2fba7c7e36bc372964a9f83ea225f631_s

人に紹介してもらった仕事を辞めたいと思ったときは、大いに悩むものです。

仕事を辞めるというのは、人生の決断ですから、どんな状況であれ悩むものですが、特に紹介された仕事の場合、かんたんに結論を出すわけにもいきませんよね。

あなたと同じ悩みを抱えて、どうしたいいか迷った経験が、私にもあります。なので、今のあなたの辛さは実感としてわかるつもりですよ。

その私から、あなたにお伝えしたいことがあります。よろしかったら、読んでみてください。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、MIIDASを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

転職=市場価値です。辞めて転職できるかを決めるのはあくまでも市場ですから、自分の市場価値を知ることは極めて重要ですよ。

診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べて今後の参考にしましょう。

(診断時間は約5分です)

①「紹介された仕事」という意識に縛られすぎない

あなたが今悩んでいる問題は、2つあるはずです。1つは「仕事を辞めたい」という悩み、もう1つは「辞めたら紹介者に迷惑がかかるのでは」という悩みです。

私もそうでした。仕事に関する悩みだけでも大きなテーマなのに、さらに紹介者に関する悩みが加わるのですから、どうしていいかわからなくなってしまいますよね。

大事なのは、「あなたの人生はあなたの自由に決められる」という意識を持つことです。

あなたは大変思いやりのある人だと思いますよ。そうでなければ、そこまで思い悩むことなく、自分の意志で判断を下してしまっているでしょう。

人間的に真面目でやさしいからこそ、紹介してくれた人のことを考えて、悩んでいるわけです。

もちろん、紹介者のことを考えることは大切です。しかし、そこにあまり強くこだわりすぎる必要はありません。

その意識に縛られてしまうと、前に進むことができなくなってしまうと思うんですよね。

紹介してくれた人のことは念頭に置きながらも、あくまでも「進む方向は自分の意志で決める」という意識を持つことをおすすめします。

②問題を時間が解決する可能性を考える

仕事を辞めたいと思う理由や原因はいろいろです。

なので、あなたが今悩んでいる仕事上の問題が、どういう種類のものかはわかりませんが、「仕事の問題を時間が解決する」というケースが少なくないものです。

仕事が覚えられないとか、職場になじめないという悩みは、時間がかかっても、やがて改善、解決する可能性のある問題ですよね。

粘り強く仕事を続けていけば、必ずスキルアップしますし、仕事のコツがわかって、急に仕事ができるようになることもありえます。

人間関係も、つきあっていく中で関係が変わることも少なくありません。「大嫌い」と思っていた人が、「案外良い人だ」という評価に変化することだって、ありますよね。

また、何か大きなミスをして「辞めたい」と思った場合も、時間が経てば心の傷が癒えて、「辞めたい」という気持ちがなくなることも少なくありません。

つまり、時間が解決してくれる問題が、結構あるということなんですよ。

人事異動で別の部署に移って、今の悩みが消えるということだってあるでしょう。半年後にそうなるかもしれませんよね。

これも、仕事を続けるうちに、時間が問題解決してくれたケースです。

今のあなたの悩みを、時間が解決する可能性はないか、一度考えてみてはいかがでしょうか。

③最終判断をする前に、紹介者に話をする

「辞める」という判断を下したら、上司に意思伝達をすることになりますが、ぜひ、そういう判断をする前に、一度、紹介者と話をしてみてください。

今の仕事を始める際にお世話になった人なのですから、「もう辞めました」という事後報告はNG。

社会人のマナーとしても、事前に話をすべきですし、話をすることで、何かアドバイスをもらえるかもしれませんよ。

その人から、あなたを紹介した時の「窓口」になった人に話が行って、そこから問題解決の糸口が見えてくる可能性もあります。

「辞めたい」という言い方ではなく、「仕事のことでこういう悩みを抱えている」という相談の仕方をしましょう。

その方が、相手の人も話を受けやすくなりますし、問題解決の方法を考えてくれやすくなるからなんですよ。

最後に

以上3点、私の経験を踏まえて、紹介された仕事を辞めたいと悩んでいるあなたに、お話をしてきました。

自分で自分を苦しめることなく、あなたにとって一番良い判断をするための参考になさってくださいね。