6cd12d7cc1478adf199ac023ace16ed7_s

夜の仕事を辞めたいということですね。そのように思っている人は、たくさんいると感じます。

夜の仕事というのは、昼間の仕事と違って体が心配になりますね。体のバイオリズムが狂うこともあるので、体調が悪くなることがあります。

そして一番思うところは、なんといっても印象が悪く感じられるということです。

仕事が仕事として、一生懸命行っているので、それなりにプライドをもっていることに誇りをもってしているのです。

しかし一般的には、夜の仕事と言うと、少し違った印象を持つ人も多く、そのことに誇りを持つことができなくなることもありますね。

私の場合も、夜の仕事をしていたことがありました。その時、体調が悪くなりやめてしまったのです。そのため、あなたが辞めたいという気持ちがよくわかります。

私が夜の仕事をやめた時のことについて、どのような気持ちや行動を取ればいいのか、感じたことがありました。

そのことについて、参考にして頂ければと思います。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、MIIDASを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

転職=市場価値です。辞めて転職できるかを決めるのはあくまでも市場ですから、自分の市場価値を知ることは極めて重要ですよ。

診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べて今後の参考にしましょう。

(診断時間は約5分です)

①昼の仕事も辛いということを認識しておく

仕事を辞めたいと思った時、そのまま働かないわけにはいけません。

その時、昼の仕事だったら夜よりもマシと感じることが多いと思います。その点で、少し自分の考えと実際ではズレがあるのです。

実際はそんなに甘くないということです。昼の仕事は朝が早く、とても辛いです。

また残業や職場への移動時間も長くて疲れてしまいます。そのことをきちんと理解しておくようにしましょう。

②夜の仕事で嫌な面をもう一度考え直す

夜の仕事で自分が、ここが嫌だったということを、もう一度考えて見ることです。

それは、昼の仕事ではないことだと感じますか?違うこともあるはずです。

それは、昼の仕事に転職をしたとしても、起きるうる可能性があるということです。

そのため、なぜ辞めたいのかしっかり考えておくことです。

また、昼の仕事に転職をするとき、その理由が明確でないと、次の仕事でも長く続けることができないこともあります。

そうなっては、辞めてしまって後悔をすることになるのです。

そのようなことがないように、気持ちの整理をしてやめるようにしましゅう。

③昼の仕事でどんなことがしたいのか具体的に考えておく

夜の仕事をやめてしまっても、次の仕事のことについて考えていなかったら、たちまち困ってしまいます。

そのため、次はこんな仕事をしたいと具体的に決めておきます。すると、そのことについて目標を持つことができますね。

もしも時間があれば、友人などに相談をすることをおすすめします。

あなたのことを冷静にみて、どんな仕事が向いているのか等、相談に乗ってもらうことが出来るかも知れないからです。すると、とても心強いですね。

最後に

夜の仕事を辞めたいと思ったとき、漠然とした気持ちであると、後で後悔をすることになります。

そのため、しっかりと目標を立てることが大事です。

小さいことでもいいので、目標を立てることで、具体的なことを決めることができます。

そして最初は、自分が出来そうなことから始めましょう。無理をすると、ストレスを大きくためてしまうことになるからです。

そのため、気持ちをコントロールしながら仕事を続けて行くことが大事です。

夜の仕事は、自分も辛いし、家族にとっても心配が大きいです。そのため、辞めることを決断する人も多いです。

しかし夜の仕事はお給料がいいし、夜なのであまり人に合わないというメリットもあります。

慣れてしまえば、昼間の仕事よりも疲れにくいということもあるのです。そのことも頭においておくようにします。

メリット、デメリットを考えて、判断するようにしてくださいね。

あなたがどうしても辞めたいと思っている時には、このような考えを、少しでも頭において頂ければ幸いです。