c443ceb301d3310efab4ac6519c45e3d_s

残業が多くて仕事を辞めたいと思っているあなた、そのお気持ち本当によくわかります。

私も以前、ありえないほどの残業をこなす仕事についたことがありましたが、ストレスと疲労がたまる一方で、休みの日は休息するだけ。

そのため気分転換が出来ず、職場と家を往復するだけの毎日に、何のために生きているのかと思えることがありました。

結果的には退職することになりましたが、このような状況において、具体的な対処法はないのでしょうか。ここで一緒に考えてみたいと思います。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、MIIDASを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

転職=市場価値です。辞めて転職できるかを決めるのはあくまでも市場ですから、自分の市場価値を知ることは極めて重要ですよ。

診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べて今後の参考にしましょう。

(診断時間は約5分です)

①残業の原因が会社側にある場合の対処法

仕事を辞める前に、改善できないかを考えてみることは大切だと思います。まずは「残業の原因が会社側にある場合」についてです。

この場合は、自分の努力によって改善することが難しく、みんなが残業しているので、他の人に変わってもらうことも困難ですね。

可能であれば、パート勤務に切り替えてもらう、その上で定時に帰宅する、出勤日数を減らすなどを検討してみることも一つの方法です。

正社員であれば、みんなが残業しているのに一人で帰宅することは厳しいですが、パート勤務だと「仕方ない」と思ってもらえる場合があります。

ただ、このご時世ですので、あえてパート勤務へ移行したいと思う人は少ないでしょう。

また、ある程度の残業に関してはきちんと手当が払われるのであれば、収入増となりメリットとなることもありますので、全くないというのも困ることがあります。

お金のためと割り切って気持ちを切り替えるのも一つの方法ですね。

しかし「サービス残業」となると話も変わってきますので、その場合には転職も視野に入れた検討が必要であると思います。

②残業の原因が自分自身にある場合の対処法

他の人は定時帰宅しているのに自分だけはいつも残業しているという場合、原因があなた自身にある場合もあります。

この場合、安易に仕事を辞めて転職しても、同じ悩みを抱え続ける可能性があるため、根本的な改善が必要になりますね。

まずは仕事の効率の面から考えてみましょう。

  • 作業場が散らかっていて、資料を探すことや文具を探すことに余計な時間をとられていないか
  • 仕事自体の効率化がはかられておらず、余計な動作が多くないか
  • 優先順位を間違っていないか

などを見直してみましょう。またチームワークが重視される仕事の場合は「人を育てる」という視点も重要です。

他の人に任せることができれば、あなたの余計な仕事も減るはずだからです。

それ以外にもあなたの性格やキャラクターによって「人の依頼を引き受ける」ということが理由になっている場合もあります。

確かにその性格は好ましいものではありますが、自分を犠牲にしてまでYESと言い続けることは、けっして好ましいとは言えません。

「今日はできない」とあらかじめアピールする、理不尽だと思える残業の依頼には「はっきり断る」などの対応も必要だと言えます。

ただし断り方にも、ある程度の気配りは必要ですね。

「明日ならできます」などの妥協案を提示する、「嘘でもいいのでもっともらしい理由で相手を納得させる」などの対応をとることは社会人として最低限のマナーです。

③どうしても無理、辞めると決意した場合

それらの改善策が効果をあらわさない場合、辞めるということももちろん一つの方法です。

しかし、先にあげたように自分自身に問題があった場合は解決策にはなりませんし、残業のない職場を選択すること自体もなかなか難しいもの。

実際、求人票の残業時間の目安ほどあてにならない物はありません。

私が以前働いた職場では求人票に「残業ゼロ」と書かれており、実際にみんな定時で帰宅していました。

しかし内情はと言うと、経営者がものすごいケチで、定時になると電気を消してしまうため、必要な仕事ができず、しかたなくサービス残業で早朝出勤して対応しているというケースだったのです。

また他の職場では、求人票では残業が少なかったのに、実際に入社してみると、ほぼ毎日2~3時間の残業がありました。

管理職のものがタイムカードをすべてチェックしており、残業が申請しづらく、サービス残業がすごいという会社だったというのが実態でした。

このように、なかなか求人票で残業の実態は、わかりにくいもの。そんな時に役に立つのが「転職サイト」です。

事前に頼めば、ある程度細かいところまで、調査してくれますし、自分で聞きづらいことを聞かなくてもいいというのはメリットでもあります。

しかし、安易に紹介を受けて入社すると、会社側が高額な紹介料を払っており、ある程度の能力を期待されるというデメリットもありますので、注意が必要です。

それ以外に有効なのは、やはり口コミ。働いている人に話を聞ければ一番いいのですが、公の場では、余計なことを話したがらない人もいますので、難しい面もあります。

最も確かなのは、自分自身で確認すること。可能であれば「遅い時間に直接、見に行ってみる」とか「まずはパートとして入社して内情をよく観察してみる」などの方法が有効です。

最後に

以上、残業が多く仕事を辞めたいときの対処法についてあげてみました。

基本的には「改善策を検討し、無理ならば情報収集の方法を駆使して、転職を考える」ということがポイントになりますが、ここで、もう一度考えたいのは、あなたの不満が本当に「残業」だけなのかということ。

もしかしたら、その他にもあるたくさんある不満が「残業」というわかりやすい対象に形を変えているのかもしれません。

その点をよく認識しておかないと、例え転職をしてもあなたの不満は解消されません。

もう一度、自分の本当の不満について自分自身に問いかけてみることも、ここでの重要なポイントであると言えるのではないでしょうか。