ed36849b27d876503e7acbdba9729bd7_s

仕事をしていれば誰でも仕事を辞めたいと思うときはありますよね。

その上、一度仕事を辞めたいと思い始めるとそのことが頭から離れず仕事に対するモチベーションも落ちてしまったりするものです。

そうなるとどんどん悪循環に陥ってしまうこともありますよね。

私も仕事をしていて辞めたいと思った時期は何度もありました。

当時を振り返ると時期によって私が仕事を辞めたいと思った理由が違っていたように思えます。

ですが、理由が何であれ、仕事を辞めたいと思いながら仕事を続けることはかなり辛いことであることは確かです。

ですから、あなたが仕事を辞めたいと感じてどうしたらいいのか困っているという状態は過去の自分と似ているようにも感じます。

そこで、私の経験をもとに仕事を辞めたいと思ったときにやってみるといいことを紹介していきます。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、MIIDASを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

転職=市場価値です。辞めて転職できるかを決めるのはあくまでも市場ですから、自分の市場価値を知ることは極めて重要ですよ。

診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べて今後の参考にしましょう。

(診断時間は約5分です)

①とりあえず必死で目の前の仕事をこなしてみる

私が仕事を辞めたいと思ったのは新卒で会社に入社したてのころでした。

当時は、自分が会社の役に立っているわけでもなく、わからないことだらけでした。

中小企業ということもあって、満足に新人教育がされずとにかく「やって覚えろ」という状況の中に飛び込んでいたのです。

何もできないのに仕事をしなければならない、というプレッシャーもあってどんどんストレスがたまっていきました。

わからないことは聞けばいいのですが、忙しそうにしている職場の先輩を見るとどうしてもわからないことを聞くことさえ悪いことのような気がして萎縮していました。

こんなことならこの会社に入社しなければよかった、とさえ思っていたんです。

本気で会社を辞めたい、と思いながらも今辞めてしまうと、収入がゼロになり生活していけない、という現実から会社を辞めることもできず自宅と会社の往復の毎日でした。

ですが、出勤すれば嫌でも仕事はどんどんやってくるんです。目の前に降って沸いてくる仕事をひたすら必死にこなす毎日が続きました。

そしてその状況が半年くらい続いた頃でしょうか、いつかははっきりしないのですが、自分が会社を辞めたいと思っていたことを忘れていたのです。

その頃には一通りの仕事が自分でできるようになっていて先輩社員に仕事を聞くということも減っていたんです。

今思えば、自分が役に立たないということに直面して会社を辞めたいと思っていたのかもしれません。

ですから、目の前にある仕事を必死にさばいていくことで仕事を辞めたい、という気持ちも忘れることができます。

また、能力不足のために仕事を辞めたいと思っている場合にはその状況は時間によって解決することもあります。

とにかく、仕事を必死にやってみてはどうでしょう。

②仕事を続けて得られるメリット・デメリットを書き出してみる

仕事を辞めたいと思い始めてどうしようもないのなら、まずはこのまま仕事を続けて得られるメリット・デメリットを紙に書き出してみるのもいいかもしれません。

かならず、メリットとデメリットを書き出すのがポイントです。

仕事を続けていて得られるもの、給料、安定、何かしらメリットはあるはずです。

そうして書き出した事柄を見ながら自分の仕事に対して真剣に考えてみてください。

メリットしかない仕事などまずないと思ったほうがいいです。

仕事をする上ではかならずその仕事にはメリットとデメリットがあります。

自分ではその仕事のメリット気付かずにデメリットばかりが気になっているから仕事を辞めたいと思っているのかもしれません。

実際に、一度仕事を辞めたいと思ってしまうと、頭からそのことが離れずどうしても仕事に対するモチベーションも低くなってしまうものです。

モチベーションが低いまま仕事をしているとどうしても仕事の質が落ちてしまったりします。

仕事の質が落ちるとミスが起こったり、上司から指摘されたり、悪いことばかりがおこるものです。

そして、悪循環に陥ってしまいます。自分の中に一度芽生えた「仕事を辞めたい」という気持ちを取り払うことは簡単なことではありません。

ですが、メリットとデメリットを紙に実際に書き出して冷静に仕事に対して考えてみることで、自分がデメリットの部分ばかり意識して仕事をしていたということに気付くこともあります。

是非、試してみてはいかがでしょうか。

③精神的に限界なら、辞めるという選択を真剣に考える

前述した2つのことを実行して、それでもどうしようもないくらい仕事を辞めたいと思っている、極限状態で精神的に追い詰められている、というのなら本気で仕事を辞めるということも考えてもいいはずです。

自分の健康を害してまで仕事をする必要はありません。

とはいうものの、将来のことを考えると不安にもなりますよね。

とにかく、自分の健康を優先して考えることも重要です。

ただ、仕事を辞めるということは収入がなくなるということでもあります。

今後の生活に悪影響を与えないように転職活動をしてみるなり、仕事を辞める前に、一度会社に所属したままで自分の健康維持のためしばらく休暇をとってみることもいいのではないでしょうか。

自分がいないと会社が困る、ということはないでしょう。

もちろん、同じ職場の人にその分負担がかかることもあります。

ですが、あなたがしばらく休んだとしても会社がつぶれることはありません。

自分のことを優先的に考えて今後の決断をすることも重要です。

最後に

仕事を辞めたいと思うことはあるものです。

あなただけが思っていることではありません。

あなたが仕事を辞めたいけれども迷っている、どうしたらいいのかわからない、というのであれば、ここで紹介した3つのことを試してみてもいいのではないでしょうか。

もしかしたら、状況を改善することができるかもしれません。