08e1511de4111682f10494099b9812cf_s

仕事が辞めにくいときってありますよね。仕事を辞めたいときは誰にでもあると思います。

例えば仕事がうまくいかなかったり、思ったより成果が現れずに悩んでしまうときだってあるでしょう。

また仕事場での人間関係に頭を悩ます場合もありますよね。仕事は色々な人からできています。

中にはあなたの考えになかなか共感してくれなかったり逆にあなたがあまり良くないという人もいるかもしれません。

または他にやりたい仕事があるから仕事を辞めたいという向上心からの辞めたい場合もあるかと思います。

実際に私も辞めたいと思う時期がありました。

しかし私が辞めたいと思っている時期にちょうど辞めたいと相談をしていた同期が後一人いて、二人同時に辞められるのは困るといわれなかなか仕事を辞めさせてもらえなかったことがありました。

また私もその同期のこともあり、なかなか辞めることができずズルズルと好きでもない仕事をずっとやっていたという経験があります。

なのであなたのお気持ちはとても良くわかります。

そこで今回は私の経験談も元にして、仕事が辞めにくい場合の対処法を大きく三つに分けてお話したいと思います。少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、MIIDASを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

転職=市場価値です。辞めて転職できるかを決めるのはあくまでも市場ですから、自分の市場価値を知ることは極めて重要ですよ。

診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べて今後の参考にしましょう。

(診断時間は約5分です)

①まずは辞めたい理由をはっきりさせる

まずはあなたの気持ちをしっかりと整理して、辞めたい理由を明確にしましょう。

もしあなたの気持ちがあやふやなままで上司に辞めたいことを告げても上司はなかなか縦に首を振らず、色々な理由をつけられて結局仕事を辞められない状態になってしまうと思います。

なので少しでも仕事を辞められるような状態にするにはまずはあなたの気持ちをしっかりと整理して辞めたい理由をはっきりさせましょう。

辞めたい理由に自信が持てるようにすれば辞めにくい環境でもしっかりと上司に伝えることができると思います。

辞めたい理由はただ仕事が嫌だからなどではなくてしっかりとした理由をつけましょう。誰でも納得のいくような理由が必要です。

②辞めたその後の計画を立てておく

次に辞めた後の計画もしっかりと立てておくことが大事です。

せっかく辞める理由がはっきりしていて上司に告げても、あちら側もあなたを辞めさせないように色々といってくるでしょう。

しかしあなたが辞めた後の計画もしっかりと立てており、そのこともしっかりと告げれば上司も納得させられるようになるかもしれません。

その後の計画というのは転職はもちろんですがどんな仕事に就きたいのか、どんな人生を歩みたいのか人生計画までしっかりと持っていれば、たとえ辞めることができた後でも迷わず道を進むことができます。

またすでに転職活動を始めるのも手です。

すでに転職活動を始めていることを告げれば会社側も止めたくてもなかなか止められない状況に陥るでしょう。

行動力で本当に辞めたいということを表現しても良いでしょう。

③どうしても辞めらない場合は仕事ができない理由を挙げる

どうしても辞められない場合は仕事が絶対に続けられない理由を挙げましょう。

その理由はあなたの体の状態や実家に帰省しなければいけなくなったなどが理由に挙げられます。

あなたの病気であれば会社側も無理に仕事を続けさせるということはできませんし、実家の都合であればなおさらです。

嘘をつくことが苦手でもあなたがこの先辞めたい仕事をずっとやっていく苦痛と比べてみてください。

あなたのために勇気を出すこともたまには大切です。ちなみに私はこの方法で仕事を辞めました。

もともと本当に体調がストレスでよくなかったのもあり、しぶしぶですが上司は辞めることを承諾してくれました。

少し胸は痛みましたが仕事を辞められるという嬉しさには勝てませんでした。

最後に

いかがでしたでしょうか?

なかなか辞めにくい仕事でも工夫をすれば辞めることができます。あなたの未来のためにもしっかり対策を立てて行動に移しましょう。