ee9e9a6d2e911cf4bc1d3f205ae4a9d7_s

仕事をしていると嫌だなと感じる時ありますよね。

私も、仕事をしている最中は今のあなたと同じように悩むことが多くあります。

きっと他の人も、毎日悩みを抱えながら仕事をしていると思います。

私はそんな状況が嫌で、自分の気持ちを切り替えるために色々と試行錯誤してきました。

参考になるかどうかは分かりませんが、私が実際に心がけたことを書いていくので、最後まで読んでみてくださいね。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、MIIDASを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

転職=市場価値です。辞めて転職できるかを決めるのはあくまでも市場ですから、自分の市場価値を知ることは極めて重要ですよ。

診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べて今後の参考にしましょう。

(診断時間は約5分です)

①原因を探る

まず第一に、自分の中で仕事が嫌だと感じる原因を探ってみることです。

探ってみると、周りから嫌なことを言われたり、理不尽なことがあって嫌な気持ちになると改めて気づくかもしれませんが、意外と自分自身に原因があることも見つかります。

自分の事情で気持ちが沈んでいた時、余裕がない時は余計にイライラしたり、怒りっぽくなることもあるかと思います。

嫌だなと感じる時は、まずすぐに周りの人や仕事に対して矢印を向けてしまいがちですが、その前に今の自分は周りに対してちゃんとした自分でいれているのかという点もしっかり考えていきましょう。

ただ考えるだけではなく、箇条書きでも良いので紙に書き出すのがおすすめです。

書くことで自分の気持ちとより向き合うことができ、気持ちの整理もつきやすくなると思います。

②オン、オフを切り替える

二つ目は、オンとオフの切り替えをしっかり心がけることです。

仕事中が仮に「オン」だとしたら、休んでいる時は「オフ」です。

毎日の仕事が大変だと、つい休日でも仕事のことを考えてしまいませんか?

一生懸命なのは素晴らしいことですが、それだと休日もなかなか気持ちが休まらないですよね。

私も昔は、休み前の仕事の失敗をずっと引きずって、休日もそのことばかり考えて気分が滅入ったことがありました。

初めは難しいかもしれませんが、失敗は失敗でしっかり反省して、「今回はこうだったから、次回は同じことが起こらないようにこうしよう」と自分の中でしっかりと考え、メリハリをつけることが大切です。

これができるようになると、休日をより大切に過ごすことができるのでストレスも溜まりづらくなりますし、以前より毎日の仕事にも集中できるようになりました。

どうやって切り替えるか分からないという場合でも、意識を少しするだけで大分変わると思うので、是非心がけてみてくださいね。

③報連相を徹底する

三つ目は、職場内の報連相をしっかり行うことです。

あなたの職場はなんとなく空気がギスギスしていませんか?

職場の空気が悪いと、特に大きな嫌なことはなくてもそれだけでなんとなく疲れてしまいますよね。

それは単純に職場内のコミュニケーションが不足しているのが原因だと思います。

ちょっとした報告や連絡、相談に乗ったり乗られたりすることで、職場の人間関係は構築されていきます。

あなた一人だと職場の空気を変えるのは難しいと感じるかもしれませんが、毎日している挨拶やお礼などを今まで以上に丁寧にするだけで全然変わってくると思うので、是非心がけてみてください。

もしコミュニケーション不足で、業務自体に重大な支障が出ていると感じているとしたら、上司に相談して定期的にミーティングを開催するのもおすすめです。

その時も、自分の意見だけを発するのではなく、相手の言葉にもしっかり耳を傾けるようにしましょう。

最後に

いかがでしたか?

以上が私があなたに伝えたい、仕事が嫌になった時の対処法3つです。

大事なポイントは、まず一体仕事のどんな点が嫌なのかを自分の中で明確にすること、仕事中とプライベートのメリハリをつけること、職場内の報連相を徹底し、信頼関係をしっかり築いていくことです。

お金を貰っている以上は、嫌なことも多いですが、解決できることは解決できるよう努力して、困難を乗り越えてくださいね!