b82e64b80b6c893fe25e0b73007babb0_s

仕事を辞めるきっかけはどんなものがあるのか気になるときってありますよね。

仕事を辞めたいと思うとき、果たして自分の辞めたい理由はちゃんとした理由になるのか、仕事を辞めたいけれどどんな理由をすれば辞めやすいのかわからない。

単純に仕事を辞めるきっかけはどんなものがあるのか知りたいなど辞めるきっかけを知りたい理由は様々だと思います。

実際に私も仕事を辞めるきっかけはどんなものがあるのか仕事をしている間などで気になって調べたりしていました。

当時私は仕事が嫌で、辛くて仕事を辞めてしまいたいと思っていました。

しかし職場はなかなか辞めることを言い出せないような雰囲気でしたし、当時新卒だった私はなかなか辞めるきっかけをつかめずにいました。

なのできっかけを知りたいあなたのお気持ちはとてもよくわかります。

そこで今回は私の周囲や調べたことを元に仕事を辞めるきっかけはどんなものが多いのか、大きく三つに分けてお教えいたします。

仕事を辞める際などの参考になれば幸いです。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、MIIDASを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

転職=市場価値です。辞めて転職できるかを決めるのはあくまでも市場ですから、自分の市場価値を知ることは極めて重要ですよ。

診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べて今後の参考にしましょう。

(診断時間は約5分です)

①他の仕事をしたくて辞めるパターン

まずは他の仕事をしたくて転職を決意するパターンです。

このパターンは近年転職が当たり前になってきた現代にはよくある辞めるきっかけの一つではないかと思います。

実際に私の周囲でも他のことにチャレンジしたいという想いのもと辞めていく人たちが多くいました。

このきっかけは比較的ポジティブな印象ですので、辞めることを告げにくい雰囲気でも自分の誠意をしっかりと告げれば辞めやすいと思います。

また、将来をしっかりと考えた上での理由なので、仕事を辞めてもすぐに次へ行動することができますよね。

何かやりたいことが見つかることは非常にいいことですし、職場もそれを応援すべき環境であることが望ましいです。

自分も今の職場も納得のいきやすいパターンの一つではないかと思います。

②精神的苦痛で辞めるパターン

次のパターンも今の時代にはたくさん溢れている辞めるきっかけだと思います。

仕事をやっていると様々な辛いことが降りかかります。

仕事がうまくいかず、自分ばかりを責めてしまったり、上司やお客様、取引先から怒られて精神を病んでしまったりすることもあるかと思います。

また悩みの種で多いのが仕事での人間関係ですよね。上司からのいじめや仲間外れもしょっちゅう耳にします。

同期同士でライバル視するあまり関係がギクシャクしてしまって仕事がうまくいかなくなったりなどもあります。

人間関係は本当に辛いものでそれが原因でうつ病になったり自殺をしてしまったりという事案が後を絶ちません。

このように精神的苦痛で仕事を辞めざるを得ないパターンも現代ではかなり多いパターンだと思います。

なかなか辛いパターンですがいつ自分の身に降りかかるか時間の問題かもしれません。

③家庭の事情によって辞めるパターン

最後に自分の身内での出来事や結婚などで仕事を辞めるパターンをお伝えします。

近年では結婚しても働きやすい環境に企業側が考慮したり、家のことをしながら働けるような福利厚生を整えた企業が増えてきました。

しかし、やはり結婚を境目に仕事を辞める女性や介護などで致し方なく辞めるというパターンもまだまだあります。

私の周囲でも結婚をするとバタバタと仕事を辞めていきましたし、子どもが大きくなっても専業主婦をやっていたりパートをするぐらいの人がまだ多いです。

そして近年高齢化の社会で親が介護が必要で仕方なしに仕事を辞めて介護に専念するという人も多いようです。

仕方のないことですし他人が何かできることでもありませんが、やはり家庭内の事情ですので企業側も何もできないというのが現状です。

まだまだ問題のあるパターンの一つだと思います。

最後に

いかがでしたでしょうか?

あなたがもし仕事を辞めたくなった時、少しでも参考になれればと思います。

最終的に、辞める辞めないを決めるのはあなたですが、可能な限りポジティブな理由で辞めるのが望ましいですね。