできるあなたは、仕事で成長することがじゅうぶん可能ということです。

仕事のことで悩んでいない新卒よりも、深く悩み辞職まで考えているあなたの方が、「伸びしろ」はずっと大きいということなんですよ。

つまり、「今の悩みをバネにして、人よりも大きく仕事で成長することが可能だ」ということを、ぜひ自覚してほしいんです。

②「仕事で成長している自分」を自覚する

もう一つ、自覚してほしいことがあります。それは、「あなたは現段階で、すでに仕事で成長できている」ということなんですよ。

こう言うと、「そんなことはない。自分はぜんせん成長できていなくて、いつまでたっても仕事ができないから悩んでいるんだ」と思われるかもしれませんね。

けれど、それは、あなたの自己評価が厳しすぎるから、そう感じているだけなのかもしれません。

今の会社に就職して、今の職場で働き始めたことの自分を思い出してみましょう。まさに「右も左もわからない」という状態だったに違いありません。

上司や先輩から、仕事についてのレクチャーを受けても、仕事の内容が頭にはっきり入ってこなかったのではないでしょうか。

なにしろ、初めて経験する仕事なのですから、内容も進め方も、ピンと来ないのは当たりまえですよね。

さて、では、今のあなたはどういう状態でしょうか。当時とまったく同じ、「ちんぷんかんぷん状態」ということはないでしょう。

仕事の内容ややり方はある程度わかっていて(あるいは十分に理解できていて)、けれど、他の人のように効率よくできなかったり、思うような成果を得られないために、「自分は仕事ができない」と判断しているんだと思います。

あるいは、ミスばかりするために、そういう自己評価をするケースもあるでしょう。

いずれにしても、今の職場で仕事を始めたころのように、仕事自体をまったく把握できていないということはありませんよね。

自分の仕事や役割は把握できているということは、「あのころ」のことを考えると、大成長と言っていいと思いますよ。

人間はどうしても人と自分を比べて、劣等感を持ってしまうもの。

しかし、あなたが自分と比べるべきなのは、「昨日の自分」なんですよ。昨日と比べて、1mmでも進歩していれば、それは「成長」と言えるんです。

「昨日のあなた」と「今のあなた」では、間違いなく「今のあなた」の方が成長しています。まして、「あのころ」と比べれば、大成長できているにちがいありません。

その自覚を、ぜひ持ってくださいね。

③上司や先輩に今の悩みを打ち明ける

そうはいっても、新卒で経験が少ない段階で、自分一人で今の悩みを抱え込んでしまうのは、少々荷が重いものですよね。

そこでおすすめしたいのは、誰かに相談することです。

社外の友人や先輩などでもいいですが、あなたの仕事の事や、職場の環境などがわからないでしょうから、あまり有効なアドバイスは貰えないかもしれません。

ですから、あなたの仕事のことをよく知っている人に相談したほうがいいでしょう。

ベストなのは、直属の上司。「上司には話しにくい」と言うなら、職場内で話しやすいと思う先輩でもいいでしょう。

ポイントは、「悩みのポイントを明確にする」ということです。

ただ「仕事ができないので悩んでいる」と打ち明けても、相手はアドバイスのしようがありませんよね。

ですから、「仕事の覚えが悪い」とか「要領が悪い」「作業が遅い」「ミスが多い」など、どういう点で悩んでいるのか、明確にした上で、悩み相談をしましょう。

上司や先輩には、新卒のあなたに仕事を教え、覚えさせるという任務があるのですから、遠慮する必要はありません。

「こういうことで悩んでるんです」と、率直に悩みをぶつけましょう。人に話をするだけでも、気持ちは軽くなるものですよ。

最後に

仕事ができないという理由で、仕事を辞めたいと思っているあなたに、経験者の一人として、お話しさせていただきました。

仕事を辞めるのは簡単です。しかし、そのあとのことを考えれば、簡単に辞職してしまうのは、賢明なやり方とは思えません。

少しだけ立ち止まって、自分のことを見つめ直してみてはいかがでしょうか。

自分に厳しく、生真面目なあなたなら、今の仕事で成長することが十分可能だと思いますよ。