0db43aa2f298cce2c4d0302a4a02cfcf_s

あなたは仕事を継続してできるタイプでしょうか?それともすぐに辞めてしまうタイプでしょうか?

たしかに「最近の若い人はこらえ性がない。採用してもすぐにやめてしまう」という声を以前よりも多く聞くようになったように思います。

「仕事はとりあえず3年は続けろ。辞めるのを考えるのはそのあとでいい」というのはよく聞く話ですが、3年続かずに辞めてしまう人も多いようです。

そこで今回は、仕事をすぐに辞めてしまう人の3つの特徴をお話ししたいと思います。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、MIIDASを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

転職=市場価値です。辞めて転職できるかを決めるのはあくまでも市場ですから、自分の市場価値を知ることは極めて重要ですよ。

診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べて今後の参考にしましょう。

(診断時間は約5分です)

①自己防衛の意識が強い

仕事をすぐ辞めてしまう人の特徴としてまず挙げられるのは、自己防衛の意識が強い人です。

人間は多かれ少なかれ誰でも自己防衛の意識は本能として持っていますが、これが強すぎると社会性を失っていってしまいます。

仕事では基本的に他者との関わりをもちながら進めていかなければなりませんから、自己防衛意識の強い人はその分コミュニケーションがうまくいかないことが多くなり、失敗も増え、結果的にストレスを抱えて辞めてしまうことが多いです。

自己防衛意識が強いかどうかを判断するのに一番良い方法は、挨拶がきちんとできるかを見るとよいと思います。

挨拶がきちんとできない人は、他人との関わりを恐れている可能性があります。

そもそも挨拶をする習慣がない人であれば教育することでなんとかなりますが、そうでない人の方が圧倒的多数ですから、挨拶ができるかどうかは大事な点です。

あなたが「辞めやすいタイプかな?」と不安に感じている場合は、職場などできちんと挨拶をしているかを思い出してみてください。

②サボり癖がついてしまっている

サボり癖がある人も仕事をすぐ辞めてしまう可能性が高いです。これは後でお話しする仕事全般に関する意識が低いこととも関連します。

別の言葉で言い換えるならば、ノルマ以上のことをこなそうという意識が低い、さらに言えば、ノルマ達成に対する意識も低いことが挙げられます。

仕事の妥協点の基準が低いのです。幼い頃から、目標が達成できなかったときに許され続けてしまった経験からこのような癖がついてしまっているのだと思います。

このタイプを見分けるには、本人の実力よりも少し上ぐらいの、ちょっと頑張らないと達成できないぐらいの課題を与えてみて、その達成度を見てみるとよいと思います。

達成度に全く到達しない場合は、サボり癖がある可能性があります。

また、その課題が継続性のあるものであればなおよいと思います。

サボり癖のある人の中には、単発の仕事であれば意欲をもってこなすが、継続性のある仕事だと途中でやめてしまうという人も多いからです。

あなたがサボり癖があるのではないかと不安に思っているのだとしたら、日々の行動の中で、毎日0.2%昨日よりも頑張るということを習慣づけると、だんだんと仕事に対してもサボらず前向きに取り組めるようになっていくと思います。

③仕事全般に対する意識が低い

そもそも、仕事をすぐに辞めてしまう人は仕事全般に対する意識が低い場合が多いです。

というのも、社会構造が以前とは大きく変化し、今の時代は非常に多くの働き方があるので、一つの場所で一つの仕事をこなすという意識が低くなってしまっているように思います。

転職も以前ほどは難しいことではありません。また、日常生活でもとても多くの楽しみがあります。

レジャー施設やスマホゲーム、その他さまざまな集まりなど、ワークライフバランスのライフの部分の充実度が一人でも十分高くなる世の中です。

そういった状況では、仕事に対する意識がどんどん低下していきます。

このタイプを見極めるには、仕事以外でどのような活動をしているのかをみるのがよいと思います。

仕事以外でなにかしら責任を自身がもっている活動をしているのかどうかは重要な点です。

仕事以外で何か責任のある活動やリーダーシップをとる機会がある人は、仕事に対する責任意識も高い場合が多いです。

あなたがもし仕事全般に対する意識が低いと感じているならば、まず目の前の仕事に責任をもってやりきってみるというのがよいと思います。

また、仕事以外で何かを企画してみるとか、ボランティア活動に参加してみるなどの自身で責任をもつ活動を始めてみるのもよいと思います。

今はインターネットがありますから、あなたに合った活動もきっと見つけられると思います。

最後に

以上、仕事をすぐ辞めてしまう人の3つの特徴についてお伝えしてきましたが、いかがでしたか?

最後に1つお話しさせてください。

仕事を楽しく続けるには、働く人の意識と働く環境の2つがかみ合うことが大事です。

ですから、働く人がご自身でセルフマネジメントして意識を高めていく一方で、職場環境も働く人の意識を高める大きな要因になります。

社会状況も関係してくるでしょう。ということは、時代に合わせて働く人も環境も変わっていかなければならないということです。

コミュニケーションをしっかりとって、継続的に働ける努力を全員でしたいものです。