74adc51447952b2607cfefb527746111_s

仕事を辞めたいと思う瞬間はありますよね。色々な理由できつさを感じて辞めたいと思うものです。

仕事量が多くて体力的にきつかったり、人間関係がうまくいかなくて精神的にきつかったりと、色々な理由があるでしょう。

そこで、きつくて辞めたいと思った時にどうすれば良いのか、いくつかアドバイスさせていただきます。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、MIIDASを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

転職=市場価値です。辞めて転職できるかを決めるのはあくまでも市場ですから、自分の市場価値を知ることは極めて重要ですよ。

診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べて今後の参考にしましょう。

(診断時間は約5分です)

①今日で最後にするという気持ちで取り組む

仕事がきつい時は、理由はどうであれ、今すぐにでも辞めたい・・・と思うものです。そこで、本当に辞めるつもりで働いてみましょう。

朝起きたら、「今日も一日が始まる・・・。嫌だな・・・。」という気持ちになるでしょう。その時に、「今日で最後にしよう。今日で辞めよう。」と考えるようにします。

もちろん本気でそう心に決めるのです。

そうすることで、最後だと思えば、自然と気持ちも楽になって働くことができます。

最後だからと思えば、今日中にできる限り仕事を終わらせないと・・・と思ってどんどん仕事に取り組めます。

どんなに仕事量が多くても、「こんな生活は今日までだから今日くらい頑張ろう。」と思うことができます。

また、人間関係できつくても、同じように、「今日くらい頑張ろう。」と思うことができるでしょう。そんな気持ちで一日が終わってみると、あまり嫌な気分にならずに家に帰っていることでしょう。

そうなると、「明日も頑張るか!」という気持ちに変わっています。

明日になったらまた「嫌だな。」と思うでしょうが、また、「今日で辞める。」と思うようにするのです。まるで魔法の呪文のように、本当によく効く方法ですよ。

②自分なりのご褒美を毎日用意する

きつい中頑張った自分へのご褒美を毎日用意しましょう。

休日に楽しみな予定を入れることも大切ですが、楽しみが一週間も先だと、耐えられないことも多いです。

毎日楽しみを作ることで、それに向かって頑張ることができるでしょう。本当にちょっとしたことで良いのです。

大好きなお菓子を食べることにしても良いですし、大好きなテレビをみることでも良いです。何か欲しいものを買うことでも良いです。

毎日同じでなくても構いませんので、何かしら毎日仕事後の楽しみを作っておきましょう。

そして、「仕事の為に生きている。」のではなく、「楽しみの為に生きている。」と考えを変えられるようにしましょう。

そう思えるだけで、仕事も気楽に頑張ることができるでしょう。

実際に私は仕事が人間関係によってきつかった時に、漫画の力を借りていました。

毎日読む時間を30分と決め、仕事が終われば読むことができる、と、自分の中でルールを決めたのです。

そうしたところ、仕事の間も、ちょっとした休憩時間などに漫画の続きに想いを巡らせて幸せな気持ちになれました。

そして、仕事にも今まで以上に集中して取り組むことができたのです。

③仕事以外の時間は仕事のことは考えないようにする

仕事がきついと、仕事以外の時間もどうしても仕事のことを考えてしまうでしょう。

仕事量が多い場合は、「明日はあれをやらなきゃ。」などと一日のスケジュールを頭に想い巡らせてしまいます。

また、人間関係がきつい場合は、「明日も◯◯さんにこんなこと言われちゃうのかな・・・。」などと、起きてもいないことをあれこれと想像してしまうものです。

考えたくなくても考えてしまうものなのですが、できる限り考えないようにしましょう。きつい時間は仕事をしている時間だけにしましょう。

プライベートの時間まできつい思いをする必要はありません。考えても意味はありませんよ。仕事以外の時間は、自分の趣味に費やしてみましょう。

どうしても仕事のことを考えてしまうのであれば、テレビをみたり、本を読んだりして、何かに集中してみると良いと思いますよ。

最後に

今ご紹介した三つの方法は、どれもとてもおすすめの方法です。仕事がきつい時は、気持ち一つ、考え方一つで、状況も変わるものです。

今のきつい状態を変えることは難しいでしょうから、まずは自分の気持ちを変えることを考えてみましょう。