d88d76e086d61a9934d975508d1497ba_s

「仕事を辞めたいです」となかなか言えない、そんなときってありますよね。

仕事が辛かったり、他にやりたいことが見つかったり、いろいろな理由はあると思いますが誰しも仕事を辞めたいと思うこともあるでしょう。

しかし長年同じ仕事をしてきたり、お世話になった上司がいたりするとなかなか仕事を辞めたいと言いにくいというのが悩みどころです。

また、仕事場が人手不足だったりあなたの代わりになれる社員がいなかったりするととても言いにくくなってしまいますよね。

実際に私も同じような経験があるのであなたのお気持ちはとてもよくわかります。

私の場合は私が辞めたいと思っていた時期にちょうど同期が辞めることを上司に告げていたのでなかなか言い出せずにいました。

辞める時期も丁度同じで、しかも同じ部署の同期だったのでとてもじゃないけど辞める胸を伝えるのが困難でした。

そこで今回は仕事を辞めたい、ということをなかなか言い出せないあなたに、私が行った解決方法も含めて、どうすれば仕事を辞めたい胸を言い出せるかアドバイスを大きく三つに分けてお話しします。

少しでもあなたのお役に立てればと思います。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、MIIDASを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

転職=市場価値です。辞めて転職できるかを決めるのはあくまでも市場ですから、自分の市場価値を知ることは極めて重要ですよ。

診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べて今後の参考にしましょう。

(診断時間は約5分です)

①仕事を辞めたい理由をはっきりとさせておく

まずはあなた自身の心の中を整理させておきましょう。仕事を辞めたいということはただせさえ勇気がいることです。

なので、心の準備をしっかりとさせるためにも辞める理由をはっきりとさせておくことが大切です。

冒頭にも述べた通り辞めたい理由は様々あるかと思います。

しかしただ仕事がだるくて辞めたかったり、仕事を辞めた後のビジョンがよく決まっていない場合はちゃんと理由をつけてビジョンをしっかりと持ちましょう。

仕事を辞めたいとなかなか言えないのは辞める理由がぼんやりしているからという原因もあります。

辞める理由はこれだ、としっかりと言えるように準備をしておきましょう。メモ程度でいいので紙に書いておいたりすると頭の中もスッキリします。

②メールなどで先に大まかな内容を伝えておく

メールのみで仕事を辞めることを伝えるのはいけませんが、最初にメールなどで上司に大まかに辞めることを伝えておくと、話をするきっかけも生まれますし、話しやすくなると思います。

このようにすぐに直接伝えるのではなくて先にあなたの気持ちを他の手段で伝えておきましょう。

場合によっては手紙でもいいでしょうし他の上司や同期にやめることをほのめかしておいて噂のように流すのも一つの手かもしれません。

しかしメールだけとかでは決していけません。この方法は最終的にやめることを直接伝えることを目的として行ってください。

そこは社会人として全うしましょう。

③わがままになる

最後に気持ちの問題について述べます。

辞めることをなかなか言い出せない時、それは仕事のことだったり人間関係のことだったり自分自身のことよりも自身の外側のことについて考えて、悩んでしまっているということが多いです。

上司に何を言われるかわからない、迷惑がかかってしまうかもしれないなど考えてしまっているのではないでしょうか。確かに気になってしまいます。

しかしずっとその気持ちのままでしたら、いつまでたっても辞めることはできませんし、最終的にやめることを辞めてしまったりしてしまうかもしれません。

そうならないためにもわがままになってあなた自身についてだけを考えて勇気を持って行動しましょう。

あなたのことはあなたが決めるべきです。周りに流されずあなたがやりたい仕事、行きたい道を進むためにもわがままになってやめることをつげましょう。

誠意を持ってやめることを告げると上司もわかってくれるでしょう。

最後に

いかがでしたでしょうか?

なかなか辞める事を言うのは難しいですがあなたの将来のため、勇気を振り絞って告げましょう。

これらのアドバイスであなたの将来がいい方向に行くことを望みます。