3f2cc1c3bd1ccbf0a6e10a512afe6905_s

ボーナスが出た後、年度末の頃など、なんとなく仕事を辞めたくなる時ってありませんか。

自分には今の仕事は向いてないのではないか
同じ苦労をするならもっと良い仕事があるのではないか
なんとなく今の職場になじんでない

など、いろいろと考えてみて、なんとなくハローワークに通ってみたりするってことありますよね。私もあります。そんなあなたの気持ち、痛いほどわかります。

誰だってそう思う事があります。そこで、そんな風に思っているあなたへの気持ちの切り替え方をお伝えします。

まずは、あなたの転職力を診断してみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、まずは転職できるかを調べてみましょう。

tenshoku-type

@typeに無料会員登録後に、非常に簡単に診断できますので一度テストしてみてください。

(無料会員登録後にテスト診断できます)

※@typeに無料登録後は、こちらから診断テストへとお進みください(⇒診断テストに進む

①転職は危険なものだという認識を持つ

まず、この世知辛い世の中、本当に優良企業ばかりではありません。

転職したからと言って、本当にそこが良い企業なのか、自分に向いている職場なのか、怪しいものです。

面接で話したことが実際に就職してみたら全く違っていたなんてこと(特に給与面、残業の有無など)いっぱいあります。

また、新人いじめなんてのもあります。もし転職先に怖い先輩がいたらどうでしょうか。あなたが新しい職場でなじめるとは限りません。そのことは肝に銘じておきましょう。

②本当に自分がこの職場にとって不必要ではないと確信を持つ

あなたは上司や先輩から「お前なんかもういらないから辞めていいよ」と言われているでしょうか。

もしも、そのような上司や先輩がいたなら即辞めた方がいいでしょうが、実際にそのように言われていないなら、その職場はあなたを必要としている証拠なのです。

あなたの居場所はまだそこにある証拠なのです。少なくとも不必要とはされていません。なので自信をもって「あなたはもういりませんから辞めてください」と言われるまでは、ずうずうしく居座って働きましょう。

③天職は存在するものではなく自分で勝ち取るもの

「今の仕事は自分に向いているのか、もっと自分に向いている仕事があるのではないか」と思う事あると思いますが、天職なんて存在するのかどうか、それは疑問です。

もしあるとすれば天職とは、あなたが縁があって今の職場に巡り合えたこと、そのものが天から与えられた職場なのだと思う事です。

職場に気になる異性がいるとか、気の合う同僚がいるとか、憎めないパートのおばちゃんがいるとか、そんな簡単な理由でいいんです。

それがきっかけでその職場が好きになることもあるのです。そんな簡単なことでよいので、その職場が好きになれるところを見つけてみましょう。

天職なんて存在しません。自分で勝ち取るものですよ。

④自分の居場所は自分で作る

なんとなく居場所がない職場、確かに居づらいですね。わかります。私もそんな気持ちになったことあります。

でも、自分の居場所は自分で作るように心がけましょう。簡単な事でいいのです。

昼食のお弁当を食べる場所をいつも決めておく、とか、まず職場に入ったら、誰の目も気にせずにコーヒーを一杯飲んでから仕事をする、とか、簡単な決めごとをしておけばよいのです。

他人の目なんて気にしなくて大丈夫。自分は自分なんです。

自分が決めたルールを堂々とやって、それをとやかく言われるような職場ならサヨナラしても良いですよ。そうでなければ、大丈夫。そこはあなたの居場所です。

自分の居場所は人に作ってもらうものではなく、自分で見つけるものであることを忘れないでください。

最後に

以上、少し辛口になってしまいましたが、なんとなく辞めたいなんて思わないで、堂々と今の職場に居座っていきましょう。

今の職場で、例えば3日続けば3か月は続きます。3か月続けば3年は続きます。そうしたら立派に後輩に指導もできる立場にも立てるでしょう。

人生の先輩はみんなそうやって生きているのですから。あなただけが悩んでいるのではありませんから大丈夫ですよ。