67c7774099088531a074c527091fd764_s

仕事で大失敗して落ち込み、「もう辞めたい」と思い悩むことってありますよね。

あなただけではありません。私も以前、とんでもない大失敗をやらかして、同じように悩んだことがあるんです。

あなたや私以外にも、失敗が原因で辞めたいと思っている人はたくさんいるはずです。その時の経験を踏まえて、私からあなたへ、3つのことをお話しさせてもらいますね。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、MIIDASを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

転職=市場価値です。辞めて転職できるかを決めるのはあくまでも市場ですから、自分の市場価値を知ることは極めて重要ですよ。

診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べて今後の参考にしましょう。

(診断時間は約5分です)

①今の状況を冷静に見つめてください

大失敗して辞めたいと思ってしまうと、どうしても視野が狭くなってしまい、現在の状況が客観視できなくなるもの。

そこで、一度、冷静になって、今の状況を見つめてみることをおすすめします。

というのも、自分では「大失敗」と思っていても、周囲から見るとそれほどでもないということが結構あるんですよね。

もし、ほんとうに取り返しのつかないような大失敗だったら、懲戒免職になることだってあるでしょう。

でも、あなたは免職にはなっていませんよね。会社をクビになっていないからこそ、「辞めたい」と思うわけです。

つまり、確かにあなたは仕事で失敗をしたかもしれないけど、会社をクビになるほどのものではなかったってことなんですよね。

これがあなたの現在の状況なんです。

私の場合も、その時は「とんでもない失敗をしてしまった」とひどく落ち込みましたが、今になって考えると、それは取り戻すことのできる失敗でした。

会社もそう判断しているから、懲戒免職にはしていないわけなんです。

②失敗を振り返り、完全策を考えましょう

とはいえ、仕事で失敗をしたことは間違いありません。

一番大切なのは、同じ失敗を繰り返さないことです。そのためには、失敗の振り返りをきちんとしておく必要があります。

人間、誰でも大きな失敗をすると「思い出したくない」と思ってしまうものですよね。それが自然な人間心理と言っていいでしょう。

けれど、そのままにしておいたのでは、改善できず、同じミスを再び犯すことにもなりかねません。

精神的に辛いとは思いますが、一度、失敗と正面から向かい合ってみてください。

そして「どうして失敗したのか」「どうすれば、同じ失敗を繰り返さないようになれるか」を、じっくり考えてみるのです。

それをしっかりすることによって、あなたは確実に前進することができます。

ミスを乗り越えることによって、人間は成長することができるものなんですよね。ですから、そうした振り返りと反省が、社会人としての成長につながるんです。

私は思うんですけど、仕事の失敗に悩み「辞めたい」と思うということは、それだけ仕事に真剣にとりくんでいる証拠じゃないでしょうか。

いい加減な気持ちでないから、そんなふうに悩むんだと思うんですよね。その真剣さがあれば、必ずその失敗を成長に結びつけられると思いますよ。

③次の長期休暇までがんばってみましょう

上記の2つのことをしても、なお「辞めたい」という気持ちが残っているかもしれません。

実は、私もそうでした。気持ちはかなり楽にはなったものの、仕事を続けていく自信が持てなかったんですよね。

そんな私は社内の先輩に悩みを打ち明けてみました。すると、「仕事を続ける時間的な目標を作ってみたら?」というアドバイスをもらったんです。

つまり、ただ仕事を続けていくというのではなく、「ここまではがんばる」という具体的な時間目標を作るんです。

たとえば「今年いっぱいがんばってみよう」というような目標です。

私がおすすめしたいのが「次の長期休暇」を目標にすること。社会人にとって、長期休暇は何よりの楽しみですよね。ですから、「そこまでがんばろう」という気に、自然になれると思うんですよ。

私の場合、実際にその目標に向かって仕事を続けていくうちに、徐々に仕事に対する自信もついて、結局、それから後も、仕事を続けることができました。

最後に

いかがでしょうか?以上3点が、同じ悩みを経験した私から、あなたへお伝えしたいことです。

少しでも参考にしていただけれるとありがたいです。今の悩みをバネにして、ぜひ前に進んで行ってくださいね。