5b4affd7fb06a86839aa02a97f3e15f4_s

仕事を辞めたくてしょうがないのであれば、辞めるしかしょうがないです。

日本国民には職業選択の自由があるのですから、今の勤務先を辞めるのも自由、辞めないで継続するのも自由です。

でも、どうしても辞めたくてしょうがないのなら、辞める以外に方法はありません。

ところが、辞めたくてしょうがないのに、辞めれないのだとしたら、辞めない方が宜しいでしょう。何故ならば、気持ちが中途半端だからです。

ここでは、辞めたい気持ちがあるけれど、どうしたらいいのかわからない状況になっているあなたに少しアドバイスをさせて頂きます。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、MIIDASを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

転職=市場価値です。辞めて転職できるかを決めるのはあくまでも市場ですから、自分の市場価値を知ることは極めて重要ですよ。

診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べて今後の参考にしましょう。

(診断時間は約5分です)

①辞めたい理由

 
仕事を辞めたくてしょうがない位に思っている理由は何ですか?

人それぞれで様々な理由があるのだと思います。ですから、理由はどんな事でもいいのです。先ずはその理由がはっきりしているのかどうかをお聞きしています。

はっきりしているのなら、それで結構です。はっきりしていない方は、明確にはっきりさせましょう。

次に、はっきりしている方も、はっきりしていない方も、仕事を辞めたくてしょうがない気持ちは、今の勤務先を辞めたいのですか?

それとも勤務先は変えたくないけれど、今の仕事や部署を変わりたいのですか?

このどちらかによって必然的に対応は変わります。このどちらかなのかをはっきりさせましょう。

その次に、勤務先を辞めたい方は次の章でご説明しますが、勤務先は変えないで、仕事や職場を変えたい方は、先ず社内でアクションしましょう。

先輩上司に相談する

多分既にしていると思いますが、もしされていない方はして下さい。相談したけれど埒が明かない場合は次に進みます。

人事に相談する

職場の先輩や上司では解決しないのですから、人事異動の権限がある人事の担当に直接異動した旨を相談してしまいましょう。

一旦上司には相談したのですから、頭ごなしに人事に相談していることにはなりません。上司で解決できなかったのですから、次のステップとして淡々と相談しましょう。

それでも解決しない場合は、堪えましょう

組織に勤務していると、必ず転勤異動があります。ですから、貴方自身か、職場の誰かか、上司が、数年の間に必ず転勤で異動します。

その時まで待つのです。その後上司が誰になるのか、貴方自身がどこに異動になるのかはわかりませんが、数年堪えれば必ず異動があります。

それと、こういう忍耐力を養うのも、社会人経験の大きな糧になります。

②何をしたいですか?

仕事を辞めたい理由がはっきりしたら、次に何をしたいのか明確にしましょう。辞めるのは簡単な事なのですが、辞めた後どうするのかが問題ですよね。

したい事がはっきりしている方は問題ありません。

しかし、何をしたいのかはっきりしていない方は、今の段階では今の仕事を辞めてはいけません。

何をしたいのかがはっきりした時点で辞めましょう。転職というのは中途半端な気持ちでは必ず失敗します。

明確に次に何をしたいのか、するべきなのかがはっきりした段階で辞める行動に移って下さい。

したい事が明確になったら、それがどこで実現するのかを探しましょう。既にそれが明確な方は問題ありません。

どこで実現できるのかが明確で無い方は、様々な手段を講じてその勤務先を探しましょう。

その目途がたつまでは今の仕事を辞めないようにしましょう。目途がたってから辞めて下さい。

③何ができますか?

何をしたいのか、それがどこで実現できそうなのかがわかったら応募します。履歴書の書き方とか、面接の仕方とかは、常識的であればいいです。

ここでは問題にしません。問題なのは、新しい勤務先で何ができるかなんです。

つまり、今までの経歴から何が得意で秀でているかということを明確に説明できなければなりません。

あなたが探した希望勤務先は、必ずしもあなたを欲しい訳ではありません。採用条件に適う即戦力で優秀な人材を中途採用社員として求めているだけです。

ですから、その条件に相応しい事をあなたが立証しなければなりません。先方はあなたの事を知らないのです。あなた以外にそれを立証できないのです。

ですから、一番肝心なのはあなたの特徴であり能力なんです。これはあなた自身が、他の人よりも絶対に勝っている筈だと思えることを説明すればいいだけです。

もしも他の人よりも勝っている事が無い、もしくは自信が無いとしたら、客観的な事実を伝えましょう。

例えば、無遅刻無欠勤だったとか、表彰経験があるとか、社交的であるとか、親孝行だとか。パーソナリティの事でもいいんです。

とにかく自分が誇れることをPRして、先方が判断できる材料を提供しましょう。どんな情報が先方にとって好材料をなるかはわかりません。

でも、情報を提供しなければ、先方は判断することもできません。PRするのは、カッコをつけた華々しい経歴でなければいけない事なんてありません。

良いなー、この人材は!と思ってもらえればいいのです。人はみんな違うのです。

組織だって画一的な組織は崩壊しやすいのです。組織は異能な人材がいてこそ組織なんです。

成績優秀者だけで組織が成り立っている訳ではないのです。先ずはご自分自信を持って、等身大のあなたをPRしましょう。

活路は必ず開けます。躊躇は禁物です。