778f98e06a8804694c8446bd8f26e0b0_s

仕事を辞める時の手続きとして、「まず、直属の上司に辞めたいという意志を伝える」ということはわかっていても、どんなふうに伝えたらいいのか、どんな話し方をしたらいいのかは、よくわかりませんよね。

「何度も仕事を辞めているから、上司への話し方もわかっている」という人は珍しいでしょう。

特に気になるのが「どんな話し方をするのが、『やってはいけないパターン』なんだろう」ということではないでしょうか。

実は、私も前職で仕事を辞めたいと思ったときに、上司にどう伝えたらいいのか、どんな言い方がNGなのか、あなたと同じように悩んだ経験があるんですよ。

その時の経験を踏まえて、今、お悩みのあなたに3つのことをお伝えしたいと思います。

これはつまり、私なりの「仕事を辞める時に上司に話す場合、やめたほうがいい3つの言い方のパターン」です。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、MIIDASを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

転職=市場価値です。辞めて転職できるかを決めるのはあくまでも市場ですから、自分の市場価値を知ることは極めて重要ですよ。

診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べて今後の参考にしましょう。

(診断時間は約5分です)

①「相談」という形を取ってしまい、辞意の強い気持ちを伝えられない

上司に「仕事を辞めたい」という意志を伝える際に、最もやってはいけないのは、「辞意をキッパリと伝えられず、相談という形で話をしてしまう」というパターンではないでしょうか。

これは特に責任感が強かったり、上司との関係が良好だったり、人を傷つけたくないと考えたり、遠慮がちな性格の人に多いのですが、上司に仕事を辞めたいという気持ちを伝える時に、「相談」という形を取るケースが少なくありません。

「いきなり『辞めます』と伝えるのは、上司に悪い」とか、「直接的な話し方をするのは気が引ける」というような意識があると、キッパリ辞職の意志を伝えることを避けるようになってしまうんですよね。

そして、上司に「折り入ってお話があります」というように話を持ちかけ、上司と二人での会談になった際に、「今、私は仕事に関してこんな悩みを抱えています」という話をするのです。

これは「仕事のお悩み相談」であって、「辞意の表明」ではまったくありませんよね。

自分には「辞めたい」という気持ちがあるのに、上司には「お悩み相談」としか伝わらないパターンです。

上司は、自分の管理するセクション内での退職者を出すことを極度に嫌うものですから、たとえあなたが「辞めたい」というニュアンスで話をし、上司がそれを感じたとしても、とにかく辞めさせないように、さまざまな手段を講じることでしょう。

あなたがたとえば、「仕事が覚えられない」という悩み相談をすれば「時間をかければきっと覚えられる」と答えるでしょうし、「職場になじめない」と言えば「時間が解決する」と答えるに違いありません。

「仕事が合わない」と言えば、「社内での異動の可能性もある」と説得されてしまいます。

ですから、「相談」という形を取って上司に話をするのはNGなんですよね。

②不平不満をダイレクトにぶつけてケンカ腰になる

つまり、「辞めます」という意志をダイレクトに、はっきり上司に伝える必要があるわけですが、そうはいっても「上司に対して言いたいことをぶちまける」というのは、あなたにとってプラスになりません。

上司に辞職の意志を伝えたからと言って、すぐに仕事を辞めることはできません。

必要な手続きもいろいろありますし、後任者への仕事の引き継ぎの必要もあるでしょう。

辞職の表明から、実際に今の職場を去るまで、それなりの時間がかかるわけですよね。

その間、上司と良くない関係になってしまうと、あなた自身が職場に居づらくなってしまいますから、これはあなたのためにならないんですよ。

ですから、たとえば、上司の人間性や能力に問題があって、上司との人間関係が原因で仕事を辞める場合でも、たまりにたまった上司への不平不満を上司に直接ぶつけるのは、賢明なやり方とは言えないでしょう。

あるいは、会社のやり方や社風に不満がある場合でも同様です。

上司は「会社側の人間」ですよね。その人に会社の不満をぶつけても、上司からは会社を擁護するような答え、反応しか返って来ません。いずれにしても、あなたにとって、なんのプラスもないんですよ。

③人間関係の悩みや問題を、退職理由にする

退職したいと上司に伝える際、100%、「辞める理由」を説明する必要があります。

先ほど紹介したように、上司に対して「あなたがその原因だ」と話したり、会社に対する不満を退職理由にするのは避けなければなりませんが、もう一つ、避けたほうが賢明な理由が、「職場の人間関係」です。

というのも、現在の職場の人間関係に問題があって、退職したいと上司に伝えれば、かなり高い確率で引き止めにあってしまうからなんですよね。

おそらく上司は、あなたが問題を抱えている人間関係について、細かくヒヤリングし、その対象となる特定人物にも話を聞こうとするでしょう。

そして、なんとかその人とあなたの関係改善を模索するにちがいありません。

「職場のすべての人間関係が原因」という場合でも、上司は社内異動の可能性を考えるでしょう。

つまり、人間関係が原因で仕事を辞めたいと伝えると、かなり高い確率で「引き止め」にあってしまうんですよね。

ですから、辞めたい理由を「職場の人間関係」にするのは、たとえそれが真実でも、上手なやり方とは言えません。

最後に

あなたと同じ悩みを経験した私から、上司に仕事を辞めることを伝える際に、やらない方がいいと思うことを3点、お話しさせていただきました。

ポイントは「できるだけスムースに上司に辞意を伝え、上司から引き止めをされることなく円満退社できる」ということです。

私の場合は、それでうまく行きました。参考になさってくださるとうれしいですね。