9d82c48dbc7b5917cce2835e7e707640_s

「仕事を今すぐに辞めたい」と悩んでいるあなたへ、かつて同じように「早く辞めたい。だけど・・・」と悩んだ経験のある私から、ちょっとだけアドバイスをさせていただきますね。

辞めたいと思いながらなかなか決断できないというのは、精神的に辛いもの。あなたの辛さを少しでも軽減できたら幸いです。

お伝えしたポイントは3つあります。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、MIIDASを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

転職=市場価値です。辞めて転職できるかを決めるのはあくまでも市場ですから、自分の市場価値を知ることは極めて重要ですよ。

診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べて今後の参考にしましょう。

(診断時間は約5分です)

①辞めた後このことを考えてみましょう

「今すぐに辞めたい」と思うと、「辞める」ということで頭がいっぱいになって、そのほかのことをじっくり考える精神的余裕がなくなってしまうものです。

それって、実は危険なことだと思うんですよね。

仕事を辞める時に、真っ先に考えなくてはいけないのが、「辞めた後のこと」でしょう。

辞めた後どうするのかをしっかり考えないで、とりあえず辞めてしまうというのはリスクが大きすぎます。

経済的によほど余裕があるとか、女性が寿退社して専業主婦になるというなら、躊躇なく辞めることができるでしょう。

しかし、それ以外のケースでは、「その後」を考えないわけにはいきません。

ぜひ、一度、そのために時間を作って「辞めた後のこと」をじっくり考えてみてください。

おすすめなのは、休日を使って、一人でゆっくり考えてみるというやり方です。

「今度の休日に考えてみよう」という改まった意識を持つことが、効果的なんですよね。

なんとなく考えるのではなく、自分で自分にテーマを与え、そのための考える時間を作ることで、真剣に考えられるわけです。

そして、転職の必要があるとすれば、どんな仕事を選んだらいいのか。

転職にかかる資金はどれくらいなのかなどなど、できるだけ細かく考え、必要な情報をリサーチしてみましょう。

②辞めるまでの手続きや流れを考えてみましょう

最終決断をする前に、「辞める」という決断をした場合の手順や流れを考えてみることをおすすめします。

辞職を決意したら、最初に上司にその意志を伝えなくなくてはなりません。そこから、退職日までの流れを、スケジュール表を作りながらチェックしてみましょう。

いつまでに上司に話をすべきなのか、そのあと、社内的にどんな手続きが必要なのか、仕事の引継ぎをスムーズにするにはどういう準備をした方がいいのかなど、できるだけリアルに考えてみるといいですよ。

特に「仕事の引継ぎ」をリアルにイメージすると、「自分がいま受け持っている仕事」のことを、あらためて認識することができます。

それが、最終判断をするために、有効に働くものなんですよね。その理由は、次の項目で説明しますね。

③抱えている問題解決の可能性を考えてみましょう

自分がいまやってる仕事、受け持ってる仕事についての再認識の有用性について、説明しますね。

どんな仕事を自分がやっているのかを再確認すると、「今、自分が抱えている問題」がくっきり見えてくることが少なくありません。

何が問題になっていて、「仕事を辞めたい」と思っているのかが、整理されるんですよね。

「仕事の内容には問題はないけど、上司との人間関係に耐えられない」とか、「自分に向いていない仕事だから辞めたい」と言った、辞めたい理由が浮き彫りになってくるわけですね。

ここが、ポイント。「その問題を解決するには、この仕事を辞めるしかないのか」を、もう一度考えてみましょう。

仕事自体に問題がないのに、人間関係が理由で辞めた場合、転職先で「仕事も合わないし、人間関係もうまく築けない」というようなことになってしまうリスクもありますよね。

そうなるぐらいなら「今の仕事をつづけたほうがベター」ということになるでしょう。

ですから、「現職にとどまりながら、今の問題を解決することは不可能なのか」を、一度考えてみることをおすすめするのです。

少しでも問題解決の可能性があるのなら、まずはそれを試してみてはいかがでしょうか。

最後に

「今すぐに仕事を辞めたい」と思いながら悩んでいるあなたへ、同じ悩みを経験した一人として、ささやかなアドバイスをさせていただきました。

お役に立てるかどうか、自信はありません。

ただ、「こんなふうに考えて、その悩みを乗り越えた人間もいる」ということを、分かっていただければさいわいです。