db488d12822fe9aa1c4080df614e0b70_s

仕事がうんざりで辞めたいと思うことはありますね。

仕事をしていても、やりがいを持つことができない、なんとなくだるい等、仕事がうんざりと感じることがあります。

それは、繰り返しやって来ることがあります。どんなに楽しいと思って行っている仕事でも、時には嫌になることがあるのです。

私も同じように、仕事にうんざりしたことが何度もありました。

それは、自分で選択した仕事にも関わらず、仕事をしている時に、このままこの仕事でいいのかなと思うことがあるのです。

それは、自分の仕事と、友人の仕事内容を比べた時などに、そんな風に感じることが多いです。

そのように思うのは、仕事をしていると、そのことが何度もあるので、その都度とても悩んでしまいます。

そこで私が仕事にうんざりした時の対処法について、お伝えしたいと思います。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、MIIDASを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

転職=市場価値です。辞めて転職できるかを決めるのはあくまでも市場ですから、自分の市場価値を知ることは極めて重要ですよ。

診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べて今後の参考にしましょう。

(診断時間は約5分です)

①みんな同じように悩んでいると思うことが大事

仕事が嫌になった、うんざりすると思っている人は、たくさんいます。

そしてそのことは、誰もが何度も感じることということです。

そのため、仕事にうんざりすると思って、直ぐに行動をすることは後で後悔をするかもしれません。

仕事をしていると、そのように楽しいと思ったり、うんざり思ったりすることの繰り返しなのです。

それは例え、その仕事が大好きという人でも、その気持ちになることがあります。

そのため、誰でも起こる感情である事を理解しましょう。

②そのまま仕事を続ける

そのまま仕事を続ける事も、ひとつの方法です。その気持ちは、繰り返し起こることがあるからです。

そのため、また楽しいという気持ちになることもあるはずです。

ずっと辛い気持ちになるのは、希なのです。そのため、とりあえず仕事を続けることもいいですね。

そのまま続けていると、なんとかなるかもと感じる事もあります。

仕事をしている人は、そんな風にその気持ちを整理することもありますね。

この人はそんな事を思ったことはないだろうと思っている人でも、一度は必ずあると思ってください。

③仕事を一度休職してみる

もしも、どうしてもその気持ちを整理することができない時、一度休職をすることも一つです。

休職をするというのは、いきなり辞めてしまうよりも、安全策をとることができます。

それは、一度辞めてしまうと、後戻りすることが困難となってしまうからです。

そのため、勤めている会社に休職をしたいと申し出ることが可能ならば、そのことをすることもひとつですね。

その理由については、精神的なことで伝えることが大事です。

例えば、不安症になっていることを、診断書として提出するようにします。

そのようにすると、ほぼ休職をすることができます。

別の方法にすると、その嘘がバレてしまった時に、とても困ります。

そのため、本当の事を診断書として提出することがいいですね。

最後に

仕事をしている時には、いろいろなことで不安になります。

ひとつのことで嫌になると、そのことから逃げられなくなるほど、辞めたいという気持ちが高くなってきます。

しかし、その時に辞めることは簡単な事なのです。

辞める事を思うと、なんでも出来るという気持ちで、行動をすることが大事ですね。

あなたが悩んでいることは、多くの人が感じていることです。

最終的に辞めることは、いつでもできるので、気持ちを切り替えて、行動してみてはいかがでしょうか。

そして時間がすぎて行くと、また違って気持ちになることがあります。その仕事に対して、違う方向から眺めることが出来るようになるのです。

そうなると、また仕事をしたいという気持になれるかもしれませんね。体が辛いと思った時には、精神をゆったりさせる方法も大事ですね。

ゆったりとした気持になって見直してみましょう。