47c619385d5266c5304039c34d2f50bb_s

28歳で仕事を辞めたいと思い、悩むこともありますよね。

28歳というのは微妙な年齢ですから、「辞めたい」という気持ちと「辞めて大丈夫だろうか」という不安が同時に生じて、そのために悩むことになるのではないでしょうか。

私もあなた同様、28歳の時に同じ悩みを抱え、人にアドバイスを求めた経験があるんですよ。その私から、今のあなたへ、少しだけお話しさせてくださいね。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、MIIDASを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

転職=市場価値です。辞めて転職できるかを決めるのはあくまでも市場ですから、自分の市場価値を知ることは極めて重要ですよ。

診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べて今後の参考にしましょう。

(診断時間は約5分です)

①仕事を離れ、ひとりで考える時間を作る

仕事をしながら「どうしよう」と思い悩んでいても、なかなか結論は出せないものです。無理して出そうと焦ると、間違った選択をしてしまうこともありえますよね。

そこで、おすすめしたいのが、「仕事や日常の場を離れて、ひとりで考える時間を作る」という方法です。

週末の連休を利用してもいいですが、できれば有給を使うなどして、三連休を作りましょう。

そして、その三日間で、「これまでのこと」「今の状況」「これからの人生」について、ひとりじっくり熟考するのです。

効果的なのは、旅に出ること。日常から離れた空間に身を置くことによって、冷静に、客観的に自分のことを見つめやすくなるんですよね。

自宅やその周辺にいるより、ずっと考察が深まるはずです。

また、一人旅に出るだけで、気分が変わるということも大いにありえます。

それだけで、ポジティブな気持ちになることもあるんですよね。気分転換できるだけでも、効果はあると思いますよ。

そこで最終結論を出す必要はありません。結論を出すための準備段階として、自分を見つめなおす時間を、ぜひ作ってください。

②社会の先輩や恩師などにアドバイスを求める

そのようにひとりで自分を見つめなおす時間を持つと同時に、人にアドバイスを求めるという方法もおすすめです。

ただし、同世代の親しい友人に話しても、ただの「グチ話」のようになってしまいがちでしょう。

また、家族に相談すると、よけいな心配をかけてしまいかねません。

おすすめの相談相手は、社外の先輩や学生時代の恩師など、ある程度距離のある、自分よりも人生経験豊富な人です。

最初から「仕事を辞めたい」という話し方をするのではなく、「こういう悩みを抱えている。どうしたらいいか迷っている」という相談の仕方をしたほうが、相手はアドバイスしやすくなるはずです。

「仕事を辞めたい」という話を先にしてしまうと、相手は「結論はもう出ているではないか」と思ってしまうわけなんですよね。

そこは、「判断保留」にして、悩みを打ち明けるといいでしょう。あなたの選択肢は、複数あるのですし、先輩や恩師から、思わぬ選択肢を示してもらえるかもしれませんよ。

③ストレス解消、健康管理をしっかりする

この3つ目の項目をご覧になって、「なんで?」と思われたのではないでしょうか。仕

事を辞めたいという悩みと、健康管理がどう関係するのか、首をかしげたくなるのも当然かもしれませんね。

これは、私の経験から言えることなのですが、28歳というのは「肉体的にじゅうぶん若いけれど、そろそろ健康に気を使うべき年齢」なんですよ。

早い人はすでに生活習慣病の心配が出てくる年頃ですし、実際に、20代後半やアラサーで体の不調を訴えるケースも少なくありません。

そこへもってきて、あなたには「仕事を辞めたい」という気持ちと迷いによるストレスがあるわけです。

また、「まだ若い」という意識ががあるために、ついつい心身両面で無理をしてしまいがちなんですよね。

これからどういう道を選択するにしても、なんといっても健康第一。転職活動をするには、タフな心身が必要になりますし、今の悩みを乗りこえて仕事を続けるためにも、まずは健康な肉体が必要になりますよね。

ですから、生活習慣に気をつけて健康を維持、増進すると同時に、休日などを利用して上手にストレス解消をするよう心がけてほしいんですよ。

体が健康で調子がいいと、人間は前向きな気持ちにになることができます。「仕事を辞めたい」と思うと、どうしても内向き、後ろ向きな気持ちになりがちですよね。

「健康第一」という意識を持つことで、ぜひ、プラス思考になってください。

最後に

最後の項目は意外だったかもしれません。けれど、実際に、28歳で人生の悩みを抱えた時に、一番大切なのは「心身ともに健康である状態を保つこと」だと思うんです。

あくまでもこれは私の考えにすぎませんから、あなたのお役に立てるかどうか、自信はありません。

一つの考え方として、参考になさってくださると、うれしいですね。