6bf862a00462fac02aa702c8adf324fb_s

仕事が暇すぎて辞めたいなんて、人によっては何て贅沢な悩みだろう!とあきれられてしまいそうですが、

実際問題経験してみるとこれがなかなかに辛いんですよね。

状況にもよると思いますが、結構悩みます。

完全に自由に過ごせるわけではないですし、突然に仕事を振られたりする事もあるため気を抜くわけにもいかず、この境遇に置かれた人にしかわからない悩みだと思います。

私もかつて、接客業で、とっても来客数の少ない支店に配属され、日中は閑古鳥。
来客0人の日もあるようなお店に一人でいました。

暇すぎてネットサーフィンばかりしていましたが、制限が掛かっていたのでゲームなどはできませんし、限られたサイトしか見れないので飽きるんですよね。

そうこうしていたらその支店は潰れてしまったので現在は別の忙しい部署へ回されています。今となっては懐かしい思い出です。

暇すぎて辞めたいのであれば、暇をなくせば続けられるということでしょうから、
人間関係が嫌で辞めたいというような場合よりは解消しやすいかもしれませんね。

まずは、あなたの転職力を診断してみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、まずは転職できるかを調べてみましょう。

tenshoku-type

@typeに無料会員登録後に、非常に簡単に診断できますので一度テストしてみてください。

(無料会員登録後にテスト診断できます)

※@typeに無料登録後は、こちらから診断テストへとお進みください(⇒診断テストに進む

①せっかくなのでその会社に有益になるような提案をしてみる

あなたの立場にもよると思いますが、ある程度提案のできる立場であれば、上司に対して現状の報告と、その空いている時間に別の部署や関連部署などの職務で自分が担当できそうな事を提案してやらせてもらいましょう。

要は自分で仕事を見つけて担当させてもらうんです。

これには他部署に顔を出してどんな仕事があるか、手は足りているかなどのある程度のリサーチも必要です。

ですが、なにせ同じ会社の中なので別にランチを一緒に行ってそこでリサーチしてもいいのです。

ただその時に間違っても「暇なので」という事は言わないほうがいいです。結構ひんしゅくを買う場合が多いのでお気を付け下さい。

これは私もやってみましたが、ケースバイケースでした。

その会社の体質みたいなものもあるでしょうが、ほかのセクションの仕事まで手を出すな、と言われた事もあります。

ただ悪い事ではないですし、思いがけず、なんてやる気のある社員なんだとあなたの評価も上がるかも知れません。

上がるか現状維持であって下がる事はないと思いますのでお試しあれ。

②許される限りの暇つぶしを行う

これは極端ですし、罪悪感に打ち勝つ精神的強さも持ち合わせていないと難しいかもしれません。私もこれは挫折しました。

①のようにチャレンジしてもあえなく「ほかのセクションの仕事まで手を出すな」と言われてしまい拗ねた時の事ですが、

それならば、とケータイでゲームをしたり、ネットサーフィンしたり、お菓子を買って豪華なティータイム、とか。

一人事務ならば可能性も広がりますよね。

でもやはり同僚の目があるようなフロア内に複数社員がいる場合ははばかられますよね。社内散歩とかも日課にしていた事もありますが長続きしませんでした。

③一番のおススメは関連資格の取得に向けた勉強

大義名分的にも有益度的にも高いのがこれでしょう。

私もこれは大手を振ってやっていましたし、別にこの事で何か言われたこともなかったです。

しかもお給料をもらいながら資格取得できるなんてなかなかないチャンスでした。

資格取得後は給与もアップしましたので、一時期はこの突然与えられた、地獄とも思える暇な時間に悩みましたが、資格取得という目標が出来てからはその地獄に感謝すらしていました。

最後に

人間は無目的に働くということがどうにも難しいようです。

9時から17時まで、何もしないでいいからとにかく出社して座っていてくれと言われても辛いだけでしょう。

そんな中でいかに目標となるものを見つけられるかが、悩み解決のカギとなってきます。

また、どんな仕事でも一生同じ境遇というのはそうはないと思います。来るべき繁忙期に備えて今は休息と捉えるのもいいかもしれないですね。