2d444114ce861e0611f71dbf717a0f22_s

仕事を変えたいと考えているあなたに伝えたいことがあります。その前にまず、私の現在の境遇についてお話ししたいと思います。

私は現在54歳なのですが、先月末に自己都合ということで5年間務めた会社を退職しました。

この会社以前は30年間公務員をやっており、今から考えると夢のような毎日だったと思います。よって今は無職で、このまま隠居する訳にもいかず求職中の身です。

かなりの田舎なので、そう簡単に仕事もなく、ある意味途方に暮れている状態となっています。

でも、退職にはそれなりの理由もあると、自分自身納得させながらの求職活動を行っています。

さて、あなたの悩みについて解決していきましょう。あなたは今、なぜ仕事を変えたいのですか?

同僚・上司との軋轢?、仕事の失敗?、労働条件?いろいろとあることでしょう。私の場合は上司との軋轢が主な原因でした。

上司とは価値観の相違があり、私は私のポリシーのもと、社員全員が楽しく働ける環境を目指して職場つくりをしていきました。

楽しく働くことにより、収益はついてくるものと考えていたのです。

しかし、上司は当面の収益のみを求める厳しい人で、社員のモチベーションなんか、まったくの無視でした。

私の考えが甘いと言われ、「これだから公務員様は偉いんだな」とずいぶん嫌味も言われました。

でも今、考えると上司の言葉は決してはずれではなかったのではないかと思います。

現在の境遇を考えると忍び難きを忍ぶ気持ちはプロサラリーマンとして必要なスキルで私には欠如していたことがはっきりとわかります。

そこで、あなたの悩みである、仕事を変えたいということですが、今の私からは次のようなアドバイスをしたいと思います。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、MIIDASを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

転職=市場価値です。辞めて転職できるかを決めるのはあくまでも市場ですから、自分の市場価値を知ることは極めて重要ですよ。

診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べて今後の参考にしましょう。

(診断時間は約5分です)

①今の自分のスキルは何かをしっかりと認識すること

転職自体、現在では特におかしなことではありません。

しかし、それには、しっかりとしたスキルを持った人が自己のスキルを発揮できる場所を求めて、または高く評価してくれる職場を求めて転職していくのです。

もし、あなたに、しっかりとしたスキルがあるのであれば、発展的転職として良いのかもしれません。

しかし、何もスキルのない状態で転職しても、おそらく次はありません。おそらく現在よりも条件の厳しい仕事しかないものと思ってください。

②転職の理由をしっかりと認識していますか

先に述べた通り、あなたの転職をしたい理由は何ですか?上司・同僚との軋轢であれば実力で打ち勝つ努力をして下さい。

退職はいつでも出来ます。人間死ぬ気になれば何でもできると言われます。

死ぬ気=退職と考えれば、死ぬほどの努力をして上司を部下にしてしまう努力をしましょう。そのようにしてのし上がっていった人は多くいます。

また、そのように努力をしてきた人は上司になった時、部下の気持ちが分かる、素晴らしい上司になる人が非常に多いように思います。

今の苦労は自分を磨くための過程であると認識しましょう。

安易な理由で自分に言い訳をして会社を辞めることは自分の人生にとって、決してプラスにはなりません、むしろ大きなマイナスになると思って下さい。

③人間関係を構築すること

人事というものは、どんな大企業、官庁であっても人が決めていくものです。また、外部との人間関係は転職等の非常時には大きく力を発揮します。

いわゆる「コネ」といわれるものかもしれません。しかし、これは現代社会にとって非常に大切なことなのです。

コネ昇進、コネ入社、でもいいじゃないですか。これは自分が人に認められたということなのです。日本では特に人と人との繋がりを重視します。

どのような環境であれ、最後には人の決断が事を左右するのです。

今からでも多くの人間関係を構築することにより、自分の閉塞感は解消され、いつでも退職できるという余裕を持つことで、今の仕事にも積極性が出て、よりよい仕事ができるようになってきます。

最後に

このように現在、無職の私からのアドバイスですが、実は私も人間関係から仕事のオファーはあるのです。

ただ、自分の経験やスキルを活かせる仕事を探している状態なのです。

この年齢ですので、仕事の幅は狭くなってしまいますが、なんとかもう一花さかせたいと思っています。

しかし、もし、戻れるのであれば最初の職場に戻りたいと心から思っている自分も本当の自分です。

あなたも悩みは多いと思います。しかし、現在の自分の立場や環境を客観的に見ることで、また新しい明日が見えてくるのではないでしょうか。

とにかく頑張りましょう。