0a217179a8fbe915bc7e609810d35889_s

仕事を辞めると決めた時、決めてすぐ辞めるわけにはいきません。

辞めるためにはいくつか準備があるのです。そこで、三つにまとめてご紹介します。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、MIIDASを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

転職=市場価値です。辞めて転職できるかを決めるのはあくまでも市場ですから、自分の市場価値を知ることは極めて重要ですよ。

診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べて今後の参考にしましょう。

(診断時間は約5分です)

①辞めた後の道を決めておく

仕事を辞める時、その瞬間の勢いで辞めてしまってはいけません。辞めると決めたらまずは、辞めた後の道を決めておく必要があります。

仕事を辞めて完全に無職でいるのか、それとも転職するのか、あるいはフリーターになるのか・・・道は様々でしょう。

貯金の額にもよります。それなりに貯金があれば、しばらくは無職で、次の仕事を探すだけの余裕はあるでしょう。

ですが多くの人の場合、退職と同時に次の職に就きたいものです。

いくら貯金があったとしても、無職の間は不安で仕方がなくなるはずです。

なぜなら、次にいつ仕事が見つかるのかわからないからです。

ですから、それを避けるために、どういった職への転職が希望なのか考えて転職活動をする必要があります。

そして転職先を決めて、入社日を決めるところまでが、仕事を辞めるための準備なのです。

何か他にやりたいことがあって仕事を辞める場合は、簡単なことです。

しかし、今の職場が嫌で辞める場合は、次はどのような職に就きたいのか、しっかり考える必要があるのです。

②仕事の引き継ぎをしっかり行っておく

今任されている仕事の引き継ぎをしっかり行っておく必要があります。

退職日までに終わりそうなものは頑張って終わらせましょう。

しかしそれでも、なかなか難しい時には、自分の代わりになる人へ引き継ぎを行わなければなりません。

それまでの経緯や、今後の方針など、しっかり伝えておきましょう。

また、仕事自体の引き継ぎだけではなく、自分の気持ちもしっかり引き継げるようにしましょう。

自分がその仕事に対して思ってきたこと、また、日々心がけていたことなどを、特に後輩に伝えましょう。

あなたが辞めても、あなたがいたことの意味を残しておくようにするのです。

あなたの思いを受けたからと言って、聞いた人たちが変わるわけではないでしょうが、ふとした時に思い出したり、もしかしたら同じように普段から考えてくれるようになるかもしれません。

③後悔がないようにする

何かしておきたい仕事があったら、何にでもチャレンジしておきましょう。

特に、今の職場でしかできないようなことは今のうちにチャレンジしておきましょう。

また、お世話になった人たちへの感謝の気持ちを伝えることを忘れないようにするなど、伝え忘れがないようにしましょう。

退職をしてしまえば、もう二度と会えないような人ばかりです。

「あの人に伝えておけばよかったな。」ということがないよう、しっかり伝えましょう。

恥ずかしくて言えない、と思うようなことでも、どうせもう会わないのですから、言ってしまいましょう。

些細なことでも、何かやり残したことがあると思うと、必ず後悔するものです。

仕事のことも、人間関係も、やり残しがないように、退職する最後の日まで、「何かしておきたかったことはあったかな点?」と、何度も確認しておくようにしましょう。

実際に私が仕事を辞めた時も、自分が少しかかわっていた仕事に関して、最後まで一緒にできないことだけが心残りでした。

ですので、退職する最後の日まで、私ができることは職場の人たちと全力で取り組ませてもらえたので、後悔はありませんでしたよ。

例え最後まではいられなくても、途中まででも精一杯貢献できたと思えば、後悔はないものです。

最後に

勢いで仕事を辞めてしまったら、大変になることがよくわかったかと思います。

仕事を辞めたいと思ったら、まずは一度落ち着いて、これらの準備を終えてから辞めるようにしましょう。

仕事を辞めるという大きな決断をする時には、それなりの準備が必要なのです。