1905eb1b45ef85dd3fca835d2be77d51_s

「仕事を辞めたい」と思っているのに、親に反対されてしまい、どう対処したらいいか分からずに悩むこともありますよね。

あなた同様、私も辞職を考え、親に話をしたところ、猛反対されたことがありました。

その時は、ある先輩のアドバイスをもらい、自分なりにいろいろ考えて対応したものです。

同じ悩みを経験したものとして、私から少しだけお話しさせていただきますね。お伝えしたいポイントは3つあります。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、MIIDASを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

転職=市場価値です。辞めて転職できるかを決めるのはあくまでも市場ですから、自分の市場価値を知ることは極めて重要ですよ。

診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べて今後の参考にしましょう。

(診断時間は約5分です)

①辞めた後の人生プランを説明する

あなたの親御さんが、あなたが仕事を辞めることに反対しているのはなぜか。それは「辞めた後のことが心配」だからですよね。

仕事を辞めてしまえば当然収入がなくなります。その後の生活はどうするつもりなのか、どんな人生になってしまうのか、それが心配で反対なさっているわけです。

ということは、その心配や不安を解消してあげることができれば、親御さんの意見が変わってくる可能性があるわけですよね。

ですから、「仕事を辞めた後の人生プラン」をじっくり考えて、それを親御さんに伝えてみてはいかがでしょうか。

「今の仕事を辞めても、自分にはこういうライフプランがあるから、心配しなくてもいい」というような説明の仕方をするのです。

そう簡単に親御さんの不安を取り除くことはできないかもしれません。けれど、「ちゃんと将来のことを考えているんだ」ということを分かってもらえれば、親御さんの不安も軽減できると思うんですよね。

そのために、まずは、前向きで実現可能なライフプランを考えてみることをおすすめします。

②具体的な転職活動を始めたことを報告する

さらに、親御さんを安心させるためには、「今の仕事を続けながら、すでに転職活動を始めている」という話をするのが効果的だと思いますよ。

抽象的な人生プランの説明だけでは、なかなか納得しない親御さんでも、「具体的に動いている」ということを知れば、不安や心配が軽減されやすいのではないでしょうか。

もちろん、言葉だけでなく、本当に活動を始めましょう。情報収集するだけでも、立派な転職活動です。

「自分の年齢での転職には、具体的にこういう条件の求人がこれだけある」という説明ができれば、親御さんの気持ちも変わってくると思うんですよね。

それに、実際にそうした活動をすることは、あなた自身にとっても大変有意義なことです。

漠然と仕事を辞めたいと思っているよりも、実際に動いてみたほうが、あなた自身もリアルな将来像が見えてくるに違いありません。

親御さんを安心させ、実際に仕事を辞めた後にあなたに有利に作用する方法ではないでしょうか。

③親御さんの話に耳を傾けてみる

3つ目は、これまでとは違う種類の対処法です。それは、「親の意見や話に耳を傾けてみる」という方法。

仕事を辞めたいと思い、親から反対されてしまうと、「どうやって親を説得しようか。わかってもらおうか」ということばかりを考えてしまいますよね。私もそうでした。

そのため「辞める」ということが大前提なような気がしてしまうんです。

けれど、実際には、まだ最終決定したわけではありませんよね。ですから、少し時間をかけて、よく考えてみたほうがいいと思うんです。

親というのは人生の先輩でもありますよね。しかも、その先輩は誰よりも真剣に、あなたのことを考えてくれているわけです。

そんな人生の先輩の意見なのですから、先入観を捨てて、一度、親御さんの話や意見に耳を傾けてみてはいかがでしょうか。

きっと、あなたにとって有用な話もあると思いますよ。その意見をきちんと聞いた上で、辞めるかどうかの判断をしても遅くはありませんよね。

心を開いて、もう一度、親御さんと話をしてみることをおすすめします。

最後に

以上が、かつて同じことで悩んだことのある私から、あなたにお伝えしたい3つのことです。

親御さんの反対を無視して、辞めてしまうというやり方もありますが、それはおすすめしません。

親御さんを安心させる努力はすべきだと思いますし、親御さんの意見も参考にした上で、もう一度よく考えてみた方が、あなたのためになると思うんですよね。

健闘をお祈りしています。