3bbb165823edfd9a8e6c3d26b334c836_s

「仕事を辞めます」と上司になかなか言えないときってありますよね。

仕事を辞めるということはもちろんあなた自身にも大きな影響を与える出来事になりますが、もちろん働いていた会社にも少なからず打撃を与えてしまうことになります。

またあなたが重要なポジションについていたりすればもちろん辞めることはとても言いにくいでしょうし、会社が人手不足だったりすればなおさら言いにくい状況になってしまうでしょう。

いろいろな理由があるにしろ仕事を辞めることを上司に伝えるのはなかなか勇気のいることです。

実際に私もあなたと同じ状況がありました。私の場合は新卒で入社して約半年で仕事をやめたいとずっと思っており、上司に伝えなければならないという状況でした。

私がとても気にしていたのはもちろん新卒で入社して約半年しか経っていないのに辞めることができるのかどうかということでしたし、お世話になった上司に辞めることを伝えるのも本当に苦痛でなかなか言い出せなかったという経験があります。

もし辞めたいと言ってしまえば上司や会社側との関係も最悪なものに絶対なってしまう、とも考えました。

なので、あなたが上司になかなか辞めたいことを言えず辛い状況にあるお気持ちはとてもよくわかります。

そこで今回はそんなあなたのために、私がどうやってその状況を打破したかという私の経験も元にして、仕事を辞めるということをなかなか上司に言えないとき、どうすればいいのかアドバイスを大きく三つに分けてしたいと思います。

少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。ぜひ参考にしてみてください。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、MIIDASを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

転職=市場価値です。辞めて転職できるかを決めるのはあくまでも市場ですから、自分の市場価値を知ることは極めて重要ですよ。

診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べて今後の参考にしましょう。

(診断時間は約5分です)

①まずは周囲の話しやすい社員に伝える

まずは仕事を辞めたい旨を上司に直接伝えるということよりも周囲の社員、例えば仲の良い同期や話しやすい上司に話すことから始めてみましょう。

いきなりあなたが辞めることを伝えなければならない上司に伝えるのはやはり勇気がいりますし、何から話せばいいのかわからないときもあるでしょう。

まずは練習のつもりも含めて周囲の信頼できる社員に伝えてみましょう。

話を聞いてもらうだけでも心がすっきりしますし、この勢いで上司に伝えてみようと勇気も出てくるかと思います。

信頼できる上司に伝えてやんわりと伝えてもらうということも一つの方法かもしれません。

人伝てになってしまいますがその方があなたも上司も心の準備ができて話しやすいかもしれません。

私も仲の良い上司に言いにくい旨の相談をしたらそのことを伝えるべき上司に伝えてくれて話すきっかけを作ってくれました。

まずは誰かに聞いてもらうことが上司に話せるきっかけになるかもしれません。

②将来についてしっかりと考える

上司に言いづらいことの理由としてちゃんと辞める理由などが言えるかなどしっかりと意見を述べることができるかどうかとても不安になってしまうということがあるかもしれません。

辞める理由はあるかもしれませんがよく見落としがちなのが辞めた後、将来についてです。

私も辞めることを上司に告げたとき、辞めてからどうするんだと色々と聞かれてあたふたした記憶があります。

なので辞める理由はもちろん必要ですがあなたが辞めた後、どのような道を進みたいかまでを考えてみましょう。

伝えるのが不安なのはあなたの頭の中が色々とモヤっとしているからかもしれません。

紙などに書き出してどうしていきたいかを上司にしっかりと伝えられるように頭を整理してみましょう。

将来までを考えていたら上司も応援してくれるかもしれません。

とりあえず辞める理由を述べるだけではやはりやめたいという気持ちが伝わりにくく、あなたも伝えずらいかと思うので将来についてまでをしっかりと伝えられるようにしましょう。

③まずは行動をしてみる

最後にやはりどうしても上司に辞めることを言いづらいときは行動を先に取ることから始めてみるということをアドバイスしたいと思います。

行動をするということはつまり転職活動をするということになります。

転職活動をする前に少し仕事から解放されたいと思う場合は、②にあるように次にどんな仕事に就きたいかを考えて転職サイトに登録をするだけでも構いません。

何かしら次への準備をすることで気持ちもだんだん前向きになっていきますし、上司に言いづらいなと考えること自体が少しばかばかしくなっていきます。

できるのであれば面接に挑戦してみたり、企業の説明会などにも参加してみましょう。

将来に向けて準備をしだすと早く上司に言わなければならないと軽く焦るも感じると思いますし、言わなければならない状況に自分を持っていくこともできると思います。

しかしやってはいけないのが転職先が決まってしまっても上司に伝えないということです。

今の会社にも迷惑をかけてしまいますし、転職先にも迷惑になってしまいます。

行動を取り始めたら自分をできるだけ追い込んで上司に伝えざるを得ない状況を作り出しましょう。

最後に

いかがでしたか?

辞めることを伝えるのはなかなか難しいです。しかしあなたに人生はあなたが決めることです。

勇気を振り絞って上司に思いを伝えましょう。