0f549c29f20cca5917583323a0d7c892_s

仕事についていけないので、辞めたいと感じているあなた、辛いですよね。

私も同じ体験をしたことがあり、実際に仕事を辞めたことがあるので、よくわかります。では、実際にどうすればよいのでしょう。

私自身の反省点も踏まえてお話したいと思います。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、MIIDASを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

転職=市場価値です。辞めて転職できるかを決めるのはあくまでも市場ですから、自分の市場価値を知ることは極めて重要ですよ。

診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べて今後の参考にしましょう。

(診断時間は約5分です)

①その決断は早急ではないのかをまず検討

石の上にも3年という言葉がありますよね。「どんなに苦しくても大変でも、じっと辛抱すれば必ず報われる」という意味合いがありますが、この言葉が100%正しいとは思いません。

けれども、状況によっては適切な言葉であると思います。今、仕事についていけない理由は、何なのでしょうか。

あなたに能力がないから?その結論を出すのは、もしかしたら時期尚早であるかもしれません。

私の以前働いていた職場に、新しく入ってきた社員のA君は、いつも叱られていました。

同期の女性と比べて、おとなしくコミュニケーションがあまりうまいとは言えない彼は、当時の上司にとっては「使えないヤツ」であり、入社早々、そのレッテルを貼られてしまったのです。

しかし、その上司が辞めることになり、代わりにやってきた上司は、A君のことを「人に優しく、余計なことを言わない信頼できる社員」と評価しました。

それが、本当に嬉しかったのでしょう。彼自身も、ぐんぐん実力をつけ、3年後には誰からも信頼され、頼られる一流の社員へと成長を遂げたのです。

このケースの場合、たしかに上司が変わったという予想外の事態があったまれなケースであることも事実ですが、何が起こるかわからないのもまた人生。

もしも、今の会社に対して、思い入れがあり、ここで働きたいと思うのであれば、もう少し我慢してみるというのも一つの選択です。

②辞めると結論づけた場合に気を付けたいこと

もう十分頑張った、これ以上は無理だというあなた。それならば、辞めるということも一つの選択肢だと私は思います。

自分が仕事についていけないと認めることは、簡単なようで難しいことです。それを認められることは、1つのあなたの能力でもあります。

それでは、発想を変えて、自分がついていける仕事とは何なのかを考えましょう。内容だけでなくその待遇に満足できるかということも含めてしっかり検討するのです。

もし「それがわからない」「見つからない」のなら、今すぐ辞めることは危険かもしれません。辞めた後に「どこも同じだった。むしろ給料や待遇は以前の方がよかった」などと後悔する可能性があります。

これは一つの例ですが、私の知り合いの女性は、看護師をしていましたが、結婚や出産を経て、かなりのブランクを経て再就職することになりました。

再就職して、看護師の仕事をはじめたのですが、やはり「ついていけない」と感じたのでしょう。すぐに辞めることになりました。

しかし、彼女が偉かったのはそこからです。彼女は看護師免許がありながら「看護助手」という仕事を選択しました。

もちろんお給料は下がりますし、本当は看護師なのだというプライドだってあるはずです。でも、彼女は自分の能力を直視し、看護助手いう仕事に徹しました。

今では、看護師の気持ちや立場になって考えられる「デキる看護助手」として、病院で重宝されているのだそうです。

この例からもいえることですが「自分がついていける仕事」について考える場合、その仕事ができるかということ以上に、「お給料が下がることを受け入れられる」や「変なプライドに執着せずに誇りをもてる」などが重要なポイントとなってきます。

ただ、仕事のランクを下げればいいという安易な考えでは成功しない確率が高いのです。

③「ついていけなかったこと」をネガティブに捉えない

最後に私自身の経験を踏まえてお話しましょう。私は40代半ばで、新たな分野の仕事にチャレンジしたことがあります。

若い頃に少しだけ経験したことがある分野だったので、なんとかなるとタカをくくっていたのですが、無理でした。

年齢的な体力不足や、以前勉強したことがもう時代遅れになっていること、余計なプライドなどの要因が重なり、「ついていけない」と根を上げたのです。

だからこそ、次の職場は、この反省を十分生かして、選択しました。おかげで、今はやりがいと誇りを持ちながらも不必要な無理をせずに充実した毎日を送っています。

私がいいたいのは「ついていけない。辞める」と決心したのなら、この経験を無駄にせず、次に生かしてほしいということ。

「自分はついていけなかった、ダメな人間だ」と思うのではなく、「実際に経験したからこそ、わかったことがあった。

この経験を生かして次は自分の能力を存分に発揮しよう」と前向きに考えられるあなたでいてほしいのです。今回のことを「成功へのステップ」だと考えてほしいのです。

最後に

以上、仕事についていけないので、辞めたいと思っている人に3つのアドバイスをあげてみました。

まとめると、「自分の状況をよく見極めて辞める前に十分検討する」「辞めるのなら、これまでの経験を生かし、前向きに行動する」ことが成功の秘訣であるといえます。

余計なプライドに振りまわされずに、冷静に状況と自分自身をみつめることができれば、あなたの未来はきっと明るいものになるに違いありません。