5c0b5e08b4ecdf1d7eab77db06ed9e59_s

仕事を辞めてから転職を成功させるにはどうすればいいか、仕事を辞めたい、または辞めている場合はとても気になることですよね。

できればこのまま仕事をしたくないと思うこともありますが生きている以上仕事は必要不可欠です。

またやりたい仕事があってどうしても転職を成功させたい場合などもあるでしょう。

しかし仕事を辞めることにも不安があるのに転職となるとさらなる不安が襲いますよね。

実際に私も仕事を辞めてから転職をするという経験があるのであなたのお気持ちは痛いほどわかります。

私の場合、前職を約半年で辞めてからの転職でした。

前職は新卒で入社をしたこともあって新卒で半年で仕事を辞めて果たして転職は成功できるのだろうかと当時はとても不安に思ったものです。

今回はそんな私の実際の経験談を元に仕事を辞めてから転職を成功させるにはどうすればいいか、アドバイスを大きく三つに分けて紹介したいと思います。

少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、MIIDASを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

転職=市場価値です。辞めて転職できるかを決めるのはあくまでも市場ですから、自分の市場価値を知ることは極めて重要ですよ。

診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べて今後の参考にしましょう。

(診断時間は約5分です)

①転職を成功させるにはスピードが命

まずは転職の期間からお伝えいたします。転職を成功させたいと願うのであれば遅くても一ヶ月で転職先を見つけるイメージで動きましょう。

生活費などの日常生活に支障をきたすということも考えなくてはなりませんが、大事なのは転職はダラダラとやればやるほどうまくいかなくなるということだと思います。

転職をゆっくりとダラダラやるということはスケジュール管理もうまくいっていないということです。

またダラダラやるとモチベーションもだんだんと無くなっていき、それが面接の場などでも外に出てしまい結果につながらなくなってしまいます。

生活のためにバイトをやりながらでも構いませんが、必ず転職を最優先させてスピード感を持って転職活動を行ってください。

②前職のアピールポイントをしっかりとまとめる

そして次にあなたのアピールポイントについてです。

転職をする場合には大抵前職で頑張ったことや成果などをアピールポイントの材料にすることが多いと思います。

しかしここで間違ったアピールポイントをしてしまうと満足のいく転職をすることはできません。

本当にアピールできているかを今一度考え直ししっかりとまとめていきましょう。

大事なのは転職先への貢献につながるような成果かどうかです。

あなたが頑張った成果が転職先への貢献に何も繋がらないような、接点のないアピールポイントならば面接の段階で失敗してしまう可能性が高いでしょう。

運良く転職できてもまた辞めてしまうかもしれません。

大事なのはただ自分が大きく見えるようアピールをすることではなく、あなたが転職先でどんな貢献ができるかどうかを伝えるためにそのアピールポイントを材料にして売り込むかです。

そうすることで面接官もあなたについて深く理解ができ、あなたを評価しやすくなるでしょう。

③求人サイトをうまく活用する

最後に求人サイトの利用方法についてお伝えします。転職をするとなると大半は転職サイトに登録をすると思います。

しかし中には沢山登録しすぎてどこに応募をしていたのかわからないという状態になってしまう人もいるようです。

転職サイトは必ず多くて二社ほどで押さえておきましょう。

大手に登録するだけでも十分な情報は得られますし、求人情報以外の転職に関する様々な情報も沢山得られます。

転職のコンサルタントが付いている場合は相談をしながら転職を進めていってもいいと思います。

しかし求人情報は必ずあなたの目で見てあなた自身で判断をしましょう。間違った判断をすると転職後痛い目に会うのはあなたです。

自分の力で自分に合った求人情報を探していきましょう。

最後に

いかがでしたでしょうか?

転職は難しいとよく聞きますがコツをつかんでスピードを持って取り組めば必ず成功できます。恐れずに頑張っていきましょう。