ec72557403f644f38ae628764a1584b5_s

「仕事を辞めたいと思うけど、不安もある。辞めない方がいいパターンにはどんなものがあるのだろう」と悩んでいるあなた。

私もまったく同じことで悩み、大いに迷ったことがあります。なので、今のあなたのお気持ちは自分の事としてよくわかるつもりですよ。

そんな私の経験を踏まえて、「辞めない方がいいパターン」を3つ、紹介しますね。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、MIIDASを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

転職=市場価値です。辞めて転職できるかを決めるのはあくまでも市場ですから、自分の市場価値を知ることは極めて重要ですよ。

診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べて今後の参考にしましょう。

(診断時間は約5分です)

①今の仕事に就いてから3年未満

仕事を辞めたいと思う理由はいろいろありますが、どんな理由にせよ、今の仕事に就いてまだ3年経っていないなら、辞めない方がいいと思います。

たとえば、「仕事がつまらない」とか「仕事にやりがいを感じられない」というのが辞めたい理由だとしましょう。

5年も10年も同じ仕事をしていて、なおそう感じるなら、辞めてもいいでしょう。

けれど、3年未満の段階で「だから辞める」という判断をするのは、少々早急すぎるのではないでしょうか。

仕事というものは、続けていくうちに面白さを見いだせたり、自分がスキルアップすることで、だんだんやりがいを感じられるようになるものだと思うんですよね。

ですから、今の仕事がほんとうにつまらないものなのか、やりがいを見い出せないものなのかどうかを判断するには、時間がかかります。

3年以上、同じ仕事を続けて、それでもまったくやりがいを感じられないようなら、その時にもう一度「辞めるべきかどうか」の検討をするといいと思いますよ。

「仕事が自分に合っていない」というのが辞めたい理由のパターンも同様です。仕事が自分に合っているかを判断するのにも、時間がかかるものです。

とりあえず、3年は続けてみてはいかがでしょうか。

②社内異動や配置転換の可能性がある

「人間関係が最悪で、今すぐ辞めたい」というケースもあるでしょう。

あるいは、過重労働で心身ともに限界に近いというケースでは、すぐに辞めたほうがいいと思われるに違いありません。

私も、そんな状況でもがまんして仕事をつづけたほうがいいとは言いません。

ただし、すぐに辞めるという決断をしない方がいいパターンもあります。

それは、「社内異動や配置転換の可能性がある」というケースです。

今のセクション内での人間関係に問題がある場合、違うセクションに移動すれば、とりあえずその問題はなくなるわけですよね。

過重労働のケースでも、配置転換によって心身の負担が軽くなる可能性もあるでしょう。

ですから、もし、今あなたの働いている会社や組織に、社内異動や配置転換の可能性があるなら、その可能性を模索してみてほしいんですよね。

上司に相談したり、異動を申し出るなどの行動を起こしてみましょう。最終判断は、そのあとに下せばいいと思います。

③退職後の生活が保障されていない

「退職したら、専業主婦(主夫)になるつもり。パートナーの了解も得ている」とか、「仕事を辞めても、しばらく食べていくだけの蓄えがある」というパターン以外は、仕事を辞めない方がいいでしょう。

言うまでもありませんが、仕事を辞めれば収入が途絶えます。

「転職するからだいじょうぶ」と思っていても、かんたんに転職先が見つかるかどうかわかりませんよね。

なかなか見つからず、生活に困窮した挙句、フリーターにならざるを得ない、なんてことになっては困ります。

ですから、退職後の生活保障がない場合は、辞めない方がいいと思いますよ。

転職を考えるにしても、とりあえず数か月から半年ぐらいは、収入ナシで生活できるだけの預貯金はあった方がいいでしょう。

金銭的に余裕があった方が、転職活動もうまく行きやすいんですよね。

将来、退職の決断をするにしても、まずは、そのための資金作りを優先させましょう。

ベストなのは、転職先が決まってから退職するという方法です。

最後に

ここでは、私自身の経験も踏まえて、仕事を辞めない方がいいパターンを3種類、お話ししました。

辞めるのはかんたんですが、安易に決断してしまうと、後悔することも多いと思いますよ

。あなたの判断のお役に立つかどうかわかりませんが、参考になさってもらえれば幸いです。